Monumento

ocr-generated 源頼朝挙兵の地 石橋山古戦場 案内図

kawa_sanpo

2018/02/03

タグ: ocr-generated 神奈川県 小田原市

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 源頼朝挙兵の地 石橋山古戦場 案内図
The Battle of Ishibashiyama Area Guide Map
■■■ 石橋山古戦場・米神漁港コース
ロロ ・片浦ウォーキングトレイル
佐奈田霊社
Sanada-reisha Shrine
至入の沢橋
ものも数
高根沢誉教え地
至米神水源地
ねじり畑
Site of Nejin-Bata
石橋山店戦場碑
文三堂
Bunzo-do Shrine
石橋山店戦場碑
Site of the Battle of Ishibashiyama
佐奈田発
現在地
You are here
東海道本線
石橋山古戦場
西国の武士を従えた桓武平氏は、保元の乱(保元元年(1156))、
平治の乱(平治元年(1159))における朝廷内部の争いを利用して
勢力を広げ政権を握りました。
これに対し東国武士に信望のあった清和源氏は、治承4年(1180)
高倉宮以仁王の平氏追討の令旨をかかげて、源頼朝が伊豆で挙兵
しました。
伊豆・相模の武将の援軍を得て300余騎を従えた頼朝は、鎌倉に
向かう際、ここ石橋山で前方を大庭景親の3,000余騎に、後方を伊
東祐親の 300 騎に挟まれて大苦戦となりました。これが「石橋山
の合戦」です。頼朝方の先陣・佐奈田与一義忠が敵将の俣野五郎景
久と対戦したのを発端として戦闘に入りましたが、10倍を越える
敵の軍勢に頼朝方は敗れ、箱根山中に逃れた後、真鶴から海路で
安房(千葉県)へ向かいました。
佐奈田霊社
石橋山の合戦で、頼朝方の佐奈田与一義忠は敵将の俣野五郎景久
を組み伏せましたが、与一の刀は血糊がこびりついて抜けず、その
間に敵の長尾新六に討ち取られてしまいました。
その与一の遺骸を葬ったのが与一塚で、その傍らには、佐奈田霊
社が建っています。この霊社は、与一が景久と組み討ち中、味方か
らの問いかけに対し「たん」がからんで声が出ず、敵に討たれてしま
ったという伝承にちなんで、たん、咳、ぜんそく、声に霊験がある
として知られます。このため、芸能関係者の参詣も数多くあります。
与一が、俣野五郎景久を組み伏せた畑が、今でも「ねじり畑」とし
て残っていますが、戦の後この畑の作物はみなねじれてしまうとい
うことからこの名になったといわれています。
至米神漁港
至石橋
国道135号
In the Heian Period (latter hat of the 12h century), Minamoto-no Yoritomo, The leader of the
Minamoto clan, revolted against the ruling Taira clan regime.
This is the first fight of the so-called "Genpei War the many battles between the Minamoto
clan and the Taira clan.
The battle was fought here and called the "Battle of Ishibashiyama."
Many legends about the fight still remain around the battle.
相模湾
佐本自身最も対死の地
@Bの畑
鉄道ット

テキスト化

monumento
2018-03-27 22:45 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2018/02/03)
タグ: ocr-generated 神奈川県 小田原市
kawa_sanpo (2018/02/03)
タグ: ocr-generated 神奈川県 小田原市
kawa_sanpo (2018/02/03)
タグ: ocr-generated 神奈川県 小田原市
kawa_sanpo (2018/02/03)
タグ: ocr-generated 神奈川県 小田原市