Monumento

風雪に耐えて八十年

vision

2018-07-23

タグ: 比叡山 ケーブルカー 比叡山鉄道株式会社 滋賀県 大津市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Eighty years since the end of the wind snow, a construction plan for cable cars occurred at the east foot of this Luo Hen Hiei in Taisho Eighty Years, eighty years ago. Following various transitions, Hiei Mountain Railway Co., Ltd. was founded in November 2003, construction work began on November 3rd, 14th. It was a difficult situation to lay tracks while setting two stages and seven bridges in the mountains with an altitude difference of over 48 meters. At that time, bovine horse and input were central and there was something that the hardship of people exceeded imagination. There is a machine room at the Yamagami station on the cable car and we use a wire rope to raise the vehicle that you will ride. For this reason, we needed to send electricity from the foot and many iron columns were set up along the railroad tracks. Since its establishment on March 15, Showa era, steel columns have been sending electricity while withstanding wind and snow. However, as aging has progressed over the years and weather conditions, it has become more susceptible to natural disasters. For this reason, we proceeded with the removal of steel columns from Heisei 16 and completed successfully at the end of April this year. The steel column which had fifty-six plants due to this incident disappeared, and only the rail became the one to convey the figure at the time of construction. This year marks the eight decades since the start of business, one of history disappeared strangely in that year. For this reason, I kept permanently preserved the upper half of the second column "No. pillar" from Sakamoto station at the foot as a monument. The steel pillar that has kept watching the flow of the times and many passengers warmly welcomes you while praying for the history of history at the entrance of Sakamoto station and praying for safety in the road. Heisei 19th Hiezan Railway Co., Ltd. --- Hiei Cable Car Hieiyama Railway Co., Ltd.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 风雪结束八十年后,八十年前在大正八十年的罗鹤轩东麓发生了缆车建设计划。经过各种转型,Hiei Mountain铁路有限公司成立于2003年11月,建设工作于11月3日,14日开始。在高山差距超过48米的山区设置两个阶段和七个桥梁时,铺设轨道是一个困难的情况。那时候,牛马和投入是核心,有些东西让人们的困难超乎想象。缆车上的Yamagami车站有一个机房,我们用钢丝绳抬起你将要乘坐的车辆。出于这个原因,我们需要从脚发电,沿着铁轨设置了许多铁柱。自昭和3月15日成立以来,钢柱在抵御风雪的同时一直在发电。然而,随着年龄和天气条件的老龄化,它变得更容易受到自然灾害的影响。因此,我们继续从平成16号拆除钢柱,并于今年4月底成功完成。由于这次事故,有56个工厂的钢柱消失了,只有钢轨成为在施工时传送图形的钢轨。今年是商业开始以来的八十年,其中一个历史在那一年奇怪地消失了。因此,我作为纪念碑永久地保留了作为纪念碑的坂本站的第二列“号柱”的上半部分。在坂本车站入口处祈祷历史,祈求道路安全的同时,一直关注着时代潮流的钢柱和许多乘客热烈欢迎您。平成19 Hiezan铁路有限公司--- Hiei Cable Car Hieiyama铁路有限公司

風雪に耐えて八十年

 今から、八十余年前の大正八年、この霊峰比叡山の東麓にケーブルカーの建設計画が起こりました。さまざまな変遷を経て、大正十三年比叡登山鉄道株式会社が設立され、大正十四年十一月三日に建設工事が開始されました。これは、標高差四八十メートル余りの山中に二箇所の随道、七箇所の橋梁を設けながら、軌道を敷設する難エ事でした。当時は牛馬と人カが中心で、人々の苦労は想像を超えるものがあったでしょう。
 ケーブルカーは山上の駅に機械室がありワイヤーロープを使って皆さんのお乗りになる車両を引き上げています。このため、麓から電気を送る必要があり沿線に多くの鉄柱が立てられました。
昭和二年三月十五日の開業以来鉄柱は風雪に耐えながら電気を
送り続けてきました。しかし長い年月と気象条件の中で老巧化が進み自然災害の影響を受けやすくなってきました。
このため、平成十六年より鉄柱撤去工事を進め、本年四月末に無事完成しました。このエ事により五十六基あった鉄柱は姿を消すことになり、建設当時の姿を伝えるものとしては、レールのみとなりました。
 本年は営業開始以来八十年を迎え、奇しくもその年に歴史のひとつが姿を消しました。このため、麓の坂本駅から数えて二番目「ニ号柱」の上部二分の一をモニュメントとして、永久保存しました。時代の流れと多くのご乗客を見守り続けてきた鉄柱は、ここ坂本駅の玄関で歴史の名残を留めながら、皆様を温かくお迎えすると共に道中の安全をお祈りしてくれることでしょう。

  平成十九年六月
   比叡山鉄道株式会社
---
比叡山
ケーブルカー
比叡山鉄道株式会社

テキスト化

vision
2018-09-14 13:44 (0)
vision
monumento
2018-09-14 13:34 (0)
monumento

コメント・周辺画像

vision vision 9日

#<User:0x007ff672be94a0> 登録有形文化財 比叡山鉄道 ケーブル坂本驛

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

vision (2018/09/14)
タグ: 国司 比叡山鉄道株式会社 土佐日記 南国市 紀貫之 934 滋賀県 大津市
vision (2018/09/14)
タグ: 比叡山鉄道株式会社 山田恵諦 滋賀県 大津市
vision (2018/09/05)
タグ: 滋賀県 大津市
vision (2018/08/16)
タグ: auto-translate 39 石垣 延暦寺 日吉大社 里坊 1975 滋賀県 大津市