Monumento

史跡 小林一茶旧宅

vision

2017-05-03

タグ: 小林一茶 終焉の地 長野県 信濃町

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Kochi Kobayashi Ochiai former house May 8, 1957 The designated haiku poet Kobayashi Isaka was born in Kashiwabara in 1763 (Honolulu 13) and went out to Edo at the age of 15 to become a Katsushika haiku. From around 30 years old, I went around Kansai, Shikoku and Kyushu to practice Haiku. After that, I returned to Edo again, studied under Natsume Narumi, and continued living life to travel around the Boso region. Ichi, who returned home at the age of 50, broke down his house or the field with his brother according to his will&39;s will. The northern half of the mansion became one of the tea ceremony, the south side became the one of the younger brother Yayoi, living by partitioning the house between the entrances 9. Besides, Ichiba handed over a cabinet with a gap of 3 and 3, a depth of 2. At the age of 52, she finally got married and had four children, but he died one after another and preceded his wife. Besides, it was cooked with a big fire at the post office, and on November 19, 1827 (Civil War 10), I closed the 65 year old lifetime with a burnt treasure. A girl was born between Ichigo&39;s death and his wife, and I have sent the Ichigo family to now. In the latter year &39;s cup of tea, while handing over the teacher&39; s guidance at Kita - shinano, I left many haiku as many as 20,000 phrases. After the large fire, a small townhouse between the interior 4 and the interior 4 is rebuilt in the younger brother &39;s house, and you can see the fun of Kashiwa Harajuku. After the main house where Ichi was living, designated as a national historic site in 1957 (Showa 32) year, a stone monument was built when he was 29 years old. Kimchi historical site Kobayashi Ichiga old house arrangement map December 2002 Shinano cho School Board of Education --- Kobayashi Isao&39;s end of the year

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 高知小林落合前故居1957年5月8日指定的ha句诗人小林谏雄于1763年(檀香山13)出生于柏原,15岁出江户,成为葛饰ha句。从30岁左右开始,我去了关西,四国和九州练习Hai句。之后,我再次回到江户,在夏目奈米之下学习,继续生活在博索地区。伊奇在50岁时回到家中,按照自己的意愿与弟弟一起破坏了他的房子或田野。北楼的一半成为茶道之一,南侧成为弟弟弥生之一,通过将房子分隔在入口9之间居住。此外,市场交出了3和3的差距,深度为2。 52岁时,她终于结婚并生了四个孩子,但他在他的妻子之前一个接一个地去世。此外,它在邮局被大火烧毁,1827年11月19日(内战10),我用一个烧焦的宝藏关闭了65岁的一生。一个女孩出生在Ichigo去世和他的妻子之间,我已经把Ichigo家族送到了现在。在后一年的一杯茶中,我在交付北大未来的老师的指导时,留下了许多ha句多达两万个词组。在大火之后,室内4与室内4之间的小型联排别墅在弟弟家中重建,您可以看到柏原宿的乐趣。 1961年(昭和32年)被指定为国立历史遗迹的伊契住的主要房屋之后,他29岁时建造了一座石碑。泡菜的历史遗址小林市一家老年人安排地图2002年12月信浓町教育委员会教育委员会---小林Is今年年底

史跡 小林一茶旧宅

1957(昭和32)年5月8日指定

 俳人小林一茶は、1763(宝暦13)年柏原に生れ、15歳で江戸に出て葛飾派の俳人となりました。30歳から6年余にわたり、俳諧修行のために関西・四国・九州を廻りました。その後、再び江戸にもどり、夏目成美(せいび)に師事し、房総地方などを巡回する漂泊の生活を続けました。
 50歳で帰郷した一茶は、父の遺言により家屋敷や田畑を弟とわけました。屋敷の北半分が一茶、南側が弟弥兵衛のものとなり、間口9間の家を仕切って暮らしました。他に、一茶は間口3間半、奥行2間2尺の土蔵を譲り受けました。52歳でようやく結婚し、4人の子どもをもうけましたが、次々に亡くなり妻にも先立たれました。その上、宿場の大火で類焼し、1827(文政10)年11月19日、焼け残った土蔵で65歳の生涯を閉じました。一茶没後、後妻との間に女子が生まれ、一茶家を今に伝えています。晩年の一茶は、北信濃で門人の指導にあたりながら、2万句にもおよぶ多くの俳句を残しました。大火後、弟の屋敷には、間口4間半、奥行4間の小さな町家が再建され、柏原宿のおもかげを見ることができます。
 1957(昭和32)年国史跡に指定され、一茶が暮らしていた母屋のあとに、29歳の帰郷のときよんだ句碑が建てられました。

 門の木も先つつがなし夕涼

 史跡 小林一茶旧宅配置図

 平成14年12月 信濃町教育委員会

---
小林一茶
終焉の地
 

テキスト化

vision
2018-06-24 12:57 (0)
vision
monumento
2018-06-24 12:52 (0)
monumento

コメント・周辺画像

vision vision 1年以上

#<User:0x007f91d9f00768> 一茶翁終焉之地

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

vision (2018/06/24)
タグ: 道標 北国街道 戸隠 1657 長野県 信濃町
vision (2018/06/24)
タグ: 本陣 小林一茶 北国街道 中山八宿 長野県 信濃町
vision (2018/06/24)
タグ: 宿場 小林一茶 1819 北国街道 1827 auto-translate 歴史の道 長野県 信濃町
vision (2018/06/23)
タグ: 本陣 宿場 小林一茶 北国街道 1818 信州鎌 auto-translate 歴史の道 39 長野県 信濃町