Monumento

ようこそ、Monumentoへ!

 Monumento(モニュメント)は、世界中の案内板をみんなで共有しよう!というサービスです。 観光地や路上で様々な情報を提供してくれる案内板は、旅行者や訪問者にとって心強い存在です。 ただ、多くの案内板は1ヶ国語だけの表記で海外からの旅行者には不便なことも...

 そこで、Monumentoは案内板を通じたコミュニケーションのプラットフォームを実現します。

  • 案内板の基本情報共有(位置や画像)
  • 案内板説明文のテキストデータ化と共有
  • 案内板説明文の多言語化と共有
  • 案内板説明文の音声読み上げ
  • 訪問者同士のコミュニケーション

案内板を投稿しよう!

観光地を訪れたとき、なにはともあれそこで写真を撮りますよね?建物だったり景色だったり、オブジェだったり記念碑だったり。 顔ハメ看板大好き!という方も多そうです。

その撮影対象に是非「案内板」も加えてください!

身近な寺社の由来から、遠く外国の秘境にある記念碑まで、そこを訪れる人を案内してくれる情報ならなんでもOKです。 撮影した写真と位置情報を合わせてMonumentoに投稿すれば、世界中の人々と共有することができるようになります。

案内板で情報交換しよう!

各案内板のコメント欄を、旅先でよく見かける情報ノートのように活用しましょう。 その周辺で“良かった場所”や“美味しかったお店”など、次にここに来た人にぜひ伝えたい一言や写真を残していってください。

案内板をテキスト化・翻訳してみよう!

写真で投稿された案内板には、テキスト化された「文字情報」やそれを翻訳した「多言語情報」を追加することができます。 どなたでも参加可能ですので、あなたが気になった案内板があれば、ぜひテキスト化や翻訳に参加してみてください。

テキスト化された情報は検索やタグ付けも可能となり、英語や中国語などに翻訳された情報は海外からの旅行者にも役立ちます。 更に、テキスト化されたデータは目の不自由な方への読み上げ機能などにも活用されます。(※予定機能)

案内板のテキスト化や翻訳を通して、その地域の文化や歴史など様々な情報を得ることもできるかもしれません。

その他機能

ランキング機能で参加者同士が競いあったり、タグ機能( #坂本龍馬 )で各地の案内板を串刺しして検索することも可能です。 そして今後も、更にコミュニケーションの輪を広げるための機能改善や追加を進めていきます。

なお、Monumentoに投稿された情報は、まちクエスト社が運営する街歩き支援サービス「 まちクエスト 」の題材としても活用させていただく場合があります。

よくある質問

Q. どんな案内板の写真を投稿すればいいの?
A. 建築物や場所、オブジェや記念碑、銅像やモニュメントなどの由来や説明文が記載されたものならなんでもOKです。

Q. 投稿してはいけない案内板は?
A. 特別な許可が必要な私有地や立入禁止場所に設置されたものや、撮影禁止とされている案内板は投稿しないでください。

Q. 誰がどの案内板をテキスト化してもいいの?
A. どの案内板でもOKです!ただし、できればあなたが興味を持てそうなモノから始めると楽しめるかもしれません。

Q. テキスト化は案内板の一部だけでもいいの?
A. 一部だけでも大丈夫!きっと不足部分に気付いた他の参加者が続いてくれるはずです。

Q. テキスト化や翻訳時にミスしてしまわないか心配で・・・。
A. ちょっとぐらいのミスは大丈夫!きっとミスに気付いた他の参加者が訂正してくれるはずです。

Q. 翻訳対象の言語は英語と中国語だけ?
A. ご存知の通り、世界にはたくさんの言語が存在しています。多くの方に参加していただけるよう、 母語話者の多い言語 から(対応できるスタッフを確保しながら)順次対応を進めていきます。

Q. テキスト文へのタグ付け方法は?
A. タグ付けしたい単語の「先頭に#」と「語尾に半角スペース」を付けてください。 例) #徳川家康
但し、案内板の原文の内容をできるだけ維持するために、タグ付けの際には以下の点を守ってください。
・本文中の語句に直接タグ付けする場合はタグ付け記号(#と半角スペース)以外の文字の追加は不可とします。
・タグ文字列の追加は、文中でその一部が省略された語句を補完する場合(例:家康 → #徳川家康)のみ可とします。  その際は、文末に---(半角ハイフン3つ)と改行を追記して、それ以降に記入してください。
・本文中に記載された年号をタグ付けする場合は、漢数字を英数字半角に変更してもOKです。(例:一九八二 → #1982)

その他不明点やご質問はお気軽に こちら からお寄せください!