Monumento

中山道分間延絵図

kawa_sanpo

2018/04/29

タグ: 道中奉行 祐泉寺 中山道分間延絵図 美濃加茂市 太田宿 土岐 五街道其外分間延絵並見取絵図 直轄事業 下古井村 尾張殿地方役人出張役所 尾張藩代官所 加茂 恵那 坪内逍遙 岐阜県 美濃加茂市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Nakasendo Road Minionistic Picture This "Nakayama Road Mini Picture" (officially a part of "Five Roadside Extra Painting Painting Same Picture Picture)" is a five-way road such as Nakasendo and its main side roads along the Edo shogunate It was created to grasp the actual condition of the. According to the record of the shogunate, it was completed over the seventeen years from the 12th year of Kanzai (1800) to the 3rd year of culture (1806) as a direct project under the guard of Mr. Tadanaka. It is a precise picture painted with coloring and faithfully conveys the actual state of the highway. "Passing Ota" was a difficult point for Nakasendo&39;s coming. It is because the water depth is deep, the flow is fast, and there are many floods. The river width was normal in a period of 85 (about 15 meters). Although I was in the vicinity of Yuizenji in the Ota village at the beginning of the Edo period, because the flow passage changed, in the latter period of the Edo period, as shown in this picture, the lower furunoi It was set up in the village (estimated to be around 200 meters downstream of the present Ota bridge). In the Ota lodo in the east and west lengths of six towns (about 680 meters), there were one hundred and eighty households in the 14th year of Tenpo (1843). It seems that Honjin, Wakimoto&39;s team and other whale-botanical gardens, fortune-telling lodgers and others have been erected. In the west of the inn, "Owaruda local government official business trip office" (Owari clan duty office) is drawn. It was established in 1782 (1782) (near the present Ota primary school), dominated the three counties of Kamo, Ena, Toki. Takeobu Tsubouchi was born in Ansei six years as a child of the official of this office. Source material: Tokyo National Museum, March 2003 Minokamo City, March

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Nakasendo Road Minionistic Picture这张“Nakayama Road Mini Picture”(正式是“Five Roadside Extra Painting Painting Same Picture Picture”的一部分)是一条五向道路,如Nakasendo及其沿江户幕府的主要道路它的创建是为了掌握实际情况。根据幕府的记录,它从Kanzai(1800)的第12年到文化的第3年(1806年)的17年完成,作为Tadanaka先生的守卫下的直接项目。这是一幅用彩色画的精确画面,忠实地传达了高速公路的实际状态。对于Nakasendo的到来,“传递太田”是一个难点。这是因为水深很深,流量很快,洪水很多。河流宽度在85(约15米)期间是正常的。虽然我在江户时代初期在大田村的Yuizenji附近,因为流动通道改变了,在江户时代的后期,如图所示,下面的furunoi它建在村里(估计在现在的太田桥下游约200米处)。在东部和西部长度为6个城镇(约680米)的太田湖中,在天坡(1843年)的第14年共有180个家庭。你可以看到Honjin,Wakimoto城堡,其他像Queer Park和Hat Nagaya都是直立的。在旅馆的西面,画“Owaruda地方自治团体商务旅行办事处”(Owari氏族值班室)。它成立于1782年(1782年)(靠近现在的太田小学),主导了Kamo,Ena,Toki三个县。 Takeobu Tsubouchi作为该办公室官员的孩子出生在Ansei六年。资料来源:东京国立博物馆,2003年3月,美浓加茂市,3月

中山道分間延絵図
 この「中山道分間延絵図 」(正式には
五街道其外分間延絵並見取絵図 」の一部)は、江戸幕府により中山道など五街道とその
主要な脇街道の実態を把握するために作成さ
れたものです。幕府の記録によると、道中奉行
直轄事業 として寛政十二年(# 1800)から文化三年(# 1806)にかけおよそ七年の歳月をかけて完成しました。彩色を施した精密な絵図で、街道の実状を忠実に伝えています。

「太田の渡し」は、中山道きっての難所でした。水深が深く流れが速いこと、また出水が多かったためです。川幅は平常時で八五間(約一五五メートル)ありました。渡し場は、江戸時代の初め太田村の祐泉寺 付近にありましたが、流路が変化したことなどから、江戸時代後
期には、この絵図にも示されているように、より上流の下古井村 内(現在の太田橋の下流約二〇〇メートル付近と推定)に設けられていました。

 東西の長さ六町十四間(約六八〇メートル)の太田宿 には、天保十四年(# 1843)家数が百十八ありました。本陣、脇本陣のほか問屋場、旅籠屋などが軒を連ねていた様子がうかがえます。
 宿の西には「尾張殿地方役人出張役所 」(尾張藩代官所 )が描かれています。天明二年(# 1782)に設置され(現在の太田小学校付近)、加茂恵那土岐 の三郡を支配していました。坪内逍遙 は、この代官所の役人の子として安政六年に生まれています。
原資料:東京国立博物館
二〇〇三年三月 美濃加茂市

テキスト化

tenma
2018-07-21 17:35 (0)
tenma
monumento
2018-04-29 09:40 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2018/04/29)
タグ: 中山道 岐阜県 枡形 国重要文化財 美濃加茂市 美濃国 太田宿 太田の渡し 飛騨街道 郡上街道 auto-translate 39 木曽路 馬籠宿 旧太田脇本陣 旧太田宿 岐阜県 美濃加茂市
kawa_sanpo (2018/04/29)
タグ: 本陣 国指定重要文化財 脇本陣 表門 土蔵 庄屋 美濃加茂市 太田宿 旧太田脇本陣林家住宅 主屋 袖塀 尾張藩勘定所 auto-translate 卯建 岐阜県 美濃加茂市
kawa_sanpo (2018/04/29)
タグ: 薬医門 徳川家茂 和宮 美濃加茂市教育委員会 美濃加茂市指定有形文化財 旧太田宿本陣門 太田町役場 仁孝天皇 岐阜県 美濃加茂市
kawa_sanpo (2018/04/29)
タグ: 美濃加茂市 auto-translate 中山道 保存樹 エノキ 太田宿 ヤドリギ 岐阜県 美濃加茂市