Monumento

国史跡 中山道 平成22年2月22日追加指定 落合の石畳

kawa_sanpo

2017/12/24

タグ: 石畳 中山道 落合宿 中津川市教育委員会 馬籠宿 中山道宿村大概帳 岐阜県 中津川市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Historic site Nakasendo Heisei 22 February 2010 Additional designated cobblestone stone pavement This cobblestone is a stone laid out in order to make it easy to walk the ten-songe pass between Nakasendo-dori Okinawa inn and Magome inn. Although it is unknown when the cobblestone was laid, "Nakasendo Homura Odori Odori" includes 34 to 6 (about 3.7 kilometers) from "Ma Banka (New Tea Shop) to Nakatsugawa, between the road width 2 and 3, It is understood that the Owari Tokugawa family had been maintaining and managing Nakasendo in the section including this cobblestone. The stone pavement has a stone pavement width of about 4 meters, and 4 to 6 deep red rhyolites are used per square meter. Although the shape and size of the stone are not constant, it is arranged so that the straight sides of the stone are arranged outside on both side ends of the stone pavement so that they are in a straight line. The length of cobblestone is about 840 meters, during which 3 cobbles (70.8 meters in diameter), cobblestone stays in existence. Regarding the stone pavement in the vicinity, it was restored in the "History Road Improvement Project" from 1983 to 1997, making it a place where you can remember the atmosphere of Nakasendo. Nakatsugawa City Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 历史古迹Nakasendo Heisei 2010年2月22日追加指定的鹅卵石铺设石铺设鹅卵石是为了方便走在Nakasendo-dori Okinawa旅馆和Magome旅馆之间的十分之一道路而铺设的石头。虽然鹅卵石铺设不明确,但从“Ma”边界(新茶店)到中津川,在道路宽度2和3之间包括34至6(约3.7公里),“中村多野大通”据了解,德川夜Ow家族在包括这个鹅卵石在内的部门一直在维持和管理中生堂。石材路面的石材宽度约为4米,每平方米使用4至6个深红色流纹岩。尽管石头的形状和大小并不是恒定的,但它被布置成使得石头的直边在石头路面的两个侧端上排列在外部,从而它们处于一条直线上。鹅卵石长约840米,其中鹅卵石(直径70.8米),鹅卵石仍然存在。关于附近的石头路面,从1983年到1995年,在“历史道路改善工程”被恢复了,使之成为能够记住Nakasendo的气氛的地方。中津川市教育委员会

国史跡 中山道 平成22年2月22日追加指定 落合の石畳

 この石畳 は、中山道落合宿馬籠宿 の間にある十曲峠を歩きやすくするために、石を敷き並べたものです。

 石畳がいつ頃に敷かれたのかは不明ですが『中山道宿村大概帳』には「馬籠境(新茶屋)から中津川まで34町6間(約3.7キロメートル)、道幅2間から3間、尾州より普請」とあり、尾張徳川家がこの石畳を含む区間の中山道の維持管理を行っていたことがわかります。

 石畳の構造としては石畳の道幅約4メートルで、1平方メートルあたりに自然のままの濃飛流紋岩が4~6個使われています。石材の形や大きさはまちまちで一定ではないですが、石畳の両側端に石材の直線的な面を外側に並べ、一直線になるように配置されています。

 石畳の長さは約840メートルで、その間3ヶ所(径70.8メートル)の、石畳は往時のまま現存しています。その周辺の石畳についても昭和63年度~平成7年度「歴史の道路整備事業」にて修復がされ、中山道の風情を偲ぶことができる場所となっています。
中津川市教育委員会

テキスト化

tenma
2018-02-02 15:19 (462)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2017/12/24)
タグ: 落合まちづくり推進協議会 岐阜県 中津川市
kawa_sanpo (2017/12/24)
タグ: 宿場町 中山道 落合宿 中津川宿 馬籠宿 桂小五郎 尊皇攘夷 中津川会談 岐阜県 中津川市
kawa_sanpo (2017/12/24)
タグ: 1705 岐阜県 中津川市
kawa_sanpo (2017/12/24)
タグ: 中山道 落合宿 中津川宿 馬籠宿 岐阜県 中津川市