Monumento

イリヌカー(西のカー)

案内板

イリヌカー(西のカー)

 沖縄では地下水の湧き出ている泉、井戸のことをカーといい昔から神様の住む神聖な場所とされています。
 浦添市内には豊富な地下水があり、湧き水をとりまく文化が今も脈々と受け継がれています。

この井戸はイリヌカーと呼ばれ王府時代、王府の要求に応えるためタナゲーやターユーを養って緊急時(冊封使滞在中)に備えていたといいます。

※エビ・タナゲー御用
 首里から近い沢岻には他所では聞かれない労役がありました。それはテナガエビ・川エビ・フナ・ウナギなどの調達で、それは予告もなく突然に「ターユー グユウ」(フナ御用)・「エビタナゲー グユウ」(川蝦・テナガエビ御用)と首里からの命令が届いたといいます。御用となると何が何でも調達しなければならないので、大騒ぎで川をさらったりしなければなりませんでした。ほとんどの場合「今、今すぐ御用」と急がされたようです。そのような事が度々あったので、村人はフナ・テナガエビ・ウナギなど井戸や池に生かしておくようになりました。それからイリヌカーと呼ばれる井戸は、フナ・テナガエビ・ウナギ等を生かして飼っておく所になりました。

   株式会社 大成ホーム

テキスト化

genjitsu_
2018-01-08 22:31 (495)
genjitsu_

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

ogaworks (2016/01/11)
タグ: 亀甲墓 浦添市教育委員会 沖縄県 浦添市
gotosheng (2016/07/13)
タグ: 坂 ヒラ 沖縄県 浦添市
gotosheng (2016/06/18)
タグ: 坂 沖縄県 浦添市
genjitsu_ (2018/01/08)