Monumento

品川区指定有形文化財

itog

2015-01-01

タグ: 徳川家光 品川区教育委員会 堀田正盛 亀岡政重 後藤光利 東京都 品川区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate River district designated tangible cultural property

Location North Shinagawa-Sanchome, 7-15, Shinagawa shrine
Shinagawa shrine stone Torii lined basin

Designated 11/22/1978 (building # 1) Stone Torii and basin (semi-submerged) donated 0/1648 (1648) of third Shogun Tokugawa Iemitsu and Hotta masamori (Chiba) shimousa Sakura Castle, in the priceless stone artifacts with.

And donor inscriptions on Torii 0/1762 (176 d) of repair are inscribed.
Shinagawa shrine stone lantern 1 pair

Designated 11/22/1978 (building No. 2) 0/1648, Kameoka masashige (Masons) and goto optical advantage (twin sword furniture sculpture Eng) donated the placed Sengen shrine, but originally was set up in front.

Was made early in the Stone lanterns remained in Tokyo as high value as a stone relic of the early Edo period.
Mikoshi Kazuki (treasures, laid to rest)

Designated 3/14/1989 (craft No. 3) In the shrines of 鳳輦 put Phoenix on the roof. At a square cylinder on the roof, torso front and karato hanging with gilt plate of the Peony Arabesque sentence line engraving of the other three. Cover with gilt bronze plates were pressed into the roof to Tachibana, of trefoil Hollyhock is hammered on all four sides.
Body part is larger than the roof, plus at least for the sculpture is considered to be a profound and simple style, which was produced in the early Edo period.
3/31/1999 Shinagawa City Board of education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 江区指定有形文化财产
7-15,品川神社北品川,三丁目位置

品川祠石牌坊内衬盆地
指定 1978/11/22 (大厦 # 1)

石牌坊和盆地 (半潜) 捐赠 0/1648年 (1648) 三幕府将军德川德川家光和堀田正盛 (千叶县) shimousa 樱花城堡,在与无价的石制品。 与捐助者金文牌坊 0/1762 (176 d) 的修复都刻。

品川神社石灯笼 1 对
指定 1978/11/22 (号 2 号楼)

0/1648 年,山阴 masashige (石匠) 和转到光学优势 (双剑家具雕塑 Eng) 捐赠放置的浅间神社,但最初建立在前面。 早在石灯笼留在东京作为高值作为江户初期石材文物了。

神舆科瓦莱宁 (宝物,安息)
指定 1989/3/14 (工艺号 3)

龛的鳳輦在凤凰城的屋顶上。 在屋顶上的方柱,躯干前面和 karato 一起镀金牡丹花纹句线雕刻的其他三个的板块。 镀金青铜板盖被压入到立花美,三叶蜀葵锤所有四个边的屋顶。 正文部分是大于屋顶,再加上至少为雕塑被认为是一种深刻和简单的风格,产生了早期的江户时代。
1999/3/31
品川市教委

品川区指定有形文化財
所在 北品川三丁目七番十五号 品川神社

品川神社石造鳥居並水盤
指定 昭和五十三年十一月二十二日(建造物第一号)

 石造鳥居と水盤(水船)は、下総(千葉県)佐倉城主で三代将軍徳川家光 の側近・堀田正盛 が、慶安元年(一六四八)に寄進したもので、ともに貴重な石造遺物である。鳥居に、寄進銘と宝暦十二年(一七六ニ)の修理銘が刻まれている。

品川神社石造灯籠 一対
指定 昭和五十三年十一月二十二日(建造物第二号)

 慶安元年に、亀岡政重(石工)と後藤光利(装剣具彫刻工)が寄進したもので、浅間神社の参道に置かれているが、もとは拝殿前に設置されていた。都内に残っている石造灯籠の中でも早い時期に製作されたもので、江戸時代初期の石造遺物として価値が高い。

神輿一基(宝物殿安置)
指定 平成元年三月十四日(工芸品第三号)

 屋上に鳳凰を置く鳳輦型の神輿である。台上に円柱を方形に立てて屋根を支え、胴の前部を唐戸にし、他の三面を牡丹唐草文毛彫の金銅板で飾っている。屋根には立花文を型押しした金銅板で覆い、三葉葵の紋を四方に打ち出している。屋根に比べて胴部が大きく、その上彫刻が少なく、簡素で重厚な作風であり、江戸時代前期に製作されたものと考えられる。
平成十一年三月三十一日
品川区教育委員会

テキスト化

tenma
2016-11-14 08:55 (545)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

itog (2015/01/01)
タグ: 徳川家光 品川区教育委員会 品川宿 嶋田長太郎 東京都 品川区
itog (2015/01/01)
タグ: 品川区教育委員会 1872 品川神社 1583 天王祭 太太神楽 東京都 品川区
hanacoco (2015/05/29)
タグ: 江戸東京の農業 品川ネギとカブ 品川カブ 東京都 品川区
hanacoco (2015/05/29)
タグ: ocr-generated 東京都 品川区