Monumento

品川区指定無形民俗文化財 品川拍子

wawa

2018-10-31

タグ: 品川区教育委員会 品川宿 天王祭 神輿 嶋田長太郎 宝暦 品川拍子 囃子 太鼓 篠笛 荏原神社 東京都 品川区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Kawachi Designated intangible folk cultural property holding Shinagawa beat holding group Shinagawa beat Yukikawa meeting place Nanakinagawa / Higashi Shinagawa area centered on Ebara shrine designated March 24 (Show customs No. 2) Shinagawa The beat is played as a musical accompaniment when a mikoshi goes on a festival at the festival, played with a tight drum called a big beat and a bamboo flute called a common name. Although its origin is not certain, Ebara Shrine has been said to have begun that it took turns around the Tachikawa area while hitting "Tengchi Taipei / Five Grained Fruits" with a godly and great rhythm to the Buddha Hwa (now the Omuwa) from the long ago, Shinagawa It is established in an inn, and it is passed down only to this hotel and its surrounding area. Currently reported Shinagawa beat is considered to be a culmination of Shintaro Shimada in the beginning of the Meiji era, and is thought to be the first lord. "Ebara Shrine Tenno Festival" famous for mikoshi&39;s underwater ceremony beginning with the first year of the Baekjo (1751) is carried out mainly on the day close to June 7th, but at this time, raising and lowering the mikoshi, struggling Such as instructing the movement of dropping and paying by Shinagawa Beato, has other unique characteristics. Heisei era March 31st Shinagawa Ward Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Kawachi指定无形民俗文化财产举办品川击败控股团体品川击败Yukikawa会场Nanakinagawa / Higashi Shinagawa地区,以3月24日指定的E原神社为中心(展示海关2号)品川当mikoshi参加音乐节上的节日时,节拍作为音乐伴奏播放,演奏的是一个叫做大节拍的紧鼓和一个叫做普通名字的竹笛。虽然它的起源尚不确定,但据说Ebara Shrine已经开始轮流在Tachikawa地区周围,同时从很久以前,Shinagawa以一种虔诚而有节奏的方式向佛华(现在的Omuwa)击打“Tengchi Taipei / Five Grained Fruits”它建立在一个旅馆,它只传递到这家酒店及其周边地区。目前报道的品川击败在明治初期被认为是岛田新太郎的高潮,被认为是第一位领主。从白城的第一年(1751年)开始以mikoshi的水下仪式而闻名的“E原神社Tenno节”主要在6月7日左右进行,但此时,提升和降低mikoshi,奋力如指示由品川Beato下落和支付的运动,具有其他独特的特征。平成时代3月31日品川区教育委员会

品川区指定無形民俗文化財 品川拍子

保持団体 品川拍子ゆきわ会
実施場所 荏原神社を中心とする南品川・東品川地域
指定 昭和六十三年三月二十四日
(風俗慣習第二号)
品川拍子 は祭礼時に神輿 が巡行する際の囃子 とな
る音楽で、大拍子と呼ばれる締め太鼓 と、俗称トン
ビといわれる篠笛 によって 奏される。その由来は
定かではないが、荏原神社 では昔から鳳華(現在は
御羽車)に神面と大拍子を付け「天下泰平・五穀豊
穣」と叩きながら氏子地域を回ったのが始まりとい
われ、品川宿 で成立し、当宿とその周辺地域にのみ
伝承されている。現在伝えられている品川拍子は、
明治初年に嶋田長太郎 が集大成したものとされ、初
代家元と考えられている。
宝暦 元年(一七五一)に始まる神輿の海中渡御で
有名な「荏原神社天王祭 」は、六月七日に近い日
日を中心に行われるが、このとき神輿の上げ下ろし
や、揉んだり差したり納めたりの動作を品川拍子で
指示するなど、他に類例を見ない特色をもっている。

平成元年三月三十一日
品川区教育委員会

テキスト化

wawa
2018-10-31 18:56 (0)
wawa
monumento
2018-10-31 18:49 (0)
monumento

コメント・周辺画像

wawa wawa 3年以上

品川拍子

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2017/03/05)
タグ: ocr-generated 東京都 品川区
wawa (2018/10/31)
タグ: 江戸時代 菅原神社 旧東海道 石橋 東海道五十三次 品川神社 天王祭 目黒川 旅人 中の橋 神社仏閣 一の宿 品川橋は 北品川宿 南品川宿 行合橋 auto-translate 境橋 東京都 品川区
kawa_sanpo (2017/03/05)
タグ: ocr-generated 東京都 品川区
osawagase (2014/09/15)