Monumento

多胡氏居館跡

vision

2017-05-05

タグ: auto-translate 源義家 1881 村上義清 若槻里城 若槻氏 田子 長野県 長野市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Mr. Wakatsuki, who was based in Wakatsuki Ri Castle (located in Wakasuka-ku), went on prosperous from late Kamakura through Muromachi and Muromachi until the Warring States era. According to "the fiery vein", the prosperous grandson of Toshinori Sonomi of the Genji family is promoting the development by inheriting the two villages of Wakatsuki Shonai. As for the locality of the dwelling, in the "Tago village magazine" compiled in 1881, it is located at the foot of the Kashiwagi forest of the character Kitamura archeological field of the village, between the east and west, between the north and south, It is said to be a low moat once, now it is a paddy field, now it is a paddy field, northwest will bear a mountain, Mr. Mr. Mr. Mr. Mr. Mr. Mr. Mr. Takashi Takashi is the third son of Genji Takashi of Genji House, Mr. Murakami will be the one who will become a certain generation after the number of generations, after a few years, in the age of 12 (1553) August, Yoshiharu Murakami after the withdrawal of the country, to Mr. Yoshinori Takeda built in Hu It is said that it belongs to "Biography is not detailed". This former site of Mr. Hu Hu is located on a hill called Hachimantai, about a hundred meters east-southeast of Tago Shrine, surrounded by a moat-shaped low wetland with a width of 10 to 20 meters from the west to the south, hugging the moat mark However, it is now landfilled, becoming arable land and wilderness. Also, Toho is a hilltop plateau connecting to Tago pond, reminiscent of the trace of the ancient village that has passed through. October 2004 Wakasuki district residence autonomy council Taguchi Ward --- Wakatsuki Ri Wakatsuki Murakami Yoshikuni 1881 Tago Genji

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Wakatsuki Ri Castle(位于若狭区)的Wakatsuki先生从镰仓后期经过室町和室町直到战国时代,繁荣昌盛。根据“火热的静脉”,源氏家庭的传宗松的繁荣的孙子通过继承若宫庄内的两个村庄来促进发展。至于住宅的地方,在1881年编撰的“Tago村庄杂志”中,它位于村北村考古场的柏木林下,东西之间,南北之间,据说它是一座低矮的护城河,现在是水田,现在是水田,西北将会有山,先生先生先生先生先生先生先生隆先生是源氏家的源氏隆的第三个儿子,村上先生将成为世代之后,经过几年,12岁(1553)8月,乡村撤退后的村上佳治,在胡建筑的武田良义先生据说它属于“传记不详细”。胡湖先生的旧址位于一个名为八幡平的山丘上,该山位于Tago Shrine东南偏南约一百米处,被一条宽约10至20米的护城河形低湿地包围,从西向南拥抱护城河标志然而,它现在被填埋,成为可耕地和荒野。此外,东宝是连接到Tago池塘的山顶高原,让人想起已经通过的古老村庄的痕迹。 2004年10月若杉地区居民自治委员会田口W ---若Ri W若若月村上义雄1881 Tago Genji

多胡氏居館跡

 若槻里城(若槻団地内に所在)に本拠を構えた若槻氏一族は、鎌倉後期から南北朝・室町を経て戦国時代に至るまで繁栄を続けた。『尊卑分脈』によれば、源義家の孫頼隆の曾孫頼仲が、若槻庄内の多胡・押田の両郷を相伝し開発を進めている。
 その居館跡については、明治十四年(1881)編纂の『田子村々誌』に、「村の子の方、字北村耕地柏木山林の麓にあり。東西四〇間・南北五〇間、東南のニ方一度低く堀跡なりと云う。今は水田となれり。西北は山を負う。多胡氏代々之に居る。里俗伝に該氏は源義家の孫頼隆の三男多胡宗太なる者、当地の郷士となり是に居り、数世の後、某代なるか村上氏の幕下となる。天文ニ十二年(1553) 八月、村上義清当国退去の後、多胡大内蔵義際武田氏に属すると云う。伝記詳ならず」と誌されている。
 この多胡氏居館の跡地は、田子神社の東南東約百メートルの八幡平と呼ばれる高台に位置し、西方から南方にかけて幅員一〇~二〇メートルの濠状の低湿地が取り囲み、堀跡をしのばせていたが、現在は埋め立てられ、耕地や原野となっている。また、東方は田子池に接続する丘稜台地で、いかにも往昔の古館の跡を彷彿とさせる。

 平成二十四年十月 

  若槻地区住民自治協議会 田子区

---
若槻里城
若槻氏
村上義清
1881
田子
源義家

テキスト化

vision
2018-06-23 14:28 (32)
vision
vision
2018-06-23 14:25 (0)
vision
monumento
2018-06-23 14:12 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

vision (2018/06/11)
タグ: 明治天皇 御巡幸 北国街道 長野県 長野市
vision (2018/06/11)
タグ: 岩倉具視 明治天皇 auto-translate 39 御巡幸 北国街道 飯山城 長野県 長野市
vision (2018/06/23)
タグ: 善光寺 前田家 北国街道 長野県 長野市
vision (2018/06/23)
タグ: 地蔵 庚申塔 祇園祭 1719 長野県 長野市