Monumento

ocr-generated 伊

kawa_sanpo

2018/02/03

タグ: ocr-generated 神奈川県 小田原市

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated



川の氏神様で往古は木宮大権現、のち紀伊宮大権現と称され、土地の人からは「木の宮さん」
と呼ばれた。箱根物産木工業の人たちに昔から崇拝されてきた神社である。
神社縁起によれば、貞観年中 (859~876)の創建で、祭神は五十猛命と惟喬親王(文徳天皇の
第一皇子)とか奉祀されている。
木地焼(鹿輛師)の開発者といわれる惟喬親王は天安2年(858) 京の都を追われて伊豆(河津)
に流罪となったが、途中風にあい国府津海岸につき川の庄に至りこの地で残したといわれ、当時
親王の付人が木地を挽いて、朝夕の奉仕の料に当てたといわれている。
また、この地には「木地挽」と言う字名が現存するが、この字名はその名残であると言う。
なお、紀伊神社の社宝である「木地碗」は、小田原市の重要文化財に、社叢は天然記念物にそれ
ぞれ指定されており、中でも社殿前のクスノキは市内で最大の老木である。
Kii-jinja Shrine
This shrine is the Gods of Hayakawa area, once was called “Kinomiya Daigongen”. People who lived in this
area called it “Kinomiya-san (the shrine of wood)”. The wooden craftsmen of Hakone have worshiped it.
The history tells that this shrine was built in the latter half of 9c, enshrined Iso Takeru-no-Mikoto and Prince
Koretaka (the first prince of the Emperor Montoku).
Prince Koretaka, inventor of sawing plain wood, was banished to Kawazu (the southeast of Izu peninsula). On
O his way, he was caught in a heavy storm, drifted ashore to Kozu and lived in this area all the rest of his life.
Then the valet of him sawed woods as their livelihood.
The name “Kijibiki (sawing woods)” of this area comes from this tradition.
The treasure of this shrine “Kijiwan (the bowl made of plain wood)” was designated as important cultural asset
of Odawara city. The grove of it was also designated as natural monument. Above all, the camphor tree in front
of the shrine is the biggest tree in Odawara city.

テキスト化

monumento
2018-03-27 22:45 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/05/15)
タグ: 小田原市教育委員会 神奈川県 小田原市
kawa_sanpo (2016/05/15)
タグ: 神奈川県 小田原市
kawa_sanpo (2016/05/15)
タグ: 藤原時代 南都佛師 鏡信一刀流 高橋藤太郎恒知 auto-translate 神奈川県 小田原市
kawa_sanpo (2016/05/15)
タグ: 北条長綱 福田正夫 北条幻庵 神奈川県 小田原市