Monumento

高札の解説について

hamanobakeneko

2014/12/29

タグ: 田村川橋 土山宿 滋賀県 甲賀市

案内板

auto-translate Explanation of tags
This high tag sentences is written content of the rules published on the Tamura River Bridge on the way from the magistrate's Office (by the book). To drown until Tamura River Bridge was River crossing at approximately 600 meters downstream from the bridge, was flooded whenever a traveler is going to deal bureaucrats tsuchiyama-Juku, struggling residents of the Inn was a lot.
Also, 川止me is repeated, the traveler had been pestering.

So with the permission of the shogunate, tsuchiyama-Juku who becomes the Center collecting money, change ever of the Tokaido road build new roads Tamura River wooden bridge to you now. "By December 23 day leap month 0/1775 (1775 years) can cross this bridge. When you pass people by the shogunate for traffic when crossing a bridge (and is a leap month in the lunar calendar, this year twice last December), the Samurai family in free. Also, farmers who live in the ticaz in the other fields across the bridge every day and must live people over rent is free. However, are supposed to take a worm, cross one horse per for shippers across the ride horse worm, as well as luggage per person for other residents and travelers in General. This rule is temporary, not the bridge as long as forever be. 』

auto-translate 标记的解释

这个高标记的句子是写规则发表从预审法官办公室的路上田村河上的桥上 (这本书) 的内容。
每当一位旅行者去处理的官僚土山补习,挣扎着客栈的居民在许多方面是要淹没直到田村河大桥从桥上走过,在大约 600 米下游跨河被水淹没。另外,重复了川止me,这位旅行者曾一直缠着。
所以幕府,土山补习成为中心收集钱,同意更改过的东海路兴建新道路田村河木桥到你现在。

"12 月 23 日前一天闰月 0/1775 (1775 年) 能否跨过这道坎。当你路过幕府为交通人当过一座桥 (和是在农历的日历中,闰月今年两次去年 12 月),免费的武士家庭。此外,那些生活在其他字段中 ticaz 穿过那座桥每一天,必须在租住人的农民是免费的。然而,应该采取一个蠕虫,跨一匹马每跨骑的马蠕虫,以及每人的行李托运人有权在一般情况下为其他的当地居民和旅游者。此规则是暂时的不只要永远的桥梁。』

高札の解説について

 この高札の文章は、田村川橋 について、道中奉行所から出された規則(定め書)の内容が書かれているものです。
 この田村川橋ができるまでは、この橋から約六百メートル程下流に川の渡り場がありましたが、大水が出るたびに溺れ死ぬ旅人が多く出たため、その対応に土山宿 の役人達をはじめ、宿の住民の苦労は大変なものでした。また、川止めも再三あり、旅人を困らされていました。
 そこで幕府の許可を得て、土山宿の人達が中心になりお金を集め、今までの東海道の道筋を変えて新しい道を造り、田村川木橋を架けることになりました。

『この橋を渡ることができるのは、安永四年(一七七五年)の閏月十二月の二十三日からである。(旧暦には閏月があり、この年は十二月が二回続く)この橋を渡る時、幕府の用で通行する人達や、武家の家族が渡る時は無料である。また、近村に住む百姓達の中、川向うに田畑があり、毎日橋を渡って生活しなければならない人達の渡り賃も無料である。しかし、それ以外の住民および一般の旅人については一人につき三文、また荷物を馬に乗せて渡る荷主についても馬一頭につき三文、渡り賃を取ることになっている。この規則は一時的なものでなく、橋があるかぎり永遠に続くものである。』

テキスト化

yuraichan
2014-12-30 17:46 (530)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hamanobakeneko (2014/12/29)
タグ: 海道橋 田村永代板橋 安藤廣重 土山の町並みを愛する会 甲賀市教育委員会 滋賀県 甲賀市
hamanobakeneko (2014/12/30)
タグ: 一里塚 東海道一里塚跡 大森慶司 土山町教育委員会 auto-translate 家康 滋賀県 甲賀市
hamanobakeneko (2014/12/29)
タグ: 三重県 亀山市
hamanobakeneko (2014/12/29)
タグ: 東海道 箱根峠 亀山市教育委員会 鏡肌 スリッケンサイド 鈴鹿峠 三重県 亀山市
hamanobakeneko (2014/12/29)
タグ: 三重県 亀山市
hamanobakeneko (2014/12/29)
タグ: 三重県 亀山市
hamanobakeneko (2014/12/30)
タグ: 今在家一里塚 今在家村地券取調総絵図 今郷好日会 滋賀県 甲賀市
hamanobakeneko (2014/12/29)
タグ: 歌川広重 筆捨山 鈴鹿川 岩根山 狩野法眼元信 亀山市教育委員会 伊勢参宮名所図会 三重県 亀山市