Monumento

銅像彫刻「燈臺」北村西望作

wawa

2018-02-14

タグ: 関東大震災 北村西望 彫刻家 平和祈念像 数寄屋橋 銅像彫刻 燈臺 東京都 中央区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Image sculpture "Lampai" Kitanimasa Nishimaki Bronze Statue "Todai (Lighthouse)" Located in Chuo-ku Ginza 4-chome No. 1 No. 2 Seiya bridge park 12, Ginza 4 chome, Chuo ku (Sukiyabashi Park) Copper of the 10th anniversary of the Great Kanto Earthquake Sculpture is a work produced by sculptor Kitamura Nishimi (1884 - 1987) at the age of 47. Kitamura produced this sculpture in conjunction with the 12th Art Exhibition of the Imperial Art Institute held in 1931 (1931) and entered it as "Lamp Tennis". Kitamura Nishimi was born in Nagasaki Prefecture in 1884 and studied at the Kyoto Municipal Arts and Crafts School and the Tokyo Art School Sculpture Department and has produced numerous sculptures of superior modeling from before the war. Among them, the "Peace Prayer image" of Nagasaki City, which was produced in 1955, is one of the masterpieces. "Lampai" is a work that a young man full of power dressed as a helmet, dedicated a torch, followed by a lion. In this statue, a figure of a strong figurative figurative that Kitamura was good at, realistic and full of ambition is created. This work was set as a sculpture suitable for the earthquake monument tower on September 1, 1954, when the tenth anniversary of the Great Kanto Earthquake of 1923 was celebrated. At the time of installation, Kitamura also produces a casting nameplate of a slogan "Unprepared Preparation for an Unexpected Earthquake" chosen from stone pedestal designs and tens of thousands of entries. Bronze statue sculpture &39;Lampai&39; expresses excellent shaping art by sculptor Kitamura Nishimi and is being handed down to the "Lamp Tables" exhibited at the memorial tower and art exhibition that convey the history of the disaster. March, Heisei 28 ("Imperial Fine Arts Institute Art Exhibition Catalog" in the National Diet Library) "Todai" on the exhibition catalog of the Imperial

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 图像雕塑“Lampai”Kitanimasa Nishimaki青铜雕像“Todai(灯塔)”位于中央区银座4丁目1号2号星矢桥公园12,银座4丁目,中央区(Sukiyabashi Park)关东大地震10周年纪念铜雕塑是由雕塑家北村西((1884-1987)在47岁时创作的作品。 Kitamura与1931年(1931年)举办的第12届帝国艺术学院艺术展一起制作了这个雕塑,并将其作为“灯网球”进入。 Kitamura Nishimi于1884年出生于长崎县,曾在京都市工艺美术学校和东京艺术学院雕塑系学习,并在战前制作了许多优秀造型雕塑。其中,长崎市的“和平祈祷形象”于1955年制作,是其中的杰作之一。 “兰帕”是一部作品,一个充满力量的年轻人打扮成头盔,专门用火炬,然后是狮子。在这个雕像中,创造了一个强大的比喻形象,北村擅长,现实和充满野心。 1954年9月1日庆祝1923年关东大地震十周年时,这幅作品被设定为适合地震纪念塔的雕塑。在安装时,Kitamura还制作了一个铸造铭牌,其标语是“从未预料到的意外地震准备”,从石头基座设计和成千上万的条目中选择。青铜雕像雕塑&39;Lampai&39;表达了雕塑家北村西见的优秀造型艺术,并被传递到纪念塔和展示灾难历史的艺术展览中展出的“灯桌”。 3月,平成28年(“帝国美术学院艺术展目录”在国立国会图书馆)“东大”的帝​​国展览目录

銅像彫刻「燈臺」北村西望作
Bronze Statue “Todai (Lighthouse)”

所在地 中央区銀座四丁目1番2号 数寄屋橋 公園
12, Ginza 4 chome, Chuo ku (Sukiyabashi Park)

関東大震災10周年記念塔の銅造彫刻は、彫刻家北村西望(1884~1987)が47歳の時に制作した作品です。
北村は、この彫刻を昭和6年(1931)開催の帝国美術院第12回美術展覧会にあわせて制作し、「燈臺」と題して
出品しました。
北村西望 は、明治17年(1884)に長崎県で生まれ、京都市立美術工芸学校や東京美術学校彫刻科に学び、
戦前から優れた造形の彫刻を数多く制作してきました。中でも、昭和30年に制作した長崎市の「平和祈念像
は代表作の一つです。
「燈臺」は、力に満ちた青年が兜を装い、松明を捧げ、獅子をしたがえた作品です。この像には、北村が
得意とした写実的で覇気に満ち溢れた力強い造形の人物像が創り出されています。
この作品は、大正12年(1923)の関東大震災 から10周年を迎えた昭和8年9月1日、震災記念塔に相応しい
彫刻として設置されました。北村は設置にあたって、石造の台座設計や十数万の応募から選ばれた標語
「不意の地震に不断の用意」の鋳造銘板も制作しています。
銅像彫刻燈臺 」は、彫刻家 北村西望による優れた造形芸術を表現しながら、震災の歴史を伝える記念塔と
美術展覧会に出品された「燈臺」
して語り継がれています。
平成28年3月

(『帝国美術院美術展覧会図録』国立国会図書館所蔵)
"Todai" on the exhibition catalogue of the Imperial

テキスト化

wawa
2018-10-12 05:48 (0)
wawa
monumento
2018-10-12 05:43 (0)
monumento

コメント・周辺画像

wawa wawa 3年以上

銅像彫刻「燈臺」

wawa wawa 3年以上

#<User:0x007ff72e892858> 銅像彫刻「燈臺」北村西望作

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/06/06)
タグ: 西銀座通り 柳並木 西銀座通会 数寄屋橋公園 auto-translate 柳 東京都 中央区
hanacoco (2016/02/16)
タグ: ocr-generated 東京都 千代田区
hanacoco (2016/01/25)
タグ: 佐伯孝夫 吉田正 フランク永井 柳田青蘭 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2015/06/06)
タグ: 銀恋の碑 東京都 中央区