Monumento

重要文化財

kawa_sanpo

2018/04/01

タグ: 重要文化財 蟇股 武田晴信 石清水八幡宮 山梨県教育委員会 甲斐源氏 武田八幡宮 韮崎市教育委員会 武田八幡神社本殿 武田王 宇佐八幡宮 新羅三郎義光 信義 信玄 三間社流造 和様出組 軒支輪 間斗束 刎高欄 通肘木 虹梁大瓶束 山梨県 韮崎市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Important Cultural Property Takeda Hachiman Shrine Main Hall The designated Takeda Hachiman Shrine designated April 6, Showa 4 is called Takeda Hachimangu Shrine. According to the company, to the place where there was a Miya company wrapping Takeda king in this place, we invited Kyushu Usa Hachimangu shrine by February 8, Hiroyin (822), and worshiped to the royal company of the king, Takeda Hachimangu Shrine was said to have occurred, and later I asked Kyoto Shishimizu Hachimangu Shrine in the company for a pagan view year (859 - 876). Shiro Shinra Yorimitsu Yoshimitsu Mr. Yoshihito Kaihara&39;s respect was thick, in particular Yoshimitsu Sosanko Nobunaga decided to live in Takeda&39;s village, named Taro of Takeda, dressed the company as a goddess and admired himself. After three hundred years later, in the astronomy ten (1541), when Harukin Takeda (Shingen) became a guardian of Kai, we began construction of our main hall and it was completed as early as December 23rd the same year. The main hall is a three-way company caster, Hinoki roof, the building uses a girders crossing three girders, a beam between two girders, a column uses a column, the braid has an erecting ring as a balanced group with a telescopic armor, It is a bunch. Tsuneki&39;s tip marks his nose and shows the characteristics of Muromachi period. In front of the three sides is a golden stamp as a gold foil as a gold foil pillow and a double-walled plate Karato is attached, filling the erected surfaces of both sides of the door The decorative decoration of pine and bamboo is luxurious. The wall is a board, around the periphery, a rim with a high-height column is surrounded, and a side sliding door is provided on both sides. On the front side, a stairwell with rising column is set, and a beach bed is stretched on the front side. The worshiping three is a chamfered prismatic column, and the braid is decorated with a decorative toy with a decorative decorated decorative sticker on the inside, with a three - doodou with a bush entrance that is two - handed only on the exterior side of the girders. The wife ornament is a bundle of rainbow large bottles and the roof is a gable-made woven roof which extends the front flow and forms a so-called trilateral company flowing roof. The whole main shrine is magnificent as a valuable tangible cultural asset as a remembrance of Mr. Takeda&39;s powerfulness, showing a special characteristic of Muromachi period, which is majestic in size and decorative design. March, 1945 Yamanashi Prefectural Board of Education Yusuzaki City Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 重要的文化财产武田八幡神社大厅4月6日指定的武田八幡神社,昭和4被称为武田八幡宫。据该公司说,在这个地方有一家Miya公司包裹武田王的地方,在2月8日,Hiroyin(822)邀请了九州美坂八幡宫,并且被国王的皇家公司,武田崇拜了据说Hachimangu神社已经发生,后来我在该公司询问了京都Shishimizu Hachimangu神社的异教徒年(859 - 876)。 Shiro Shinra Yorimitsu Yoshimitsu Yoshihito Kaihara先生的尊重很厚,尤其是Yoshimitsu Sosanko Nobunaga决定住在武田的村庄,名为Takeda的Taro,将公司打扮成女神并钦佩自己。三百年后,在天文十(1541年),当武田Harukin(Shingen)成为Kai的监护人时,我们开始建造我们的主厅,并在同年12月23日完成。主殿是一个三向公司脚轮,桧木屋顶,建筑物使用横跨三个梁的梁,两个梁之间的梁,一个柱子使用一个柱子,编织有一个架设环作为平衡组与伸缩装甲,这是一堆。 Tsuneki的尖端标志着他的鼻子,并显示了室町时代的特征。在三面前面是一个金色的印章作为金箔作为金箔枕头和一个双层板Karato附加,填充门两侧的竖立表面松木和竹子的装饰装饰是豪华的。墙壁是围绕周边的板,围绕有高高度柱的边缘,并且在两侧设置侧滑门。在正面,设置了带有上升柱的楼梯间,并在前侧拉伸了沙滩床。崇拜三是一个倒角的棱柱,辫子装饰着一个装饰性的玩具,里面装饰有装饰性的装饰贴纸,三个带有一个灌木入口的doodou只有在双手的外侧。妻子装饰品是一束彩虹大瓶子,屋顶是山墙制的编织屋顶,延伸了前面的流动,形成了一个所谓的三边公司流动的屋顶。整个主要的神殿是一个宝贵的有形文化资产,作为武田先生强大的纪念,显示了室町时代的特殊特征,其雄伟的大小和装饰设计。 1945年3月山梨县教育委员会Yusuzaki市教育委员会

