Monumento

壺屋の荒焼のぼり窯附石牆

monumento

2013-08-01

タグ: 壺屋 焼物 沖縄県 那覇市

案内板

auto-translate ARA Tsuboya yaki climbing kiln with stone wall
County designated tangible cultural monuments 3/1973 19, designated Pottery of Tsuboya's 1682 (, s. King 14 years ) until it Misato while starting to integrate the three places had treasure mouth off chibana SHURI, Naha 湧田 kiln.
This kiln is reportedly one thing of communion, called 'kiln South ( フェーヌカマ ) and surviving rough kilns in only one.
Bake are ARA-Yachi mainly crock, jar, zushi jar. Using the slope at about 20 M in length and 3 M in width, the camaboco type been mortared clay. But partition inside the roof part is have prop, has become a tunnel-shaped.
Also consider water-resistant roof of red tile kilns covering, is supported in the Ryukyus coal pillars.
Has the role of Ryukyu coal rock still and stone wall surrounding the kiln Ashlar masonry stone walls that protect the kiln. Okinawa prefectural Board of education and the Naha City Board of education

auto-translate ARA 壶屋烧爬窑用石头砌的墙
县指定有形文化纪念碑 3/1973年 19 指定
壶屋的 1682年陶器 s.国王 14 年) 直到它三乡虽然开始整合的三个地方有宝藏口无遮拦拉拉首里,那霸湧田窑。此窑据报是一回事的圣餐,称为 ' 窑南 フェーヌカマ) 和生存中唯一一个粗糙窑。
烘烤是 ARA Yachi 主要缸、 罐、 寿司 jar。
使用在约 20 米的长度和宽度在 3 米的边坡,camaboco 类型被砂浆的粘土。但分区内的屋顶部分是有道具,已成为一个形隧道。此外考虑防水的红瓦屋顶窑覆盖物,在琉球煤柱支持。
有的琉球煤岩作用仍然和石头墙围方石砌石窑墙,保护窑。
冲绳县教育委员会和那霸市教育委员会

壺屋の荒焼のぼり窯附石牆
県指定有形文化財 建造物 昭和48年3月19日指定
焼物 のまち壺屋 は、1682年(尚貞王14年)それまで美里間切の知花首里の宝口、那覇の湧田にあった3ヶ所の窯場を統合したのに始まる。この窯は拝領窯の一つと伝えられており、「南の窯(フェーヌカマ)」と呼ばれ現存する荒焼窯で唯一のものである。
おもに酒甕、水甕、厨子甕等の荒焼を焼いている。
長さ約20M、幅約3Mで傾斜地を利用してカマボコ型に粘土で塗り固めてある。内部は屋根にあたる部分に支柱を設けてあるが間仕切りはなく、トンネル状になっている。また窯をおおう赤瓦の屋根は耐水性を考慮して琉球石炭の石柱で支えてある。
なお石牆とは窯の周囲を囲む琉球石炭岩の切石積みの石垣のことで、窯を保護する役目をもっている。
沖縄県教育委員会・那覇市教育委員会

テキスト化

monumento
2014-04-08 22:47 (358)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

monumento (2014/03/18)
タグ: 沖縄戦 壺屋 沖縄県 那覇市
wawa (2017/04/23)
タグ: 沖縄県 那覇市
monumento (2014/03/18)
タグ: 登り窯 壺屋 沖縄県 那覇市
ogaworks (2015/02/25)
タグ: 沖縄県 那覇市

関連書籍