Monumento

坂下宿

hamanobakeneko

2014/12/29

タグ: 東海道 宿場 宗長 山科言継 中原康富 足利義量 東海道名所図会 三重県 亀山市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Lodging house
In the first post went to ISE, Tokaido across the Suzuka pass from OMI. Case 0/1346 (1346), proceeded to the ISE Sangu, Shun Kyoto Go-Daigo-ji Temple Sambo Academy "day Hill, under the night Tarumi" and wrote ("k. t. Nikki").
As well as œI d 9 (1422) Nakahara, wealth is the 31 year Shogun Ashikaga Yoshikazu in Sangu per year here easy shi出 stand (Ki Sangu Muromachi period, ISE, Yasuhiro wealth Chronicles).
0/1524 (1524), renga bonotsu see that night enjoyed the foot of the Hill, (bonotsu notes) and then 0/1557 (1557) April and in August, Yamashina said 大竹屋 grandson taro accommodation apartment handed down that ("said Lord tokitsugu's diary '), such as is expected, at least in the Muromachi period-Juku was acting as the. However, and places destroyed by the deluge of 0/1650 (1650), was relocated to its present location the following year.
Furthermore, once the Katayama shrine under cleavage, is known as the "old town". Coming up is the hardest part of the Tokaido road, showing the hustle and bustle as 48 town of the Tokaido road in the Edo period, the Suzuka pass, shougun Lords hotel.
Tokaido counting Honjin sangenjaya, wakimoto team one, hatago 48 hotels in the latter half of Edo era's finest accommodation and on the Tokaido road meisho Zue "this widely-Juku's Honjin and world 名高shi (SNIP) Hokkaido first landlord," and was as noted.
But for 0/1890 (1890) plummeted pedestrian opening of the Kansai railway as the post ended.
3/2007 Kameyama City Board of education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 住宿的房子

在第一岗位去伊势,OMI 铃鹿传给整个东海道。
案例 0/1346年 (1346 年),前往伊势三姑,顺京都去醍醐寺寺三宝学院"夜幕垂水之下的天山"和写 ("k.t.Nikki")。 以及 œI d 9 (1422) 中原,财富是 31 年幕府将军足利义量在三姑每年在这里容易 shi出站 (Ki 三姑室町时代,ISE,康宏财富编年史)。
0/1524年 (1524),凡是坊津看到晚上享受山脚下的,(坊津笔记),然后 0/1557年 (1557) 四月山科说,在 8 月,大竹屋的孙子芋头住宿公寓传世,("说耶和华时嗣日记 '),如预计,至少在室町时期补习担任。
然而,地毁了潮水般的 0/1650年 (1650),次年迁往其目前的位置。 此外,一旦 Katayama 祠下劈裂,被称为"旧城"。
上来是最难熬的东海路,在江户时代,铃鹿通过,shougun 上议院酒店作为 48 镇东海路显示喧嚣和热闹。 东海道计数本阵三轩茶屋,胁本团队之一,在下半年的江户时代最好的住宿和东海路名所李雪"这广泛-补习的本阵和世界名高shi (切片) 北海道第一个房东,"哈塔格 48 酒店,如上所述。
但为 0/1890年 (1890) 暴跌行人开放的关西铁路作为后结束。
2007 年 3 月
龟山市教委

坂下宿

 東海道 を近江から鈴鹿峠を越え伊勢に入った最初の宿場 である。
 貞和二年(一三四六)、京都醍醐寺三宝院の賢俊は伊勢参宮に赴いた折、「昼坂ノ下、夜垂水」と記している(『賢俊日記』)。同様に応永ニ九年(一四二二)中原康富 が、同三一年に将軍足利義量 が参宮にあたり当地で小休止し出立している(『康富記』『室町殿伊勢参宮記』)。
 大永四年(一五二四)、連歌師宗長 は「その夜は坂の下の旅宿」(『宗長手記』)とし、弘治三年(一五五七)四月と八月には山科言継 が大竹屋孫太郎宿に泊っていること(『言継卿記』)などから、少なくとも室町時代には宿として機能していたとみられる。
 しかし、慶安三年(一六五〇)の大洪水で宿が壊滅し、翌年現在地に移転し復興された。なお、かつての宿は片山神社下の谷間にあり「古町」と呼ばれている。
 江戸時代には、東海道五十三次のうち四十八番目の宿場町として賑わいをみせ、東海道の難所である鈴鹿峠を控えて参勤交代の大名家の宿泊も多かった。江戸時代後半には本陣三軒、脇本陣一軒、旅籠四十八軒を数える東海道有数の宿となり、『東海道名所図会』には「此宿の本陣家広くして世に名高し(中略)海道第一の大家也」と記されるほどであった。
 しかし、明治二十三年(一八九〇)関西鉄道の開通により通行者が激減したため宿場としての役割を終えた。
平成十九年三月
亀山市教育委員会

テキスト化

tenma
2016-12-28 11:41 (592)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/12/25)
タグ: ocr-generated 三重県 亀山市
kawa_sanpo (2016/12/25)
タグ: ocr-generated 三重県 亀山市
hamanobakeneko (2014/12/29)
タグ: 東海道 宿場 坂下宿 宗長 山科言継 勢州鈴鹿郡坂下村検地帳 三重県 亀山市
kawa_sanpo (2016/12/25)
タグ: ocr-generated 三重県 亀山市