Monumento

京都市指定有形文化財

2019-01-01

タグ: 豊臣秀吉 豊臣秀頼 重要文化財 寺 大仏殿 京都市指定有形文化財 方広寺 京都府 京都市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Kyoto City Designated Tangible Cultural Property Morihiro Temple Buddha Temple Relics Nine Point Relics This artifact is thought to be part of the Buddha temple Buddha temple and Great Buddha, which was established by Toyotomi Hideyoshi and revived by Toyotomi Hideyuki at the end of Keicho years . Relation to the Great Buddha Statement consists of a total of nine copper point, copper tongue one point, iron metal ring four points, large Buddha relations related to copper lotus meat piece, copper lotus valve, steel ironing bracket each point. Among them, inscriptions are engraved on the wind and tongue, Sanjo Pacific saw that produced the famous temple "Bell Bell" (Designated as Important Cultural Heritage in Showa 43rd) with the character of "State Ankang · Kimi Tooraku" It was discovered that it was manufactured by Keiko Nakoshi (Nagoya) Mikamasa in 17th year of Keicho (161). For the other seven points, it is thought to be a period of time before and after the wind and tongue. Big Buddha statue and Great Buddha are destroyed both in Great Buddha and Great Buddha statue due to a lightning strike in Decade of Prosperity (1788). Therefore, this artifact is valuable as a material to convey the appearance of the day of the Great Buddha Temple of Horyuji Temple, which was proud of the greatness of Higashiyama as a temple of the Toyotomi family. Designated April 1, 2000 Designated Kyoto --- Temple

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 京都市指定有形文化财产Morihiro寺佛寺遗物九点遗物这件神器被认为是由丰臣秀吉建立的佛寺和大佛的一部分,并由Keicho年末的丰臣秀幸复活。与大佛的关系声明共有九个铜点,铜舌一点,铁金属环四点,大佛关系有关铜莲花片,铜莲花阀,钢制熨烫支架各点。其中,铭文刻在风和舌上,三条太平洋看到了“国家安康·基米·图拉库”的特色,产生了着名的“贝尔钟”(被指定为昭和43重要文化遗产)的寺庙。人们发现它是由Keiko Nakoshi(名古屋)Mikamasa在Keicho(161)的第17年制造的。对于其他七个点,它被认为是风和舌之前和之后的一段时间。由于在繁荣十年(1788年)的雷击,大佛和大佛在大佛和大佛雕像中被摧毁。因此,这件神器作为传达法隆寺大佛寺的一天的外观是有价值的,它以东山作为丰臣家族的寺庙的伟大而自豪。 2000年4月1日指定京都---寺

京都市指定有形文化財
方広寺大仏殿遺物 九点
本遺物は、豊臣秀吉 によって造立され、慶長
年間末期に豊臣秀頼 により再興された方広寺
大仏殿 および大仏の一部であると考えられる
ものである。
大仏殿関連が銅製風鐸、銅製舌各一点、鉄製
金輪四点、大仏関連が銅製蓮肉片、銅製蓮弁、
鉄製光背金具各一点の計九点からなる。このう
ち、風鐸と舌には銘文が刻まれており、「国家
安康・君臣豊楽」の文字のある著名な同寺「梵
鐘」(昭和四十三年重要文化財 指定)を製作し
た三条釜座の鋳物師名越(名護屋)三昌らによ
って慶長十七年(一六一二)に製作されたこと
が判明する。他の七点についても、風鐸や舌と
前後する時期の作と考えられる。
大仏殿及び大仏は、寛政十年(一七九八)の
落雷により大仏、大仏殿ともに焼失している。
従って、本遺物は豊臣家建立の寺院として東山
に偉容を誇った方広寺大仏殿のありし日の姿
を伝える資料として貴重なものである。
平成十二年四月一日 指定
京都市

---

テキスト化

2019-01-05 19:58 (0)
tokada
monumento
2019-01-05 19:48 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

tokada (2019/01/05)
タグ: 豊臣秀吉 国宝 神社 重要文化財 伏見城 後陽成天皇 二条城 京都府 京都市
tokada (2019/01/05)
タグ: 豊臣秀吉 徳川家康 寺 大仏殿 方広寺 京都府 京都市
jishiha (2016/09/11)
タグ: 豊臣秀吉 京都府 京都市
wawa (2018/09/18)
タグ: 江戸時代 石柱 亀山 旅人 京都 亀岡市 山城国 京都国立博物館 老ノ坂峠 丹波国 京都府 京都市