Monumento

黙阿弥の石燈籠と蹲踞(つくばい)

hanacoco

2014-05-26

タグ: 関東大震災 河竹黙阿弥 石燈籠 蹲踞 歌舞伎座 auto-translate 東京都 中央区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Stone lantern of SEI and talus (tsukubai) Kabuki author kawatake mokuami mokuami (1816-93), 1887 (0/1887) and relocated from Asakusa Honjo Minami Futaba length (now kamezawa), spent six years later.
2 IAI was placed in the garden is a stone lantern and talus (basin). Lantern is 2.25 meters in height. Ordinary Lantern March from Gango-ji Temple and Temple types combined are immediately noticeable feature is a seamless part of the so-called pole under the cross-Strait and part of the ORB at the top, diagonally cut.
This is the scar was broken, collapsed for the earthquake when the great Kanto earthquake in 1923 (0/1923).
This lantern was repaired and handed down later to Toshio yarn women's eldest daughter, was traditional, and the eldest, from suffered from the severe head to Shibuya, Setagaya, zushi as family migrants, with talus always accompany has.
With no. 5 period Kabuki once again for new doors and this year Rev. SEI die to 120 years decided to commemorate the theater this deep rim long published later by us.

Kawatake home fourth and consequently modern Kabuki aspects of the history of the article a little and also hope we are. March 2013 (0/2013), lucky day.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 石灯 SEI 和距骨 (tsukubai)

歌舞伎作者 kawatake mokuami mokuami (1816年-93),1887年 (0/1887) 和从浅草本所南双叶长度 (现在龟泽),花了六年后迁。 2 iai 公司被放置在花园里是石灯笼和距骨 (盆地)。
灯笼是 2.25 米的高度。 从元兴寺类型相结合的普通灯笼三月立即显著的特点是无缝跨海峡下所谓的杆和顶部 ORB 的一部分,对角切。 这是瘢痕是破碎,为地震倒塌时在 1923 年的关东大地震 (0/1923 年)。
这盏灯修复,后来传给俊男纱妇女的长女,是传统的和大哥,从患有重型颅脑,涩谷,世田谷,寿司作为移民,与距骨总是陪的家人了。
号 5 期歌舞伎再一次为新的门和今年启 SEI 模具至 120 年决定纪念这深槽轮辋长发表以后由我们看戏。
Kawatake 有点回家第四次和因此现代歌舞伎方面的历史的文章,也希望我们是。

2013 年 3 月 (0/2013),幸运的一天。

黙阿弥の石燈籠と蹲踞(つくばい)

歌舞伎作者河竹黙阿弥 (1816-93)は、1887(明治20)年に浅草から本所南二葉長(今の亀沢2丁目)に新築移転し、晩年の6年間を過ごしました。この石燈籠蹲踞(手水鉢)はその庭に置かれていた遺愛の2品です。
 灯篭は全高2.25メートル。三月堂型と元興寺型を合わせたごく普通の燈籠ですが、すぐ目につく特徴は、中台の下のいわゆる竿の部分と天辺の宝珠の部分に、斜めに切ったような継ぎ目があることです。これは1923(大正12)年関東大震災 のとき、激震の為に倒壊して折れた傷跡です。
修復されたこの燈籠は、そののち長女の糸女、その養嗣子の繁俊、その嫡男の登志雄へと受け継がれ、罹災した本所から渋谷、世田谷、逗子へと一家の移住につれて、蹲踞ともどもつねに同行してきました。
 この度の第5期歌舞伎座 の新開場を祝すとともに、この年が黙阿弥の歿後120年にあたることもを記念し、縁の深いこの劇場に長く保存公開していただくこととしました。
河竹家4代、ひいては近代歌舞伎側面史の、ささやかな資料ともなればと願っております。

2013(平成25)年3月吉日

テキスト化

hanacoco
2016-03-17 22:12 (0)
hanacoco
hanacoco
2015-01-10 23:25 (493)
hanacoco

コメント・周辺画像

hanacoco hanacoco 6年弱

#<User:0x007f566ddd52f0>

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/01/28)
タグ: 歌舞伎 東京都 中央区
hanacoco (2015/01/10)
タグ: 1889 歌舞伎座 明治22年 平成25年 演劇史 東京都 中央区
hanacoco (2016/01/27)
タグ: 中央区教育委員会 福沢諭吉 藤本寿吉 明治会堂之図 auto-translate 東京都 中央区
hanacoco (2016/01/27)
タグ: 発祥の地 専修大学 専修学校 東京都 中央区