Monumento

東海道歴史文化回廊 坂下宿~鈴鹿峠

hamanobakeneko

2014/12/29

タグ: 東海道 宿場 坂下宿 宗長 山科言継 勢州鈴鹿郡坂下村検地帳 三重県 亀山市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Hokkaido history culture corridor slope lodging-Suzuka pass
Sakashita-Juku
Slope lodging is in the first post road from OMI (Shiga Prefecture) over the Suzuka pass into ISE (Mie Prefecture).
0/1524 (15 d 4), renga bonotsu see that night enjoyed the foot of the Hill, (bonotsu notes) and then 0/1557 (1557) April 1 and in August, Yamashina said 大竹屋 grandson taro accommodation apartment handed down that ("said Lord tokitsugu's diary '), such as is expected, at least in the Muromachi period-Juku was acting as the. Where was Hill boarding house is called the "old town" area to post destroyed in a cataclysm of September 0/1650 (1650). After the flood, slope lodging is approx. 1 km and moved to the East, flourished as a post town settlements.
According to the "State Suzuka County Sakashita village land survey book' was carried out on the flood previously 0/1637 (1637), the entire village of Sakashita had 111 hotels family shrines, in addition to that.

Now texts in stone walls, is reminiscent of the old days recalled.
Katayama shrine Katayama shrine, shrine, from Yumiko mountain worship had been, by the fire's 0/1294 (1 d 94) to ("Katayama Jinja Engi") was moved to its current location and is.
Before the Meiji period, is called "Suzuka Myojin" and "Suzuka gongen" Muromachi period, ISE Sangu Ki (œI 31, 14 d-4) also is written as "in front of Yomiuri Shimbun say Tin flower Princess.
Tokaido began from this steep "Suzuka 坂八 Ding 27 curved" and leads to the Suzuka pass, the hardest part of Hakone pass in the East and West of Suzuka pass said.
3/2012 Kameyama-Shi

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 北海道的历史文化走廊边坡住宿-铃鹿传递

Sakashita 补习
边坡住宿的地点是第一驿路的 OMI (滋贺县) 的铃鹿传递到 ISE (静冈县)。
0/1524年 (15 d 4),凡是坊津见夜享有山脚下的,(坊津笔记),然后 0/1557年 (1557) 4 月 1 日山科说,在 8 月,大竹屋的孙子芋头住宿公寓传世,("说耶和华时嗣日记),如预计,至少在室町时期补习担任。
哪里山寄宿的房子称为"老城"地区后, 毁于大灾变的 9 月 0/1650年 (1650)。 洪水之后,坡住宿约 1 公里,搬到东,作为邮政城镇住区蓬勃发展。 根据"国家铃鹿县 Sakashita 村庄土地调查书 ' 进行了洪水以前 0/1637年 (1637 年),Sakashita 整个村庄有 111 酒店家庭神龛,除此之外。
现在文本在石墙上,是让人想起旧天回顾。

片山神社
片山神社,神社,从由美子山崇拜已,通过火 0/1294 年 (1 d 94) 到 (Katayama 神社工程师") 被移动到其当前的位置,也就。 明治时期,被称为"铃鹿明神"和"铃鹿 gongen"室町时代之前,伊势三姑淇 (œI 31,14 d-4) 也是可以写成"在读卖新闻说锡花公主。
东海道开始从这陡峭"铃鹿坂八丁 27 弯"并导致铃鹿通行证,最难熬的箱根传递在东部和西部的铃鹿的通说。
3/2012
龟山石

東海道歴史文化回廊 坂下宿~鈴鹿峠

坂下宿
 坂下宿 は、東海道 を近江国(滋賀県)から鈴鹿峠を越えて伊勢国(三重県)に入った最初の宿場 である。
 大永四年(一五ニ四)、連歌師宗長 は「その夜は坂の下の旅宿」(『宗長手記』)とし、弘治三年(一五五七)四月と八月には山科言継 が大竹屋孫太郎宿に泊っていること(『言継卿記』)などから、少なくとも室町時代には宿として機能していたとみられる。
 このあたりは「古町」と呼ばれ、慶安三年(一六五〇)九月の大洪水で宿場が壊滅するまで坂下宿のあった所である。洪水後、坂下宿は約一キロメートル東へ移転し、宿場集落として繁栄した。なお、洪水以前の寛永十四年(一六三七)に実施された『勢州鈴鹿郡坂下村検地帳』によれば、坂下村全体で寺社のほかに百十一軒の人家があったとされる。
 今も所どころに石垣が残り、往時の面影が偲ばれる。

片山神社
 片山神社は、延喜式内社で、元は三子山に祭祀されていたが、火災により永仁二年(一ニ九四)に現在の場所に移された(『片山神社縁起』)とされる。明治以前は「鈴鹿明神」「鈴鹿権現」等と呼ばれ、『室町殿伊勢参宮記』(応永三十一、一四ニ四)にも「錫華姫と申す小社の前に」と記されている。
 東海道は、このあたりから「鈴鹿坂八丁二十七曲り」の急坂が始まり、「東の箱根峠、西の鈴鹿峠」と言われた街道の難所、鈴鹿峠へと続く。
平成二十四年三月
亀山市

テキスト化

tenma
2016-12-28 11:40 (599)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/12/25)
タグ: ocr-generated 三重県 亀山市
kawa_sanpo (2016/12/25)
タグ: ocr-generated 三重県 亀山市
hamanobakeneko (2014/12/29)
タグ: 東海道 箱根峠 亀山市教育委員会 鏡肌 スリッケンサイド 鈴鹿峠 三重県 亀山市
kawa_sanpo (2016/12/25)
タグ: ocr-generated 三重県 亀山市