Monumento

水ロ神社

kotayan

2018/05/17

タグ: 壬申の乱 水ロ神社 敏達天皇 蘇我赤兄 蘇我乙麻呂で 畑山城 鰐ロ 安芸 竈戸神社 安芸市教育委員会 auto-translate 39 水波女命 高知県 安芸市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Mizuro Shrine Mizukuchi Shrine is a goddess of the Hatayama area, the god of deity is Mizuwa Masaru, Toshin Emperor, Soga Older brother, Soga Otamaro, a company that has earned his faith as a god of rain for a long time. Originally referred to as Mizuho Omijin, changed to the current company name in the Meiji Era year, it is listed in the same village company five years ago. The Soge of the God of the Revival The brother of the Soga was defeated in the 申 の ((672 years), was sent to Tosa&39;s country Aki, and it is said to have settled in the land of Hatayama. In Hatayama, Mr. Hatayama, a branch of the Aka family, has a deep connection with Mr. Aki, such as building Hatayama Castle. Because there is a record of Crocantho inscribed with the inscription of the 13th year of Nagasaki (1406), it is speculated that the shrine had been around since that time. Also, according to the building remaining in the shrine, you can see that the Aki Genpaku donated the shrine in the twenty-first year of the year (1552), and the torii was built in 1709 Hougenaga. In the precincts there are Shodo shrines with the gods as the god of the fire spirit, the Okutsu Ritsu Odori, and the Okutsu Ritsu sale, which are gods enshrined in places where fire is used such as coffee, hearth and kitchen. Aki City Board of Education Hatayama Community Center

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Mizuro神社Mizukuchi神社是鸠山地区的女神,神的神是Mizuwa Masaru,Toshin Emperor,Soga哥哥Soga Otamaro,这家公司长期以来一直是雨中的神。原名Mizuho Omijin,在明治时代改为现在的公司名,五年前被列入同一村庄公司。复兴之神的遗迹Soga的兄弟在申((672年)被击败,被送到土佐的国家Aki,据说它已定居在Hat山的土地。在Hatayama,Aka家族的分支Hatayama先生与Aki先生有着深厚的联系,比如建造Hatayama城堡。因为有长崎13年(1406年)刻有的Crocantho的记录,所以有人推测这个神社自那时起就已经存在了。另外,根据神社内的建筑物,你可以看到,在今年的二十一年(1552年),阿基詹帕库捐赠了神社,并在1709年的厚根加建了牌坊。在这些地区中,有诸神作为火神,奥津立体大通和奥津力士出售的神道圣地,这些神像是供奉诸如咖啡,炉灶和厨房的地方的神。安艺市教育委员会鸠山社区中心

水ロ神社
 水口神社は畑山地区の産土神で、祭神は水波女命敏達天皇蘇我赤兄蘇我乙麻呂で、古くから雨乞いの神として信仰を得てきた社である。もとは水ロ大明神と称したが、明治元年現社名に改め、同五年
郷社に列せられる。
 祭神の蘇我赤兄は、壬申の乱 (# 672年)で敗れ、
土佐の国安芸へ流され、畑山の地に住みついたとい
われている。畑山には、その安芸家の分家である畑
山氏が畑山城 を築くなど、安芸氏とのつながりが深
い場所である。
 応永十三年(# 1406)の銘が刻まれた鰐ロ の記
録があることから、神社はその頃からあったことが
推測される。また、神社に残る棟札によると、安芸
元綱 が天分二十一年(# 1552)に社殿を寄進し、
鳥居は宝永六年(# 1709)に建立されたことがわ
かる。
 境内には竈や囲炉裏、台所などの火を使う場所に
祀られる神々である火産霊神、奥津比古命、奥津比
売命を祭神とする竈戸神社 がある。
安芸市教育委員会
畑 山公民館

テキスト化

tenma
2018-06-01 10:50 (0)
tenma
tenma
2018-06-01 10:48 (0)
tenma
monumento
2018-05-17 15:58 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