Monumento

天桂寺

kawa_sanpo

2014/12/07

タグ: 小田原北条氏 月光山 天桂寺は曹洞宗の寺で 岡部忠吉 岡部六弥太忠澄 岡部吉正 嶺斎泉里 庚申観音 東京都 杉並区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Temple
The heavenly Temple and Moonlight Mountain Temple of the Soto sect in St. Kannon statue and Buddha, enshrined jizo statue's inscription is 0/1713 ( 1713 ). Wound is communicated and keicho 1596-1614, Odawara Hōjō retainer of Mr. Okabe tadakichi Mr zu Okabe 6, Keita, a Hermitage was built shrine founder Cheng has said the beginning. Shogunate hatamoto Okabe Yoshimasa became Lords of old Tabata village and Tadayoshi in afterwards, 0/1633 ( 1633 ) around, but Nakano jogan Temple VI iron 叟 鷟, Osho, redemption, and became again open as a founder in the Cathedral opened based on 794.
Since buried ENPO three Yen ( 1675 ) Yoshimasa's grandson Okabe Tadamasa Yutaka Okabe House burial ground. Suginami place names comes from cedar trees planted along the OME-Kaido Okabe said, and said, include Okabe family tomb in the cemetery.
Also, fountain-RI Ridge Hokusai Ukiyo-e depicting ' Shinya Okabe 6 Kota, Oni Kasumi ' is has become a treasure of the 794.
In your environment 0/1664 ( 1664 ) inscription St. Kannon statue is a rare stone, popularly known as koshin Kannon. 794 0/1856 ( 1856 ) large storms, and collapsed buildings are all, also recorded 什宝 of corruption was rotting. Main hall was erected about sixty years after 0/1913.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate

天堂寺和圣观音雕像索教派月光山寺与佛、 供奉的菩萨雕像题词是 0/1713年 1713年)。
伤口传达和河内 1596年-1614 年,小田原宝城江先生 Okabe tadakichi 先生祖 Okabe 6,凯塔,保持架的冬宫始建神社创始人郑说开始。幕府 hatamoto Okabe 芳正成为了上议院的老田畑村庄和忠在后来,0/1633年 1633年) 周围,但中野受寺六铁叟鷟,奥修,救赎,和创始人在大教堂打开基于 794 成为再次开放。自埋巡视三日元 1675年) 吉政的孙子 Okabe 忠正丰 Okabe 房子葬身之地。
杉并区地名来自雪松树木沿着 OME 街渡 Okabe 说,并且说,包括 Okabe 家族墓在公墓里。此外,喷泉 RI 岭葛饰北斋浮世描绘 'Shinya Okabe 6 亚庇,Oni 霞' 已成为 794 宝。
在您的环境中 0/1664年 1664年) 碑文圣观音雕像是一块罕见的宝石,俗称 koshin 观音。
794 0/1856 年 1856年) 大风暴和倒塌的建筑物都,记录的什宝的腐败也烂掉。大殿建成后 0/1913年约六十年。

天桂寺

 月光山天桂寺は曹洞宗の寺で、聖観音像を本尊とし、正徳三年(一七一三)銘の地蔵菩薩像も安置されています。
 開創は慶長年間(一五九六~一六一四)と伝えられ、小田原北条氏 の家臣岡部忠吉 が氏祖岡部六弥太忠澄 を勧請開基として一庵を建てたのが始まりといわれています。その後、寛永十年(一六三三)頃、忠吉の子で旧田端村の領主となった幕府旗本岡部吉正 が、中野成願寺六世鉄叟雄鷟和尚を請し、開山として再開基となり、伽藍を整え、当寺の基を開きました。また、延宝三円(一六七五)吉正の孫岡部忠豊が葬られて以来、岡部家の葬地となりました。
 杉並の地名は、この岡部氏が青梅街道沿いに植えた杉並木に由来するといわれ、墓地には岡部家歴代の墓があります。また、浮世絵師嶺斎泉里 が描いた「岡部六弥太忠澄武者絵」は当寺の寺宝となっています。
 境内にある寛文四年(一六六四)銘の聖観音石像は俗に「庚申観音」と呼ばれる珍しい石仏です。
 当寺は安政三年(一八五六)大暴風にあって、建物はすべて倒壊し、記録什宝類も破損腐朽してしまいました。現本堂は約六十年後の大正二年に建立したものです。

テキスト化

yuraichan
2014-12-07 15:07 (489)
yuraichan

コメント・周辺画像

ogaworks ogaworks 6年弱

伽藍(がらん):僧侶が集って修業をする場所

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2020/10/15)
タグ: 東京都 杉並区
wawa (2020/10/15)
タグ: 東京都 杉並区
wawa (2018/02/06)
タグ: 阿佐ヶ谷一番街 INFORMATION 東京都 杉並区
kawa_sanpo (2014/12/07)
タグ: 新編武蔵風土記稿 杉並区教育委員会 青梅街道 五日市街道 欅 東京都 杉並区