Monumento

韮神山

kawa_sanpo

2018/10/08

タグ: 庚申 馬頭観世音 奥州街道 金華山 奥の細道 建設省 韮神山 白石川 文治の役 芭蕉の碑 村井江三 憚りの関 藤原実方 三十三観音 遷大悲閣の碑 にらがみ坂 湯殿山 金峯山 山神 村田町教育委員会 仙台工事事務所 宮城県 村田町

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 韮 Kamiyama This is the place where the Oshu Highway going from Edo to Sendai passed.韮 Kamiyama is a mountain of monstrous monstones facing the Shiraishi River facing this street and also an old battlefield of the role of Bunriji, and its scenery has caught the traveling history of many people who passed from here for a long time. In April of 1967, part of the mountain was lost because of the business related to Shibata bypass construction on the national highway 4, but the old remnants remain. Many yellowtails were growing on the top of the mountain, so the residents worshiped this as the spirit of the god of the mountain, and this gave birth to the name of Kamiyama. Basho &39;s Monument Genroku 2nd year (1689) When early summer on May 4, when Hakusai Basho was traveling in the back street, it passed under Kamiyama. Ogawara &39;s haiku, Murai Ezo, loved the beauty of the mountain water in Kamiyama area and built a monument of Basho who had always been respected. It is about Hirokasa 3 (1846). That phrase is a camellia of Ogasawara It is a camellia. A fairy tale of a fairytale was found in the eastern highway (the Oshu highway) under the Heian God mountain during the Heian period. The monument here is engraved with a honorable man as a peaceful singer, Mr. Fumihara Fumihara singing something that is comfortable and embarrassing. It was built in February the first year Moshiharu (1658). Thirteen Monuments of the Kannon and the Transcendental Shinkaku The Third Year of Monkey Government (1820) Many of the Ogawara Village gathered sand and stones from the temple of the Thirteen Sannin Kannon of the West Nation. I buried it here and tried to shift the spirit of the Kannon, but I died before I did not do it. His first brother succeeded his father&39;s spirit and received the donation of many people such as Kanagase and Numaba, beginning with the second year of Hirokasa (1845) Okawara, and placing the stone Buddha of Thirty-three Guanyin in Kamiyama did. It is a monument of the transit colony that was built in the year 1851, which carved its origin. After that the stone Buddha was damaged or lost, and only 19 bodies remained. It is the present figure that gathered it at the summit. In addition to this, I transferred the six monuments of Yuzuyama, Kanemineyama, Masakane Kannon, Kinka mountain, Yamasaki and Toshinari, which were in the former pastor&39;s slope which is about 100 meters west from here. For further details, please contact Murata Town Board of Education. November Showa Sendai Construction Office, Ministry of Construction

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 韭玉神山这是从江户到仙台的奥州高速公路经过的地方。韭兰神山是一座巨大的巨石,面向白石河,面向这条街,也是Bunriji角色的古老战场,其景色吸引了很多人从这里经过很长一段时间的旅行历史。 1967年4月,由于与4号国道上的柴田旁路建设有关的业务,部分山区失去了,但旧遗迹仍然存在。许多黄尾鱼正在山顶上生长,所以居民们将其视为山神的精神,这就产生了神山的名字。 Basho&39;s Monument Genroku第二年(1689年)5月4日初夏,当Hakusai Basho在后街旅行时,它在Kamiyama下面经过。 Ogawara的ha句,Murai Ezo,喜欢Kamiyama地区山水的美丽,并建造了一个一直受到尊重的Basho纪念碑。这是关于Hirokasa 3(1846)。那句话是小笠原的山茶花。它是山茶花。在平安时代的平安神山下的东部高速公路(奥州高速公路)发现了一个童话童话故事。这里的纪念碑上刻有一位名叫和平歌手的光荣男子,文原文原先生唱出一种既舒适又令人尴尬的东西。它建于二月的第一年Moshiharu(1658年)。观音的十三座纪念碑和先验的Shinkaku猴年政府的第三年(1820年)许多Ogawara村从西部十三世的Sannin Kannon寺庙中收集了沙子和石头。我把它埋在这里并试图改变观音的精神,但是在我不这样做之前我就死了。他的第一个兄弟继承了他父亲的精神,并接受了许多人的捐赠,如Kanagase和Numaba,从Hirokasa(1845)Okawara的第二年开始,并将三十三观音的石佛放在神山我做到了。它是1851年建造的过境殖民地的一座纪念碑,它的历史就是它的起源。在此之后,石佛被损坏或丢失,只剩下19具尸体。目前的数字是在峰会上收集的。除此之外,我转移了Yuzuyama,Kanemineyama,Masakane Kannon,Kinka山,山崎和Toshinari的六个古迹,这些古迹位于距离这里约100米的前牧师斜坡上。有关详细信息,请联系村田镇教育委员会。 11月昭和仙台建设办公室,建设部

