Monumento

千鳥ヶ淵戦没者墓苑

vision

2018/08/03

タグ: 千鳥ヶ淵戦没者墓苑 環境省 昭和天皇 世界最大級 厚生労働省 東京都 千代田区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Torikabuchi war dead cemetary here The Chidorigafuchi war dead cemetery has been built in March 1954 by the nation "Unknown Battle Warrior" in order to pay the remains of the war dead who died abroad in the last great war Tomb of the. The remains that are put here are those collected by the government delegation from 1954 and those brought back by troops and individuals returned from abroad after the war and were sacrificed not only to soldiers but also to overseas It also includes general Japanese, and anything that can not be handed over to the bereaved family. About the bone room The remains of the bone are placed in a basement colonnade below the pot sarcophagus placed in the center of Hexagon temple and in a basement crypt room at the front of Hexagon Doro which was expanded in March 1991 and March 2000 We will. About the pottery coffin The ceramic coffin is modeled as a coffin of the ancient Japanese ancient clan model, and it is the world&39;s largest ceramics with a weight of 5 tons treated with high heat of 1,700 degrees, using the pebbles collected from major theaters. Among them, there is a bronze jug of golden copper tea pot which is emperor of Showa Emperor, and the remains representing the war dead are put in it. Ministry of Health, Labor and Welfare Ministry of the Environment Chidorigafuchi war dead cemetery world&39;s largest Showa Emperor Employee Ministry of Health, Labor and Welfare Ministry of the Environment

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Torikabuchi战争死亡墓地Chidorigafuchi战争死亡墓地于1954年3月由国家“Unknown Battle Warrior”建造,以支付在最后一场大战中死于国外的战争死者的遗体墓的。这里放置的遗骸是政府代表团从1954年收集的遗骸,以及战后从国外返回的部队和个人带回来的遗骸,不仅牺牲给士兵而且还牺牲给海外它还包括一般日本人,以及任何无法交给死者家属的东西。关于骨头房间骨头的残骸被放置在位于海克斯康寺中心的盆石棺下方的地下室柱廊中,以及位于Hexagon Doro前方的地下室地下室,该房间于1991年3月和2000年3月扩建我们会的。关于陶器棺材陶瓷棺材被模仿为古代日本古代氏族模型的棺材,它是世界上最大的陶瓷,重量为5吨,使用从主要剧院收集的鹅卵石,经过1700度的高温处理。其中,有一个青铜壶,是昭和天皇的金铜茶壶,代表战争死者的遗体被放入其中。厚生劳动省卫生和劳动部Chidorigafuchi战争死亡墓地世界上最大的昭和天皇员工厚生省劳动和福利部

千鳥ヶ淵戦没者墓苑

ここ千鳥ヶ淵戦没者墓苑は、先の大戦において海外で亡くなられた戦没者の御遺骨を納めるため、昭和34年3月、国により建設された「無名戦没者の墓」です。
ここに納められている御遺骨は、昭和28年以降政府派遣団が収集したもの及び戦後海外から帰還した部隊や個人により持ち帰られたもので、軍人軍属のみならず、海外において犠牲となられた一般邦人も含まれており、いずれも遺族に引き渡すことのできないものです。

納骨室について
御遺骨は、六角堂の中央に置かれた陶棺の下の地下納骨室及び平成3年3月及び平成12年3月に増設された六角堂奥正面の地下納骨室
に安置されております。

陶棺について
陶棺は、型式をわが国古代豪族の棺に模したもので、主要戦域から収集した小石を材料とし、1,700度の高熱で処理した、重量5トン
の世界最大級の陶製品です。この中に、昭和天皇御下賜の金銅製茶壺形の納骨壺があり、戦没者を代表する御遺骨が納められています。

厚生労働省・環境省

千鳥ヶ淵戦没者墓苑
世界最大級
昭和天皇
厚生労働省
環境省

テキスト化

vision
2018-08-03 20:26 (10)
vision
monumento
2018-08-03 20:22 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

vision (2018/08/03)
タグ: 千鳥ヶ淵戦没者墓苑 東京都 千代田区
vision (2018/08/04)
タグ: 吉田松陰 千鳥ヶ淵 片山東熊 松下村塾 インド大使館 品川弥二郎 山縣有朋 農林水産省 東京都 千代田区
vision (2018/08/04)
タグ: 東京大学 千鳥ヶ淵戦没者墓苑 開成学校 千鳥ヶ淵 田村剛 賀陽宮 auto-translate 1945 空襲 39 東京都 千代田区
vision (2018/08/04)
タグ: 石垣 千鳥ヶ淵 日本武道館 東京都 千代田区