Monumento

二本松市指定史跡

kawa_sanpo

2018/10/11

タグ: 芭蕉句碑 二本松市教育委員会 二本松市指定史跡 亀谷観音堂 春鏡塚 蔵六坊虚来 藤宗英 遠藤鹿山 福島県 二本松市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Nihonmatsu City Designated Historical Site No. 1, Name Bamboo Clause of Kameya Kannondo It is constructed with plate-like natural stone about 1 / N meter in height, about 1/1 meter in maximum width, about 25 cm in thickness. Although it is a little difficult to read due to weathering and partial damage, it is entitled "Spring Mirror Mound" and the phrase "Spring unspecified Spring and Mirror&39;s Ume Plum" and the name of Kura-bou Bokutaku inscribed as a builder There. On the back side, as "title spring shima monument yin", it is written that Basho&39;s biography and fiction has been erected, at the end there is "Yoshinori Yasunaga Spring Fuji Sugongo Wisdom", which was built in Yasunagi (1776) . With Fujimune Hide, the identity of Endo Kashiyama, who was a liberal artsman and a lieutenant of Nipponmatsu lord, at the time, is not clear about fiction. It is the oldest among the monuments and phrases in the city and is valuable for considering the history of the city of Motoichi. This phrase was made in New Year&39;s Day (1692) New Year&39;s Day, the meaning is: "The plum of the back of the mirror tells of the coming of spring quietly, it should be said that spring is not seen by humans It is interpreted as ". Heisei era 1st February designated Nihonmatsu city board of education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Nihonmatsu City指定历史遗址1号,名称Kameya Kannondo的竹子条款由板状天然石材构成,高度约1 / N米,最大宽度约1/1米,厚度约25厘米。虽然由于风化和部分损坏而有点难以阅读,但它的标题是“Spring Mirror Mound”和短语“Spring未指定的春天和镜子的梅梅”以及Kura-bou Bokutaku的名字作为建造者那里。在背面,作为“标题春天志摩纪念碑阴”,写了Basho的传记和小说已经竖立,最后有“Yoshinori Yasunaga Spring Fuji Sugongo Wisdom”,建于Yasunagi(1776)可以看出。有了Fujimune Hide,当时是文理领主和日本松领主的Endo Kashiyama的身份并不清楚虚构。它是城市中最古老的纪念碑和短语,对于考虑本市的历史很有价值。这句话是在新年元旦(1692年)元旦,意思是:“镜子后面的梅子静静地讲述了春天的到来,应该说人类看不到春天它被解释为“。平成时代2月1日指定了日本松市教育委员会

二本松市指定史跡
一、名称 亀谷観音堂芭蕉句碑
高さ約一・ニメートル、最大幅約一・一メートル、厚さ約二五センチメートルの板状の自然石を用い建立されている。風化および一部破損のため少々判読しにくいが、春鏡塚 と題し、「人も見ぬ春や鏡のうらの梅」の句と、建立者として蔵六坊虚来 の名が刻まれている。裏面には「題春鏡塚碑陰」として、芭蕉の略歴と虚来が建立したことを記し、末尾に「安永丙申之春 藤宗英 識」とあり、安永五(# 1776)年に建立されたことがわかる。藤宗英とは、当時ニ本松藩主の侍医であり文学者であった遠藤鹿山 のこと、虚来については正体は明らかでない。
 市内にある歌碑・句碑の中では最も古く、本市の文化史を考える上で貴重である。
 当句は元禄五(# 1692)年元旦に作られ、その意は、「鏡の裏の模様の梅は、ひっそりと春の訪れを告げている。人が見もしない春とでもいうべきであろう。」と解されている。
平成元年二月一日指定
二本松市教育委員会

テキスト化

tenma
2018-10-17 20:16 (429)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2018/10/11)
タグ: 幸田露伴 五重塔 ペンネーム 露伴 文化勲章受章者 亀谷坂 蝸牛 脱天子 福島県 二本松市
kawa_sanpo (2018/10/14)
タグ: ocr-generated 旧奥州街道 竹田門 二本松箪笥 柄組 福島県 二本松市
kawa_sanpo (2018/10/11)
タグ: 大手門 花崗岩 礎石 二本松市教育委員会 久保丁門跡出土 丹羽光重 坂下門 1986 喜古宅地 福島県 二本松市
kawa_sanpo (2018/10/11)
タグ: 二本松市教育委員会 二本松藩丹羽家上屋敷跡出土の石垣石材 上屋敷跡 丹後 峯山藩 京極家上屋敷 東京都埋蔵文化センター 溜池遺跡 東京都教育庁 福島県 二本松市