Monumento

二本松藩丹羽家上屋敷跡出土の石垣石材

kawa_sanpo

2018/10/11

タグ: 二本松市教育委員会 二本松藩丹羽家上屋敷跡出土の石垣石材 上屋敷跡 丹後 峯山藩 京極家上屋敷 東京都埋蔵文化センター 溜池遺跡 東京都教育庁 福島県 二本松市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Nihonmatsu clan The Niwa house Ishigaki stone found at Kamiyashiku site Excavated stone material here is found at the boundary Ishigaki bound for Kanpo house Kamiyashiki of the neighboring Tango (Kyoto) clan pavilion next door which was excavated from the Niwamatsu clan Niwa family by the excavation survey It is a part of the stone used. Ishigaki excavated was reloaded by reusing the original stones and the foundations stones of the building after the lunar calendar (3/1657), and there are traces of fire received much . Following the construction of the new House of Representatives building in the Nagatacho 2-chome Tokyo district, the Tokyo Metropolitan Burial Culture Center began work on July 2006 for the purpose of preserving records. The area was named "Tameike ruins" in the Edo era when the nationwide clans of the national clans densely, the surveyed area of ​​this time is a part of the Niwa family Kamiyashiki, which is the part of the tenement house where the vassals reside Before the survey thing was found by picture material etc. As a result of the survey, the warehouse · Nagaya building trace, underground storage room trace, well trace, ruins, garden trail, stone wall etc were excavated. In addition to the large amount of tiles with Niwa family crests, ceramics such as bowls and dishes, as well as many other everyday living gear tools such as tags, clogs, chopsticks, smoke pipes, stones, wheels, etc. have been excavated. Upon completion of the survey, with the advice and cooperation of the Tokyo Metropolitan Government Building Ecological Culture Center, Tokyo Metropolitan Government Office of Education, the Tokyo Metropolitan Government Office of Education, we transferred a part of Ishigaki from the House of Representatives on October 23, 2007, and exhibited and released it It was. March 2008 Nihonmatsu City Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Nihonmatsu氏族在Kamiyashiku遗址发现的Niwa房子石垣石在这里挖掘出的石材是在邻近的Tango(京都)氏族馆的Kanpo house Kamiyashiki的边界石垣被发现从邻近的Niwamatsu氏族Niwa家族挖掘出来的挖掘调查它是所用石头的一部分。在农历(3/1657)之后重新使用原始的石头和建筑物的基石,重新装载石垣,并且有很多火灾。在东京都长老町2丁目区建造新的众议院之后,东京都埋葬文化中心于2006年7月开始工作,以保存记录。该地区在江户时代被命名为“Tameike遗址”,当时全国各族的族群密集,此时被调查的地区是Niwa家族Kamiyashiki的一部分,该家族是附庸居住地的一部分。调查前的事情是通过图片资料等找到的。调查结果显示,仓库·Nagaya建筑痕迹,地下储藏室痕迹,井迹,废墟,花园小径,石墙等都被挖掘出来。除了使用Niwa家族徽章的大量瓷砖之外,还挖掘了诸如碗和餐具之类的陶瓷,以及诸如标签,木,,筷子,烟管,石头,轮子等许多其他日常生活用具。调查结束后,在东京都政府大楼生态文化中心,东京都教育厅,东京都教育厅的建议和合作下,我们于2007年10月23日从众议院转移了石垣的一部分,展出并发布了是的。 2008年3月日本松市教育委员会

二本松藩丹羽家上屋敷跡出土の石垣石材
 ここに展示されている石材は、発掘調査により二本松藩丹羽家上屋敷跡 から出土した隣家の丹後 (京都)峯山藩 京極家上屋敷 との境界石垣に使われていた石材の一部です。出土した石垣は、明暦の大火(明暦3・1657 年)後に、元々の石材や建物の礎石等を再利用して積み直されたもので、多くに火を受けた痕跡が見られます。
 発掘調査は、東京都永田町2丁目地内の新衆議院議員会館建設に伴い、東京都埋蔵文化センター が記録保存を目的として平成18年7月から着手しました。一帯は江戸時代に全国諸藩の上屋敷が密集していた所で「溜池遺跡 」と名づけられており、今回の調査区域は丹羽家上屋敷の一部で、家臣が居住する長屋の部分にあたることが調査前から絵図資料などにより判明していました。
 調査の結果、蔵・長屋建物跡、地下貯蔵室跡、井戸跡、厠跡、庭園跡、石垣などが発掘されました。また、丹羽家家紋の入った多量の瓦をはじめ、碗や皿などの陶磁器のほか、荷札、下駄、箸、煙管、硯、砥石など、多くの日常生活用具が出土しています。
 調査終了に際して、東京都教育庁 ・(財)東京都埋蔵文化センターの助言・協力を得て、平成19年 10月 23 日付けで衆議院から石垣の一部を譲渡いただき、展示・公開にいたりました。
平成20年3月 二本松市教育委員会

テキスト化

tenma
2018-10-16 20:33 (580)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2018/10/11)
タグ: 大手門 花崗岩 礎石 二本松市教育委員会 久保丁門跡出土 丹羽光重 坂下門 1986 喜古宅地 福島県 二本松市
kawa_sanpo (2018/10/11)
タグ: 戊辰戦争 明治維新 史跡 櫓門 近世城郭 二本松城跡 二本松市教育委員会 丹羽光重 坂下門 畠山氏の居城 伊達 蒲生 上杉 松下 加藤 中世城館 二本松城大手門跡 久保丁ロ 丹羽長富 丹羽貴明 亀甲積み崩し 福島県 二本松市
kawa_sanpo (2018/10/11)
タグ: 品陀和気命 伊邪那美命 畠山氏 二本松神社 八幡様 熊野様 二本松城主 白旗ヶ峰 丹羽光重公 二本松領総鎮守社 栗ヶ柵 二本松提灯祭り 県指定重要無形民俗文化財 日本三大提灯祭り 二本松観光協会 福島県 二本松市
kawa_sanpo (2018/10/11)
タグ: 戊辰戦争 二本松市 二本松少年隊 大壇口 木村銃太郎 丹羽氏の家紋 直違紋 千人溜 福島県 二本松市