Monumento

ペンネーム 「露伴 」誕生ゆかりの地・にほんまつ

kawa_sanpo

2018/10/11

タグ: 幸田露伴 五重塔 ペンネーム 露伴 文化勲章受章者 亀谷坂 蝸牛 脱天子 福島県 二本松市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Pen name "Regent" Birth place of the place · Nihonmatsu The first Cultural Medal of the Order, the representative Writer of the Meiji to the Showa, known as the "five-storied pagoda", Kota External (real name, Takuma) is 20 years old I went on a journey to Tokyo from Shoichi Hokkaido who was aiming for literature and transferring as a telegraph operator. Arrived in Fukushima near the sunset on September 28th in the September 18th Meiji Era (September 28th), the boarding fare is insufficient (the Tohoku Line then opens up to Koriyama), then decided to walk to Koriyama by walking around the middle of the night, I came to Nihonmatsu without eating without drinking was near the night. While the city was crowded with lantern festival (then at the lunar calendar in September), while walking while buying mochi at the Abe River shop at Kamedanzaka top, although walking while walking while walking, physical strength and energy were already limits. I fell down on the roadside, decided to lie down with a umbrella, when the time to death someday came, I thought that it would be such a condition surely, and the phrase that took my mouth was "Sato distant and dead sleeping pillow" . Two years later, at the first appearance of the literary ceremony, I will not forget the overnight accompanying dew in Nihonmatsu, I will describe later in my diary that I made the pen name "exposed" from this phrase with the meaning of excitement. Besides, it was an exhibition with a large number of ceremonial titles such as "cochlea" "dejian child" etc. It is said that he cherished the pen name "evacuation" for a lifetime so as not to forget the hot feeling that aimed at literature and the sudden way of suffering .

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 笔名“Regent”地方的出生地·Nihonmatsu第一个文化勋章,明治代表昭和的作家,被称为“五层宝塔”,Kota External(真名,Takuma)是20岁我从Shoichi Hokkaido前往东京,他的目标是文学和电报运营商。 9月28日明治时代(9月28日)9月28日到达福岛附近的福岛,登机费不足(东北线开通到郡山),然后决定步行到郡山,半夜走路,我来到Nihonmatsu没有吃东西,没有在晚上喝酒。虽然这个城市挤满了元宵节(当时是九月的农历),但是在Kamedanzaka顶部的安倍河购物中购买麻i时散步,尽管步行时散步,体力和能量已经受到限制。我摔倒在路边,决定躺着一把雨伞,当有一天到来的时候,我认为这肯定会是这样的一个条件,而我口中的那句话就是“佐藤遥远的睡枕” 。两年后,在文学仪式的第一次出现时,我不会忘记在日本松的夜间伴随着露水,我将在后面的日记中描述,我用这句话“暴露”了笔名“兴奋”的意思。此外,这是一个展览,有大量的礼仪标题,如“耳蜗”,“dejian孩子”等。据说他珍惜笔名“疏散”一辈子,以免忘记针对文学的热情和突如其来的痛苦。

ペンネーム露伴 」誕生ゆかりの地・にほんまつ
 第一回文化勲章受章者 で、著書『五重塔 』などで知られる明治~昭和の代表的な文豪・幸田露伴 (本名・成行)は、二十歳になって文学を志し、電信技手として赴任していた北海道余市から上京の旅に出ました。
 明治二十年(# 1887)九月二十八日の日暮れ近く福島に到着、ここで一泊すると乗車賃が不足する(当時東北線は郡山まで開通)、夜中歩いて郡山まで行こうと決め出発、飲まず食わずで二本松に来たのは夜半近くでした。
 街は提灯祭り(当時は新暦九月でした)で賑わう中、懐中わびしながらも亀谷坂 頂上の阿部川屋で餅を買い、食べながら歩いたものの、体力・気力もすでに限界でした。
 道端に倒れ込み、こうもり傘を立て野宿を決意、いつか野たれ死にをする時が来たら、きっとこんな状態だろうと思案し、口をついて出た句が
 「里遠し いざ露と寝ん 草まくら」
でした。二年後、文壇初登場の時、二本松で露を伴にした一夜が忘れられず、発奮の意味をこめて、この句からペンネームを「露伴」にしたと日記などで後述しています。
 他に「蝸牛 」「脱天子 」など多数の雅号を持つ露伴でしたが、文学を志した熱き想いと苦難の突貫道中を忘れぬよう、ペンネーム「露伴」を生涯大切にしたと言われています。

テキスト化

tenma
2018-10-17 20:28 (0)
tenma
monumento
2018-10-11 22:46 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2018/10/11)
タグ: 芭蕉句碑 二本松市教育委員会 二本松市指定史跡 亀谷観音堂 春鏡塚 蔵六坊虚来 藤宗英 遠藤鹿山 福島県 二本松市
kawa_sanpo (2018/10/14)
タグ: ocr-generated 旧奥州街道 竹田門 二本松箪笥 柄組 福島県 二本松市
kawa_sanpo (2018/10/11)
タグ: 大手門 花崗岩 礎石 二本松市教育委員会 久保丁門跡出土 丹羽光重 坂下門 1986 喜古宅地 福島県 二本松市
kawa_sanpo (2018/10/11)
タグ: 二本松市教育委員会 二本松藩丹羽家上屋敷跡出土の石垣石材 上屋敷跡 丹後 峯山藩 京極家上屋敷 東京都埋蔵文化センター 溜池遺跡 東京都教育庁 福島県 二本松市