Monumento

横須賀市指定重要文化財 木造阿弥陀三尊像

itog

2014-12-14

タグ: 横須賀市教育委員会 阿弥陀如来像 1985 菩薩像 観音菩薩像 勢至菩薩像 1999 神奈川県 横須賀市

案内板

auto-translate Suga city designated important cultural assets wooden statue of Amida Sanson Amitabha Tathagata seated one piece ( statue high 88.
5 cm ) Kannon bosatsu standing statue of statue ( statue high 89.
0 cm ) Seishi statue of one statue ( statue high 91.
3 cm )
Kanagawa Prefecture Yokosuka city kinugasa-Cho 756 Univ.-ji Temple
Specify the 4/25 0/1985 (1985)
This statue of Amida Sanson is central Amitabha ( chūsonji ) Renaults statue left and right (Samurai aside). In parquet, jade eyes with respect in Amida Buddha, is seated between classy reappearing raikoji mark.
Flesh body, a black lacquered lacquered foil (much gold leaf lacquer technique), clothing, during the Edo period, the head is properly connected to the body of the later is 12 century, but complementary parts, old material for the body, lower. Bosatsu Kannon Bodhisattva in 一木造ri, carved eyes, rendaiji ( loss ) stick with statue of it is.
Flesh body, lacquered foil, clothing, black lacquered in the space as well as in the picture probably 12 century.
Also, is Kannon bosatsu statue and statue of seishi counterpart to resemble 尊容, coloring, but compared to the goddess of mercy Buddhist Saint statue, engraving technique built hard and new in the Edo period. From this was the statue of Amida Sanson one parts and auxiliary buildings are or have mild style of Fujiwara no torso in the picture, and the goddess of mercy Buddhist Saint statue, is valuable as a few Heian Buddhist remains in the city.
Also, committed to by copying the style of statue of Kannon Bodhisattva seishi statue, knowing the way of tagging in the early modern old-fashioned on important examples.
10-0/1999 (1999) Yokosuka City Board of education

auto-translate Suga 市指定重要的文化资产的美华达桑木制雕像
阿弥陀如来坐像一片高 88。5 厘米)
观音 bosatsu 站的雕像雕像高 89 的雕像。0 厘米)
朱雀的一尊雕像雕像高 91 的雕像。3 厘米)
神奈川县横须贺城衣笠町 756 大学-吉寺
指定 4/25 0/1985年 (1985 年)
这尊雕像的美华达桑是中央阿弥陀佛 chūsonji) 雷诺雕像左、 右 (武士放在一边)。
在镶木地板,玉眼睛在阿弥陀佛,恕我直言是坐在经典再现来迎寺马克之间。血肉的身体,黑漆漆的箔 (多金箔漆技术),服装,江户时期头是正确连接到后来身体是 12 世纪,但补充部分,身体,旧材料降低。
Bosatsu 观音在一木造ri,雕刻的眼睛,仁戴基损失) 跟着雕像的事。肉体身体、 漆的箔、 服装、 黑漆在空间以及在这幅画大概 12 世纪。
此外,是对手的观音 bosatsu 雕像和朱雀,才能像尊容,着色,但相比对慈悲的佛教圣雕像,雕镂技艺努力建立和新的江户时代的女神雕像。
从这种了的美华达桑雕像一个零件和辅助建筑物或温和作风藤原没有躯干的图片和怜悯佛教圣徒雕像的女神,是有价值的几个平安佛教遗体在这座城市。此外,致力于复制这种风格的雕像观音朱雀雕像,知道在早期现代老式的重要实例标记的方式。
1999 年 10-0 (1999 年)
横须贺市教委

横須賀市指定重要文化財 木造阿弥陀三尊像
 阿弥陀如来坐像 一軀(像高八八.五センチメートル)
 観音菩薩立像 一軀(像高八九.〇センチメートル)
 勢至菩薩立像 一軀(像高九一.三センチメートル)
 神奈川県横須賀市衣笠町七五六 大善寺
 昭和六〇年(1985 年)四月二五日指定
 この阿弥陀三尊像は中央の阿弥陀如来(中尊)が左右の菩薩像(脇侍)を従えた形態です。
 中尊の阿弥陀如来像 は寄木造り、玉眼入りで、上品下生の来迎印を結ぶ坐像です。肉身部は漆箔(漆に金箔をはる技法)、着衣部は黒漆塗りで、体部に差込まれた頭部など江戸時代に後補部分もありますが、体部、腰部の用材は古く、十二世紀頃のものです。
 脇侍の観音菩薩像 は、一木造り、彫眼で、蓮台(亡失)を棒持する立像です。肉身部は漆箔、着衣部は黒漆塗りで、造立は中尊像同様十二世紀ごろと考えられます。
 また、観音菩薩像と対をなす勢至菩薩像 は尊容、着色は似せてはいますが、観音菩薩像に較べ、彫技が硬く、江戸時代に新しく造られたものです。
 このことから、阿弥陀三尊像は一部分、補造されたりしていますが、中尊像の体幹部、および観音菩薩像は藤原時代の穏和な作風を残しており、市内に残る数少ない平安仏として貴重なものです。また、勢至菩薩像は観音菩薩像の作風を写すことに努めており、近世における摸古作の在り方を知る上で大切な作例です。
平成一一年(1999 年)一〇月
横須賀市教育委員会

テキスト化

ogaworks
2014-12-24 21:03 (616)
ogaworks

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

itog (2014/12/14)
タグ: 1180 鎌倉時代 横須賀市教育委員会 衣笠城 1247 神奈川県 横須賀市
itog (2014/12/14)
タグ: 源頼義 衣笠城跡 村岡平太夫為通 1058 1180 衣笠合戦 鎌倉時代 横須賀市教育委員会 auto-translate 源頼朝 神奈川県 横須賀市