韮神山
 ここは、仙台から江戸にのぼる奥州街道 が通っていたところです。韮神山は、この道に臨み白石川 に面する、奇岩怪石の山で、文治の役 の古戦場でもあり、その景観は、昔からここを通る多くの人たちの旅情をなぐさめました。
 昭和五十六年四月、国道四号柴田バイパス工事に係る事業のため、山の一部が失われましたが、昔の面影が残っています。
 山の上には多くの黄韮が自生していたので住民がこれを山の神の霊としてあがめ、このことから韮神山の名が生れました。

芭蕉の碑
 元禄二年(# 1689)旧五月四日、初夏の頃、俳聖芭蕉が奥の細道 の旅のとき、韮神山の下を通りました。
 大河原の俳人、村井江三 は、韮神山一帯の山水の美を愛し、かねて尊崇していた芭蕉の句碑を建てました。弘化三年(# 1846)のことです。
 その句は 鶯の 笠おとしたる 椿かな です。

憚りの関 の歌碑
 憚りの関は、平安時代韮神山の下の東街道(後の奥州街道 )にありました。
ここにある歌碑は、平安の歌人、藤原実方 の歌で
 やすらわで おもい立にし みちのくに
 ありけるものを 憚の関
と刻まれています。万治元年(# 1658)二月に建てられたものです。

三十三観音遷大悲閣の碑
 文政三年(# 1820)大川原村の万吉が、西国三十三観音の霊場より、砂や石をあつめて帰りました。それをここに埋め、観音の霊を遷そうとしま
したが、果さないうちに没しました。その子の初吉が父の志を継ぎ、弘化二年(# 1845)大河原を初め、金ヶ瀬・沼辺などの多くの人々の寄進を受けて、三十三観音の石仏を韮神山に安置しました。その由来を刻んだのが、嘉永四年(# 1851)年に建てられた遷大悲閣の碑です。その後石仏は、破損したり、失われたりして、十九体だけが残っています。それを山頂に集めたのが現在の姿です。
 このほか、ここから約百メートル西の昔のにらがみ坂 のところにあった湯殿山金峯山馬頭観世音金華山山神庚申 の六碑をここに移しました。詳しいことは、村田町教育委員会 にお尋ね下さい。
昭和六十年十一月
建設省  仙台工事事務所

テキスト化

tenma
2018-10-20 20:02 (0)
tenma
monumento
2018-10-08 16:07 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2018/10/08)
タグ: 東 陸羽街道 町村界標 柴田町と村田町 西 町村制 柴田町文化遺產活用美行委員会 auto-translate 槻木村 沼邊村 宮城県 村田町
kawa_sanpo (2018/10/08)
タグ: 奥州街道 如意輪観音堂 大泉源十郎 大河原宿 角田 亘理道 馬頭観世音碑 大河原町教育委員会 宮城県 大河原町
kawa_sanpo (2018/10/08)
タグ: ocr-generated 宮城県 大河原町
kawa_sanpo (2018/10/08)
タグ: 高野山 南蛮鉄烏居 木食上人行観と 柴田郡 大出和四郎 藤原治具 宮城県 大河原町