Monumento

大切な水辺の自然

2018/03/30

タグ: 神代植物公園 大切な水辺の自然 日本の水生植物 水生植物園湧水のしくみ 武蔵野段丘 東京都 調布市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate An important natural waterside Nature In recent years, around ourselves we have developed residential landscape and development, and various natural environments have been lost. Waterside nature is no exception. Aquatic and wetland plants in various places are being exposed to the danger of extinction and decline. It is very important to protect interests and protect these plants, keeping creating clean lakes, swamps and rivers. In addition, spring water is a precious resource in order to create lush waterside. The wetland environment created by spring water is nurtured as a precious place of living things such as fish, waterfowl and aquatic insects, besides plants. Such nature of the waterside is an oasis that brings peace and moisture to us, healing thirst. <Aquatic plants in Japan> The exact number of aquatic plants in Japan is not counted. It is because it is difficult to strictly define what an aquatic plant is, but it is said that it is close to 500 species. And the proportion is around 3 to 4% of the whole plant, the role of aquatic plants in nature is not small in any way. Aquatic plants not only serve as primary producers in wetland ecosystems but also provide places such as foraging, laying eggs and evacuation of various creatures living on the waterfront. It also supports the water purification function of wetlands. Aquatic botanical garden spring water mechanism The source of water flowing into the aquatic botanical garden is rain water falling on the Musashino terraced side of the surroundings of the Godai plant park through the black soil, Kanto loam, Musashino Romu, And it got out from the deep temple on the Kokubunji cliff line. As time goes by slowly and slowly, rainwater becomes groundwater and springs out, so the change in the amount of spring water due to the weather is small and continues to spring constantly.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 一个重要的天然水边自然近年来,我们围绕自己发展了住宅景观和开发,各种自然环境已经丧失。水边自然也不例外。各地的水生和湿地植物正面临灭绝和衰退的危险。保护利益和保护这些植物,保持清洁的湖泊,沼泽和河流非常重要。此外,泉水是一种宝贵的资源,以创造郁郁葱葱的水边。除了植物之外,泉水所产生的湿地环境被培育为鱼类,水禽和水生昆虫等珍贵的生物栖息地。水边的这种性质是一片绿洲,为我们带来和平与滋润,治愈口渴。 <日本的水生植物>日本的水生植物的确切数量不计算在内。这是因为很难严格界定水生植物是什么,但据说它接近500种。而且这个比例约占整个植物的3%到4%,水生植物在自然界中的作用不小。水生植物不仅是湿地生态系统的主要生产者,而且还提供诸如觅食,产卵和疏散生活在海滨的各种生物的场所。它还支持湿地的净水功能。水生植物园泉水机制流入水生植物园的水源是通过黑土,关东壤土,武藏野罗姆,落在Godai植物公园周围武藏野梯田一侧的雨水。它从国分寺悬崖上的深寺里出来了。随着时间缓慢而缓慢,雨水变成地下水并弹出,因此由于天气导致的泉水量的变化很小并且不断地继续弹簧。

大切な水辺の自然
 近年、私たちの周りは宅地化や開発などが進み、様々な自然環境が失われてきています。水辺の自然も例外ではありません。各地の水生・湿地植物たちは、絶滅や衰退の危険にさらされつつあるのです。清らかな湖や沼や川を創り守り続ける、これらの植物に関心を持ち保護しようとすることがとても大切なことになっています。
 また、緑豊かな水辺を創り出すためには湧水が貴重な資源です。湧水が生み出す湿地環境は、植物の他にも魚や水鳥、水生昆虫などのたくさんの生きものたちの大切な住みかとして、自然の営みを育んでいます。このような水辺の自然は、私達に安らぎとうるおいをもたらし、心の渇きをいやすオアシスなのです。
日本の水生植物
日本に分布する水生植物の種類数について、正確な数はでていません。それは、水生植物とは何かということを厳密に定義することが難しいからですが、およそ500種近くになるといわれています。そしてその割合は、植物全体の3~4%ほどにあたり、自然界における水生植物の役割は、決して小さいものではありません。
 水生植物は、湿地の生態系における第一次生産者であるばかりでなく、水辺で暮らす様々な生きものたちの採餌、産卵、避難などの場所を提供しています。また、湿地のもつ水質浄化機能も支えているのです。
水生植物園湧水のしくみ
水生植物園に流れ込む水の源は、神代植物公園 周辺一帯の武蔵野段丘 面に降った雨水が、黒土・関東ローム・武蔵野ロームの各層を通って武蔵野れき層に帯水され、国分寺崖線上の深大寺から湧き出したものです。
 少しづつゆっくりと時間をかけて、雨水は地下水となり湧き出してくるので、天候による大幅な湧水量の変化は少なく、絶え間なく湧き続けています。

テキスト化

tenma
2018-09-14 21:32 (0)
tenma
monumento
2018-03-30 16:18 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2018/06/05)
タグ: 世界遺産 琉球 植物 神代植物公園 火山活動 小笠原諸島 大陸 海洋島 海流に 進化 外来種 小笠原 固有種 琉球諸島 固有種率 生物多様性 東京都 調布市
ayame (2018/03/30)
タグ: ocr-generated 東京都 調布市
jishiha (2018/05/02)
タグ: 千歯扱き クルリ棒 籾摺り臼 唐臼 唐箕 万石 東京都 調布市
cyberwonk (2014/11/30)
タグ: 調布市教育委員会 水車小屋 水車 逆川 東京都 調布市