Monumento

大手門跡

kawa_sanpo

2018/12/01

タグ: 明治維新 文化庁 みだれ坂 大老酒井雅楽頭 原田甲斐宗輔 寛文事件 柴田外記朝意 中務宗意 舟岡要害屋敷 大手門跡 御蔵入 舟岡要害 結の門 柴田町文化遺產活用实行委員会 宮城県 柴田町

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Yasunemonoko 11 Yasufumi Eleven (1671), the Harada family was severed by a wound injury (Mr. Hirofumi) by Mr. Masaki Harada at Okuma Sakai Gagaku Head House, and then this place became the direct jurisdiction of the clan (Okura entrance) It was. Mr. Shibata Koji Morning Musume Sogetsu (6th generation) who was regarded as a meritorious worker with minimal expansion of the incident was transferred here from Yonetani, Toga-cho, Toga City, the first year of Tenma (1681) It was. At that time, Mr. Shibata used the house of the house as a house, as Mr. Harada said. Genroku Seven Year (1694), When the Seven Shogunate, the shogunate old age permits permission of the Funaha habitat residence permission, holds the residence in Sannaru, leading to the Meiji Restoration. Together with the houses and towns, it was called "Funaoka harm". The water withdrawn from the Shiraishi River flows to the northern part of the castle to the east, and flowed into the moat (the current road) of about seventy-seventh width and about one hundred north in the north and south. The moat was following the Uchinumauma in the south (per parking lot). There was a black bridge (wide width) in the vicinity of the center of the moat and there was a major gate (near the two-story apartment) of the double stratum of the stratum. When going over the Otemon, there was a Baba (4 Shinkansen) under the hall, climbing a slope of "Ku" character (Midarezaka), told that he entered "Sannomaru" from "Konno no Mori" at the place of climbing It is done. (Note) One trip = approximately one, eight meters Heisei era December Shibata Town Cultural Heritage Activities Committee for Cultural Heritage This project was conducted with the recognition of the regional revitalization project making full use of the cultural heritage of the Agency for Cultural Affairs It was. Agency

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Yasunemonoko 11 Yasufumi Eleven(1671),Harada家族被Okuma Sakai Gagaku Head House的Masaki Harada先生的伤口(Hirofumi先生)切断,然后这个地方成为氏族的直接管辖区(Okura入口)是的。 Shibata Koji先生Somitsu先生(第6代)被认为是一个有效率最小的优秀工人,从Toga City的Toga-cho Yonetani,Tenma(1681)的第一年转移到这里是的。正如原田先生所说,当时柴田先生用房子作为房子。 Genroku七年(1694年),当幕府七世允许获得Funaha栖息地居住许可时,将持有Sannaru的住所,通往明治维新。它与房屋和城镇一起被称为“Funaoka伤害”。从白石河撤出的水流向城堡的北部,向东流入大约七十七个宽度的护城河(当前道路),北部和南部约一百个北部。护城河跟随南部的Uchinumauma(每个停车场)。在护城河中心附近有一座黑色的桥(宽阔的宽度),地层的双层有一个大门(靠近两层楼的公寓)。越过Otemon,在大厅下面有一个巴巴(4 Shinkansen),爬上一个“Ku”字符的斜坡(Midarezaka),告诉他在攀爬的地方从“Konno no Mori”进入“Sannomaru”它完成了。 (注)一次旅行=约一,八米平成时代12月柴田町文化遗产文化遗产活动委员会这个项目是在充分利用文化厅文化遗产的区域振兴项目的基础上进行的。是的。文化厅

大手門跡
 寛文十一年(# 1671)、大老酒井雅楽頭 邸での原田甲斐宗輔 による刃傷事件(寛文事件 )により原田家が断絶し、その後、この地は藩の直轄地(御蔵入 )となりました。事件の拡大を最小限に留めた功労者とされた柴田外記朝意 の嗣子中務宗意 (六代)が、天和元年(# 1681)登米市東和町米谷からここに移封されました。
 当時、柴田氏は、原田氏と同じように家中屋敷のニ屋敷を居屋敷としていました。元禄七年(# 1694)、七代宗僚のとき幕府老中より舟岡要害屋敷 普請の許可が下り、三の丸に居屋敷を構え、明治維新 に至ります。
 家中屋敷と町場とあわせて「舟岡要害 」とよばれました。
 白石川から取水された用水は、城郭の北辺を東流し、南北に幅七間・長さ約百間のお堀(現在の道路)に流れ込みました。お堀は、南の内沼(駐車場あたり)に続いていました。
 お堀の中央付近に黒塗りの橋(幅ニ間)があり、渡るとニ層の櫓の大手門(二階建てアパート付近)がありました。大手門をくぐると館下の馬場(四の丸)があり、「く」の字の坂(みだれ坂 )を登り、登りきったところにある「結の門 」から「三の丸」に入ったと伝えられています。
 (注)一間=約一、八メートル
平成二十八年十二月 柴田町文化遺產活用实行委員会
この事業は文化庁の文化遺産を活かした地域活性化
事業の認定を受けて行われました。
文化庁

テキスト化

tenma
2018-12-09 22:38 (0)
tenma
monumento
2018-12-01 10:39 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2018/12/01)
タグ: 大手門 文化庁 三の丸 みだれ坂 柴田家の居館 詰の門 大光寺 柴田町文化遺產活用実行委員会 宮城県 柴田町
kawa_sanpo (2018/12/01)
タグ: 明治維新 吾妻鏡 みだれ坂 舟岡要害跡 芝田館 四保館 芝田次郎 宮城四郎 四保但馬定朝 宗義 屋代勘解由兵衛 原田甲斐宗資 伊達騒動 甲斐宗輔一族 柴田宗意 柴田町教育委員会 宮城県文化財保護協会 宮城県 柴田町
kawa_sanpo (2018/12/01)
タグ: 熊野神社 八幡神社 秋葉神社 愛宕神社 白鳥神社由緒 船岡館主 柴田源四郎藤原朝臣宗理 四保山頂 平村延喜式内社大鷹宮 大沼水神社 朝意神社 宮城県 柴田町
kawa_sanpo (2018/12/01)
タグ: 文化庁 土塁 みだれ坂 柴田町文化遺產活用実行委員会 三の丸跡 大老酒井雅楽頭 原田甲斐宗輔 寛文事件 柴田外記朝意 中務宗意 宗僚 舟岡要害屋敷 仙台領古城書立之覚 城中井戸 宮城県 柴田町