Monumento

加世田駅跡

hamanobakeneko

2018/03/21

タグ: 鉄道 1916 1914 南さつま市教育委員会 1983 鹿児島県 南さつま市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate It was May 10 in Taisho 3 (1914) when the opening of the station of the Setagaya Station "Minami Satsu Railway" opened up to Kaseda. Kawanada village of Kawabe-gun of those days was surrounded by the country, the unknown railway itself at that time tended to be avoided, "Kaneda parking lot" was established out of town. When the Osaki Line (later the Manshin Line) opened in October 1919, the train from Ijuin was broken at Kaseda and passed directly to Satsuma Osaki Town (later Satsuma Manzai). In order to transfer from the neighboring village via South Sass Railroad to the express train of Kagoshima departing from the Moon in the morning, we had to stay in Kaseda, the area around the station gradually bustling, and in the Taisho period Honmachi shopping street was formed. The headquarters of Minami-Satsu Railway is located in Kaseda from the Taisho 5 (1916) to the Showa 33 (1958) until it becomes a branch office, and there are also a garage and driving facilities in the station premises, Kaneda is the headquarters of Minami-Satsu Railway It was. After the merger with Satsunan central railway in Showa 18 (1943), some trains of the Kuriho line as well as the Manzaina line also arrived and departed from Kaseda, and from the end of the war to the Showa 30 &39;s, the station was always overflowing with passengers, Many steam locomotives were always smoking up. After that, the railroad was maintained while abandoning both branches of the Manzai and the knowledge, the station unmanned, the cargo train was retired, but the railroad was damaged by the Kaneda heavy rain in June, 1983 It became enormous, and celebrated the end of the era on March 17, 1984. Although it was the head of the spring that still remains cold, as many residents watched over the premises, the last train to Nippon at 18:55 left a trip with five colored tapes tied to the residents along the railroad line. At the train station exhibits of vehicles and materials by "Minami-Satsu Railway Memorial Hall" can be remembered at that time. Final view of Kaseda Station of the Later Year (Photo: Shoichi Nakahara) (Commentary: Michiaki Ariki, Haruhiko Ota) March 28 Sato Satsuma City Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 5月10日在大正3(1914年),当世田谷站“南萨摩铁道”的车站的开通开通到了早稻田。当时川边郡的川田村被国家所包围,当时不知名的铁路本身也趋于避免,“金田停车场”在城外建立。 1919年10月大崎线开通后,来自Ijuin的火车在早稻田破碎,直接通过萨摩大崎镇(后来的萨摩曼宰)。为了通过南萨斯铁路从邻近的村庄转移到早上离开沼泽地的鹿儿岛特快列车,我们必须留在早稻田,车站周围逐渐繁忙的地区,以及在大正时代本町购物街成立。 Minami-Satsu铁路的总部位于Kishida从大正5(1916)到昭和33(1958),直到它成为分支机构,并且车站和驾驶设施也在车站内,Kaneda是Minami-Satsu铁路的总部它是。在1943年与Satsunan中央铁路合并之后,一些Kuriho线和Manzan线的列车从Kaseda抵达并离开,从战争结束到昭和30年代,车站总是四周充满乘客,许多蒸汽机车总是吸烟。之后,铁路维持着,同时放弃了曼台的两个分支和知识,无人管理站,货物列车被遗弃,但铁道在1983年6月的金田大暴雨中受损它变得巨大,并于1984年3月17日庆祝了这个时代的结束。虽然春天的头部仍然寒冷,许多居民在场内观看,但在18:55到达日本的最后一班火车在沿着五条彩色磁带与居民连接时出发了。在那个时候,在火车站可以记住“南萨渡铁道纪念馆”的车辆和材料的展览。后期的Kaseda车站的最终观点(照片:中原昭一)(评论:Ariki Michiriki Akiki,大田晴彦)3月28日Sato Satsuma市教育委员会

加世田駅跡
「南薩鉄道」が加世田まで開通したのは開業からまもない大正3(1914)年5月10日であった。当時の川辺郡加世田村は田園に囲まれたところで、当時は未知であった鉄道 そのものが敬遠される傾向にあり、「加世田停車場」は町はずれに設けられた。大正5(1916)年 10月に大崎線(のちの万世線)が開通すると伊集院からの列車は加世田で折れ、薩摩大崎町(のちの薩摩万世)まで直通した。近隣の村から南薩鉄道を経由して、朝の鹿児島発門司行の急行列車に乗り継ぐためには加世田に宿泊しなければならず、駅周辺は徐々に賑わいを見せて、大正年間には現在の本町商店街が形成されていった。南薩鉄道の本社は大正5(1916)年から昭和33(1958)年に支社となるまで加世田に置かれ、また駅構内には車庫や運転設備もあり、加世田は南薩鉄道の本拠地であった。昭和18(1943)年の薩南中央鉄道との合併後は、万世線のみならず知覧線の一部の列車も加世田発着となり、終戦直後から昭和30年代にかけて、駅は常に乗客であふれかえり、構内にはいつも何台もの蒸気機関車が煙を上げていた。その後は万世・知覧の両支線の廃止や、駅の無人化、貨物列車の廃止などを経ながらも鉄道が維持されていたが、昭和58(1983)年6月の加世田豪雨による路線の被害は甚大なものとなり、昭和59(1984)年3月17日に終焉の時を迎えた。まだ寒さの残る春の首であったが、多くの住民が構内で見守るなか、18時55分発の日置行き最終列車が五色のテープで沿線住民と結ばれながら旅立っていった。駅跡には「南薩鉄道記念館」による車輌や資料の展示が行われ、当時を偲ぶことができる。
最晩年の加世田駅全景
(写真:中原昌一)
(解説:有木道則・大田治彦)
平成28年3月 南さつま市教育委員会

テキスト化

monumento
2018-03-28 11:00 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hamanobakeneko (2018/03/21)
タグ: 南薩鉄道 鹿児島交通線 鮫島慶彦 私設鉄道 薩南中央鉄道 岩崎與八郎 大型気動車 三州自動車 鹿児島交通 加世田豪雨 平成27年度鹿児島県地域振興推進事業 鹿児島県 南さつま市
hamanobakeneko (2018/03/20)
タグ: ocr-generated 鹿児島県 南さつま市