Monumento

市指定有形文化財 (彫刻 )

2018/03/30

タグ: 市指定有形文化財 恵心僧都 調布市教育委員会 彫刻 木造阿弥陀如来坐像 妙観察智 常行三昧行を行う 常行堂 割矧ぎ造り 私案抄 院主法印長辨 東京都 調布市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Designated Tangible Cultural Asset (Sculpture) Wooden Amida Nyorai Seizure Location Waka Oda Temple Town 5 - 15 Address 1 Fukadaji Temple Heisei Temple 24 March Maru 30 th, Main Hall Sumi Hideomi Satoshi Amitabha Nyoro is placed in a podium, It is reportedly being made. The image height is seven and seven cm. It is a common feature of the Honjyo Amida Nagai statue of Honkakudo that performs a tricky trickery at Tendai temple clinic, striking a crown, receiving a treasure crown, covering both shoulders with dressing, and joining the stamp. It is thought that it was produced in the early Kamakura period because of its appealing appearance, expression of fine and realistic clothing, techniques of split brush making etc. In the statue there is an ink document stating that the repair was done in the Muromachi era Yoga Eighth Year (1436) and the Kyuto 2nd year (1453). The repair of Eikon eight years was due to the managing director of the 52nd century Buddha known for his collection "My draft excerpt", the repair inscription was "Shichida Temple Honkando Amitabha Nyorai" It was confirmed that it was. November 30, 2004 Chofu City Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 指定有形文化财产(雕塑)木制Amida Nyorai缉获地点Waka Oda Temple Town 5 - 15地址1 Fukadaji Temple Heisei Temple 2004年3月24日Hondo Sudaya Amitabha Norimoto,一个奇怪的观察站在讲台上,据报道,它正在制作中。图像高度为七和七厘米。 Honkakudo的Honjyo Amida Nagai雕像的一个共同特征是在Tendai寺庙诊所进行一次棘手的诡计,击中一顶皇冠,接受一个宝藏皇冠,用敷料覆盖双肩,并加入标志。据认为它是在早期的镰仓时代产生的,因为它具有吸引人的外观,精致逼真的服装表现,分割刷制作技术等。在雕像中有一份墨水文件,说明修复是在室町时代的Yuuka时代(1436年)和Kyoutoji(1453年)进行的。 Eikon八年的修复是由于他的收藏品“我的选秀摘录”而闻名的52世纪佛陀的总经理,修复题词是“Shichida Temple Honkando Amitabha Nyorai”确认它是。 2004年11月30日调布市教育局

市指定有形文化財彫刻
木造阿弥陀如来坐像
所在地 深大寺元町五丁目十五番地一 深大寺
指定 平成ニ十四年三月三十日
 本堂須弥壇上に安置される妙観察智 の阿弥陀如来で、恵心僧都 の作と伝えられています。像高は七三・七cm。髻を結い、宝冠をいただき、納衣で両肩を被い、定印を結ぶその姿は、天台寺院で常行三昧行を行う常行堂 の本尊阿弥陀如来像に共通するものです。
 そのひきしまった容姿や、細やかで写実的な衣文の表現、割矧ぎ造り の技法などから、鎌倉時代前期に制作されたものと考えられます。
 像内には、室町時代の永享八年(# 1436)と享徳二年(# 1453)に修理が行われたことを記した墨書があります。永享八年の修理は、文集『私案抄 』で知られる五十二世院主法印長辨 によるもので、修理銘には「深大寺常行堂 阿弥陀如来」とあり、本像が当時常行堂本尊であったことを裏付けます。
平成二十四年十一月三十日
調布市教育委員会

テキスト化

tenma
2018-08-13 15:12 (0)
tenma
monumento
2018-03-30 16:33 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kuma56 (2018/03/30)
タグ: 調布市教育委員会 元三大師 良源 彫刻 独鈷 市重宝 慈恵大師坐像 両国回向院 数珠 東京都 調布市
kuma56 (2018/03/30)
タグ: ocr-generated 東京都 調布市
noreri (2018/03/30)
mapconcierge (2018/03/30)
タグ: 深大寺本坊旧庫裡 台所棟 茅葺屋根 東京都 調布市