Monumento

 椿山荘

ryota_n

2018-06-24

タグ: 文京区 広島県 神田川 千葉県 山口県 長州 関口 早稲田 椿山荘 君津市 auto-translate 39 東京都 文京区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Chinzanso Sekiguchi 2-10-8 During the Edo era, this area was a pilgrimage house of Kuroda Yutaka Maemori (Kamusa Kurume riyan clan tried stone, now · Chiba prefecture Kimitsu city). After that, he was born in Choshu (Yamaguchi Prefecture), became a mansion of the former Isamu Yamagata prefecture (soldier / politician) of Meiji. It is said that the construction of the garden which skillfully utilizes the relief of the plateau and the valley and arranged two ponds is around 1897 in the Meiji era (1897). This place has long been a camellia growing abundantly, and the scenery which can overlook the Waseda field separating the Kanda river is wonderful and was said to be "Tsubakiyama". In Meiji era Yamagata Arimoto named "Chinzanso", many people including the Emperor visited. In the Taisho era it became owned by Hitaro Fujita Baron and was further developed as Lin Fan Riki Playground Garden where cultural assets from various places were arranged everywhere. Currently it is about 50,000 m in width. The triple tower in the garden was relocated from Yuzan Takebayashi Temple in Kami-gun, Kamo-gun, Hiroshima Prefecture in 1923, and was partially rebuilt, it is said to be built in the late Muromachi Period. Cultural Properties Cultivating One&39;s Love - Bunkyo Ward Board of Education Heisei 132

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Chinzanso Sekiguchi 2-10-8在江户时代,这个地区是黑田Y Ma Maemori(Kamusa Kurume riyan氏族试石,现在·千叶县君津市)的朝圣之家。后来,他出生在山竹县(Choshu),成为明治前Isamu Yamagata县(士兵/政治家)的大厦。据说在明治时代(1897年),熟练运用高原和山谷的浮雕和布置两个池塘的花园的建设大约在1897年。这个地方长久以来一直是丰富多彩的山茶,能看到分开神田河的早稻田的风景是美妙的,被称为“椿山”。在明治时代,山形有本命名为“Chinzanso”,包括皇帝在内的许多人参观了。在大正时代,它由Hitaro Fujita男爵拥有,并进一步发展为林凡里奇游乐场花园,各地的文化资产被安排到处。目前它的宽度约为5万米。花园三重塔于1923年从广岛县贺茂郡上寺竹山竹寺迁址,部分重建,据说建于室町末期。培养爱的文化财产 - 文京区教育委员会平成132

 椿山荘
  関口 2-10-8

 江戸時代、この地は黒田豊前守(上総久留里藩三万石、現・千葉県君津市)の下屋敷であった。
その後、長州(山口県)出身、明治の元勲山県有朋(軍人・政治家)の屋敷となった。台地と谷の
起伏を巧みに利用し、二段の池を配した庭の築構は明治30年(1897)頃といわれている。この
地は以前から椿が多く自生し、神田川 を隔てた早稲田 田圃を一望できる景色がすばらしく
「椿山」と言われた。明治になって山県有朋によって「椿山荘」と命名され、天皇をはじめ多
くの人々が訪れた。大正年間に藤田平太郎男爵の所有となり、各地からの文化財を随所に配
した林泉廻遊式庭園として、さらに整備された。現在約5万mの広さがある。園内の三重塔は
大正14年(1925)広島県 加茂郡河内町篁山竹林寺から移築し、一部改修したもので、室町時代
末期の建立といわれている。

  一郷土愛をはぐくむ文化財ー
 文京区 教育委員会
   
   平成14年3月

テキスト化

ryota_n
2018-06-25 16:36 (1)
ryota_n
ryota_n
2018-06-25 16:36 (2)
ryota_n
ryota_n
2018-06-25 16:35 (0)
ryota_n
ryota_n
2018-06-25 16:34 (0)
ryota_n
ryota_n
2018-06-25 16:17 (0)
ryota_n
monumento
2018-06-25 16:11 (0)
monumento

コメント・周辺画像

ryota_n ryota_n 約1年

椿山荘

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

ryota_n (2018/06/25)
タグ: 江戸 フランス ジョセフィーヌの鐘 築地 築地教会 関口教会 東京カテドラル大聖堂 auto-translate 39 東京都 文京区
hanacoco (2015/01/18)
タグ: 1858 マリア ベルナデツタ 1862 1911 東京都 文京区
gotosheng (2016/12/27)
タグ: 坂 新撰東京名所図会 東京都 文京区
gotosheng (2016/12/27)
タグ: 坂 東京都 文京区