Monumento

国指定史跡

kotayan

2018/04/03

タグ: 国指定史跡 善光寺 鍾乳洞 豊橋市教育委員会 嵩山蛇穴 石灰岩洞窟 岩蔭住居遺跡 縄文時代草創期 表裏押圧縄文土器 押型文土器 豊橋市美術博物館 蛇穴 愛知県 豊橋市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Designation History of the Country Volcano Snakeholes 2,115 m² Designated July 1, 1952 This ruins is an Iwaki Residential Ruins which was operated using a natural limestone cave (limestone cave). The height of the entrance is 1.3 m, the width is 3.5 m, and it can enter in the depth of about 70 m. Excavation surveys were carried out four times in the Showa 16, 17, and 22 years, and from the sedimentary ground near the entrance, the front and back pressurized Jomon pottery of the Jomon Period (about 10,000 years ago) and the early pressed paper pottery (round bar Many remnants including beast bones such as earthenware, rocks, bone horn, deer, wild boar, etc. were discovered in the first half, early and mid-season, including notches on the surface of earthenware and putting a pattern on it) It was. In addition, traces of fire that we thought to be a furnace trail have also been confirmed. These excavated items are currently stored in Toyohashi Art Museum. There have been several legends reported from legend to the legendary snake hole. It is said that the origin of the name "Snake" is because Otoro lived in this hole long ago. In the Meiji Era, the depth has been shortened, but it is said that the original was quite long and it was said that one article continued to Zenkoji in Shinano. Besides this there is a reserve fund in the snake hole, it is said that there was a warrior to protect it. Toyohashi City Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 国家火山Snakeholes的名称历史2,115m²指定1952年7月1日这个废墟是Iwaki住宅废墟,使用天然石灰岩洞穴(石灰岩洞穴)进行操作。入口高度为1.3米,宽度为3.5米,可以进入约70米的深度。在昭和16年,17年和22年进行了四次挖掘调查,并从入口附近的沉积地,绳文时代(约1万年前)的前后加压绳纹陶器和早期压制纸陶(圆棒)进行了挖掘调查。在上半年,早期和中期发现了许多残余物,包括陶器,岩石,骨角,鹿,野猪等野兽骨头,包括陶器表面的凹口,并在其上放置图案)是的。此外,我们还认为,我们认为是火道的火灾迹象。这些挖掘出的物品目前存放在丰桥美术馆。据传说,传说中的蛇洞有几个传说。据说“蛇”这个名字的由来很早就是因为奥托罗很久以前就住在这个洞里。在明治时代,深度缩短了,但据说原作很长,据说在信浓的一篇文章继续Zenkoji。除此之外,蛇洞还有一个储备基金,据说有一个保护它的战士。丰桥市教育委员会

国指定史跡
嵩山蛇穴  2,115㎡
昭和32年7月1日指定
 この遺跡は、天然の石灰岩洞窟鍾乳洞 )を利用して営まれた岩蔭住居遺跡 です。入口の高さは1.3m、幅3.5mで、70mほど奥まで入ることができます。昭和16年、17年、22年に4回の発掘調査が行われ、入口付近の堆積土から縄文時代草創期 (約1万年前)の表裏押圧縄文土器 や早期の押型文土器 (丸い棒に刻みを入れ、土器の表面に転がして文様をつけたもの)をはじめ前期、中期頃までの土器、岩鏃、骨角器、鹿、猪などの獣の骨など数多くの遺物が発見されました。また、炉跡と考えられる火をたいた跡も確認されています。
 これらの出土品は現在、豊橋市美術博物館 に収蔵されています。
伝説 蛇穴には昔からいくつかの伝説が伝えられています。「蛇穴 」という名前の由来は、昔、この穴に大蛇が住んでいたためと言われています。また明治時代の落盤で、奥行きが短くなってしまいましたが、もとはずいぶん長く、一説には信濃の善光寺 まで続いていたと言われています。このほか蛇穴には埋蔵金があり、それを守る武者がいたとも言われています。
豊橋市教育委員会

テキスト化

tenma
2018-08-14 12:02 (0)
tenma
monumento
2018-04-03 08:44 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

tokada (2019/01/22)
タグ: 徳川家康 神社 大己貴命 延喜式内社 一宮 平安時代初期 愛知県 豊川市
tokada (2019/01/21)
タグ: 天然記念物 神社 大己貴命 一宮 愛知県 豊川市
tokada (2019/01/21)
タグ: 国指定重要文化財 寺 三重塔 南北朝時代 愛知県 豊川市
tokada (2019/01/21)
タグ: 文化財 室町時代 国指定重要文化財 寺 弁財天 愛知県 豊川市