Monumento

東海道水口

hamanobakeneko

2014/12/30

タグ: 伊勢参宮名所図会 東海道水口 水口岡山城 関ケ原合戦 広重 滋賀県 甲賀市

案内板

auto-translate Tokai road mizuguchi
Hotel is opened the way by mizuguchi, developed by the way.
This area from ancient times to Dongguk or street road to ISE, Californians like was in frequent 繫 has opened as the Shinjuku Mura in the Muromachi period shoguns ISE Sangu closed nights has as, is also in market place.
But able to base the town lead to the current 0/1585 ( 1585 ) Hideyoshi ordered the vassals to of Nakamura Castle (mizuguchi Okayama Castle) That have established.
At this village at the foot of the Castle, City Foundation was formed in 15, between the Lords third.
Mizuguchi ( 1601 ), 0/1601 of the Sekigahara battle next year began development of the transportation system he establish Tokai Road station to specify that key towns and villages, backhaul provides rapid transportation of the 公用人 horse, even district was designated at this station and walked as the Tokaido road fiftieth post town until the early Meiji period. Traffic system purpose was to transport official cargo customer, but gradually aimed one-way transport of general cargo, or mountain and visit ordinary people became active, Inn and merchant town will very much bustling, its streets East and West 2 km too had.
Road branched off into three streaks of the eastern town of forms is particularly unusual.
Minakuchi-Juku, mishuku in Koka County's largest, according to the records of the 0/1843 ( 1843 ) home number 692 ( of Hatagoya 41 ) counted other small but mizuguchi clan Samurai, accounted for itself as a center of kōka district, Shiga. Affected by such developments, prominent writers stay, in Kyoho minakuchi shrine festivals hikiyama circumambulation as now.
Also known thousand gourd Hiroshige Ukiyo-e also known as a specialty of the town at the time, GE crafted, pipe and Loach soup etc.

Furthermore, this monumental place is the trace of the Honjin at that time.

"ISE Sangu meisho Zue" (Kansei 9 years) than Minakuchi-Cho

auto-translate 东海路 mizuguchi

酒店是由 mizuguchi,顺便发展开辟了道路。
这一领域从远古时代到金容或本校的街路,像加州在频繁去开辟如 Shinjuku Mura 在室町时期幕府伊势三姑夜关闭了因为在市场上也是。
但能够根据当前的 0/1585年 1585年) 镇导致丰臣秀吉下令属于中村裕子城堡 (mizuguchi 冈山城)
已确立。在这个村子里的城堡脚下,市基金会成立 15 上, 议院之间第三。
Mizuguchi 1601年),0/1601 的关原战场明年开始他建立东海路站来指定关键的城镇和村庄,回程提供快速运输的公用人马,甚至区被指定在此站和作为五十邮政镇东海路走直到明治初期的交通系统的发展。
交通系统目的运输正式货物的客户,但逐渐目的单向运输一般货物或山和参观普通民众变得活跃,酒店和商业城将非常繁华,东、 西 2 公里也有它的街道。路分支成三条纹的东部小镇的形式是特别不寻常。
水口补习,见宿 Koka 县最大的根据 0/1843年 1843年) 家的电话号码 692 Hatagoya 41) 的记录计数其他小但 mizuguchi 族武士,占本身作为中心的 kōka 区,滋贺县。
受这种事态发展,著名作家留下来,在巨峰水口神社节日肥喜山朝圣和现在一样。当时,GE 精雕细琢,管道和泥鳅汤等也知道一千个葫芦浮世绘广茂也被称为该城的特产。
此外,这个不朽的地方在当时是本阵的痕迹。

"伊势三姑名李雪所"(感性 9 年) 比

水口町

東海道水口

水口は道によって開け、道によって発展した所です。
 この地は古くから東国へあるいは伊勢への道が通り、人々の往来が頻繫であったようですが、室町時代には伊勢参宮の将軍家が休泊しているように宿村として開け、また市が立つ所であったようです。
 しかし、現在につながる町の基ができたのは、天正十三年(一五八五)秀吉が家臣の中村一氏に命じて城(水口岡山城
を築かせてからのことです。この時山麓の集落は城下町となり、城主三代、十五年の間に市街地の基礎が形成されました。
 関ケ原合戦 の翌年の慶長六年(一六〇一)、交通体系の整備に取りかかった徳川氏は、東海道を整備しその要所の町や集落を宿駅に指定、公用人馬の迅速な輸送に備えましたが、直轄地でもあった水口はこの時宿駅に指定され、明治初年まで東海道五十番目の宿場町として歩みました。
 宿駅制度の目的は公用貨客の輸送にありましたが、徐々に一般貨客の通行輸送、あるいは遊山・参詣を目的とした庶民の往来が盛んとなり、旅籠や商家が建ち並び、町は大いににぎわい、その町並みは東西二キロ余りに及びました。このうち東部市街の三筋に分岐した道路の形態は、特に珍しいものとされています。
 水口宿は甲賀郡内の三宿中最大の規模で、天保十四年(一八四三)の記録によれば、家数六九二(うち旅籠屋四十一)を数え、この他に小規模ながらも水口藩の武家地が加わり、甲賀郡の中心としての地位を占めました。
 このような発展を受けて、著名文人の滞在があったり、享保年間には水口神社の祭礼に曳山が巡行するようになりました。また当時の宿場の名物として、広重 の浮世絵でも知られる千瓢・葛細工・煙管・泥鰌汁等が知られています。
 なお、この碑のある場所は当時の本陣の跡です。

伊勢参宮名所図会』(寛成九年)より

水口町

テキスト化

yuraichan
2014-12-30 14:22 (758)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hamanobakeneko (2014/12/30)
タグ: 伊勢参宮名所図会 林口五十鈴神社 東見付 江戸口 水口宿 水口藩 水口宿色絵図 滋賀県 甲賀市
hamanobakeneko (2014/12/30)
タグ: 八坂神社 水口城 天王口御門 牛頭天王社 auto-translate 林口五十鈴神社 滋賀県 甲賀市
hamanobakeneko (2014/12/30)
タグ: 一里塚 水口城 五十鈴神社 滋賀県 甲賀市
hamanobakeneko (2014/12/30)
タグ: 北脇縄手 滋賀県 甲賀市
hamanobakeneko (2014/12/30)
タグ: 今在家一里塚 今在家村地券取調総絵図 今郷好日会 滋賀県 甲賀市
hamanobakeneko (2014/12/30)
タグ: 野洲川 東海道泉一里塚 水口町教育委員会 滋賀県 甲賀市
hamanobakeneko (2014/12/30)
タグ: 東海道横田渡 鈴鹿山脈 野洲川 横田川 伊勢参宮 横田河橋 東海道十三渡 杣川 滋賀県 甲賀市
hamanobakeneko (2014/12/30)
タグ: 一里塚 東海道一里塚跡 大森慶司 土山町教育委員会 auto-translate 家康 滋賀県 甲賀市