Monumento

石町(こくちょう)時の鐘 鐘撞堂跡(かねつきどうあと)

kawa_sanpo

2014/12/27

タグ: 徳川家康 辻源七 東京都 千代田区

案内板

auto-translate Ruins of Bell City (has): 806 (I guess with how later)
Location Japan Nihonbashi Muromachi Cho 4-5
Hon-Cho 2-Chome, 4 regional Bell is Bell at the time established in the Edo period to hongoku-Cho 3-Chome, informs the Edo citizens. Tsuji source 7 came with Tokugawa Ieyasu to the Edo has been appointed to the Bell, and acted as its auditors from generation to generation.
Still, produced 0/1711 (1711) was recreated casting the Bell a few times, but when Bell (Tokyo Prefecture designated cultural asset) is moved to the 10 I Park (Japan bridge kodenma-Cho 5-2). 806 Hall of frequent fires, while hongoku-Cho 3-Chome (currently Japan 4-Chome Nihonbashi-Muromachi, Japan-Hashimoto-Cho 4-chome) was called "the Bell Shindo" around here, said hongoku-Cho 3-Chome from main street to 806 Chapel road.
Up 10 I Park when Bell was moved by the way 3/2002 was named as the bells of the time. It is "nagasakiya' was in New Japan station near the plant, through the Edo period when the Netherlands mercantile House, Rector of the Edo joining Prefecture official, senryu is reputed as"stone bell sounds from the Netherlands"and was popular in Edo city.

auto-translate (有) 的贝尔城遗址: 806 (我猜后来与如何在)
位置日本日本桥室町 Cho 4-5
4 区域的提问町 2 丁目
贝尔是贝尔在建立 hongoku 町 3 丁目到了江户时代的时间,通知江户公民。 向钟,任命了辻源 7 来到与德川家康江户,担任其核数师一代又一代。 尽管如此,产生 0/1711年 (1711) 被重新创建铸造钟几次,但当贝尔 (东京地区指定文化资产) 移动到 10 我公园 (日本桥 kodenma 町 5-2)。
806 大厅的频繁的火灾,而 hongoku 町 3 丁目 (目前日本 4 丁目日本桥日本室町时代桥本町 4 丁目) 被称为"贝尔兴东"在这里,说 hongoku 町 3 丁目从大街到 806 教堂路。 10 我公园当贝尔感动顺便 3/2002年被评为时间的钟声。
它是"长崎屋 ' 在新日本车站附近植物,通过江户时代当荷兰商船房子,江户加入自治州官方,千柳校长,被誉为"石贝尔从荷兰听起来",江户城,是最受欢迎。

石町(こくちょう)時の鐘 鐘撞堂跡(かねつきどうあと)
所在地 日本橋室町四丁目五番地
          本町四丁目二番地 地域
 時の鐘は、江戸時代に本石町三丁目へ設置された、時刻を江戸市民に知らせる時鐘です。徳川家康 とともに江戸に来た辻源七 が鐘つき役に任命され、代々その役を務めました。鐘は何回か鋳直されましたが、宝永八年(一七一一)に製作された時の鐘(東京都指定文化財)が十思公園内(日本橋小伝馬町五-二)に移されて残っています。
 鐘撞堂は度々の火災に遭いながら、本石町三丁目(現日本橋室町四丁目・日本橋本町四丁目)辺りにあり、本通りから本石町三丁目をはいって鐘撞堂にいたる道を「鐘つき新道」と呼んでいました。そのことにより、時の鐘が移設された十思公園までの道が、平成十四年三月に「時の鐘通り」と命名されました。
 近くの新日本橋駅の所には、江戸時代を通してオランダ商館長一行の江戸参府の時の官舎であった「長崎屋」があり、川柳にも「石町の鐘はオランダまで聞こえ」とうたわれ江戸市民に親しまれていたのです。

テキスト化

tenma
2015-10-15 09:22 (456)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/09/27)
タグ: 石黒五十二 auto-translate 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2015/09/27)
タグ: 源頼朝 佐竹義宣 藤原泰衡 佐竹秀義 auto-translate 千代田区町名由来板 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2014/11/30)
タグ: 堀 龍閑橋 井上龍閑 明治東京名所図会 東京都 中央区
hanacoco (2015/02/15)
タグ: 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2014/11/30)
タグ: 橋 1926 日本最初 トラス 日本初 東京都 千代田区
monumento (2014/05/21)
タグ: クスノキ auto-translate 中山道 福徳神社 御神木 日光街道 樹木 東京都 中央区
monumento (2014/05/21)
タグ: 徳川家康 日本橋 ペリー 天下普請 五街道 浮世小路 百川 福徳神社 東京都 中央区
monumento (2014/05/21)
タグ: 徳川家康 太田道灌 東京都 中央区
hanacoco (2016/01/24)
タグ: 東京都 中央区