重要文化財
武田八幡神社本殿
昭和四年四月六日指定
武田八幡神社はもと武田八幡宮 と呼ばれた。社記によれば、往古この地に武田王 をまつる宮社があったところへ、弘仁十三(# 822)年二月勅命により、九州宇佐八幡宮 を勧請して王の宮社に合祀し、武田八幡宮と称したのが起りで、のち貞観年間(# 859~876)に京都石清水八幡宮 を社中に勧請した。新羅三郎義光 いらい甲斐源氏 の尊崇が厚かったが、ことに義光の曽孫信義 は武田の郷に居館を定めて武田の太郎と名のり、当社を氏神とあがめて崇敬のかぎりをつくした。のち三百余年を経て天文十(# 1541)年、武田晴信信玄 )が甲斐の守護になると、当社本殿の造営に着手し、同年十二月二十三日に早くも落成した。
 本殿は三間社流造 ・桧皮葺で、身舎は桁行三間・梁間二間、柱は円柱を用い、組物は通肘木つきの和様出組 として軒支輪 を設け、組物間の中備は間斗束 である。頭貫の先端は木鼻をつけ、室町期の特色を見せる。正面三間は幣軸構えとして金箔押しに八双金具で飾る両開きの板唐戸をつけ、扉の両脇の方立面を埋める松・竹の透彫装飾は豪華絢爛である。壁は板で、周囲には、刎高欄 つき の縁をめぐらし、両側に脇障子を備える。正面には昇高欄つき階段を設け、向拝前面に浜床を張る。向拝三間は面取り角柱で、組物は桁行外方にだけ二手先となる通肘木 つきの連三斗組をおき、中備えに透彫の装飾を入れた蟇股 を飾る。妻飾りは虹梁大瓶束 で、屋根は桧皮葺の切妻造りで、前方の流れを延長して向拝屋根としたいわゆる三間社流造りをなす。本殿全体は木割が雄大で、しかも装飾的意匠にすぐれた室町時代の特色を示し、武田氏興隆期の力強さを誇る遺構として貴重な有形文化財である。
昭和五十四年三月
山梨県教育委員会
韮崎市教育委員会

テキスト化

tenma
2018-08-15 22:44 (0)
tenma
monumento
2018-04-01 11:12 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2018/04/01)
タグ: 蟇股 県指定文化財 武田八幡神社 末社若宮八幡神社本殿 一間社流造り 桧皮葺身舎 出組斗栱 若葉化 山梨県 韮崎市
kawa_sanpo (2018/04/01)
タグ: 礎石 山梨県教育委員会 山梨県指定文化財 武田八幡宮石鳥居 付正面石垣 石造明神鳥居 船形神社 エンタシス 峡北地方 中世造営の鳥居 韮崎市教育委員会 山梨県 韮崎市
kawa_sanpo (2018/04/01)
タグ: 武田信玄 清和天皇 嵯峨天皇 武田八幡神社 九州宇佐八幡 武田武大神 石清水八幡 山梨県 韮崎市
kawa_sanpo (2018/04/01)
タグ: 阿弥陀三尊 安山岩 韮崎市教育委員会 一石百観音石像 隆岩山玉保寺 神宮寺跡地 西国三十三番 東国三十三番 秩父三十四番 百観音 auto-translate 39 武田八幡神社 山梨県 韮崎市