Monumento

加佐登神社由来記

2019-01-06

タグ: 神社 天照大御神 本居宣長 景行天皇 平田篤胤 日本武尊 三重県 鈴鹿市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate According to the Kojiki / Nihon Shoki (Japan origin), Taketoshi Nihonbashi was born in the 12th year of the 12th century, It was the Emperor Fumiyuki Emperor. A superior god of birth and devotion will youngly flatten out the raids of Izumo in Kyushu, Izuneun, and then I will depart to the ezo wrestling in eastern province. Takashi continued fighting in various places, but it was told that it ended a brief lifetime hoping for Yamato far away, dragging the immobile body by being bruised by the battle of Ibukiyama, arriving at this Nohsuki area It is. Yamato is the country&39;s Mahoroba Mountain Aokagayama can be muffled Yamato Iwatsuki The Shiratori mound in the north of the main shrine is the largest circular mound in the prefecture (*), it is considered to be the monument of the Japanese Taketosu from ancient times, by Honno · Hirata Atsushi et al. It was considered to be a grave of innocence of Mt. It is the beginning of Kasato Shinto shrine that we celebrated the shrine and cane as a sacred body by this swan mounds, until the time of death. Before the Meiji era, it was called Mikasa Shrine, a spirit of remission of various diseases, it has received the faithfulness of the person. The Great Festival is reported as the death of Japan Takefumi, April 8th. In the ancient times, this place is also called Takami no Sato because the Emperor of the Embankment was placed in the vicinity, many old mounds such as Kumamiya Market, Bongeonzuka and Funeral Mausoleum remain in the vicinity, and Shinen It is known as one of the prefecture&39;s prestigious azaleas. * (We found out that it is a scallop shell type keyhole-shaped tumuli by the investigation of Heisei 17.) (National Holidays) Great Festival 8th April Great festival 8th January · Monthly festival Every month 8th Festival October 8 · Spring Festival February 21 · Fall Festival November 30 th - - Shrine

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 根据Kojiki / Nihon Shoki(日本血统),Taketoshi Nihonbashi出生于12世纪的第12年,这是皇帝文月皇帝。出生和奉献的优秀神将年轻地在出云九州的出云突袭,然后我将离开叶子东部。 Takashi继续在各个地方进行战斗,但有人告诉他们结束了短暂的一生希望大和远离,拖着不动的身体被Ibukiyama的战斗挫伤,到达Nohsuki地区是的。大和是国家的Mahoroba山Aokagayama可以消声Yamato Iwatsuki主神殿北部的白鸟丘是县内最大的圆形土墩(*),它被认为是古代日本Taketosu的纪念碑,由Honno·Hirata Atsushi等人。它被认为是山的纯真的坟墓。它是卡萨托神社的开始,我们庆祝神社和甘蔗作为这个天鹅丘的神圣的身体,直到死亡的时候。在明治时代之前,它被称为三笠神社,是各种疾病的缓解精神,它已经得到了人的忠诚。据报道,这个伟大的节日是4月8日日本Takefumi的死亡。在古代,这个地方也被称为Takami no Sato,因为路堤的皇帝被放置在附近,许多古老的土墩,如Kumamiya市场,Bongeonzuka和葬礼陵墓仍然在附近,和Shinen它被称为该县着名的杜鹃花之一。 *(通过平成17的调查发现是扇贝壳型钥匙孔形状的疙瘩。)(国定假日)4月8日大节日1月8日大节日·每月节日每月8日节10月8日·春节2月21日·秋季节11月30日 - - 神社

加佐登神社由来記

(祭神)
やまとたけるのみこと
日本武尊
あまてらすおおみかみ
天照大御神 (他十四神 明治四十一年合祀)

(由来)
 古事記・日本書紀によると、日本武尊は第十二代
景行天皇 の皇子でした。生れつき武勇にすぐれた尊は
若くして九州の熊襲、出雲を平定し、つづいて東国の
蝦夷征討へと旅立ちます。尊は、各地で戦い勝利を
続けましたが、伊吹山の戦いで傷つき病におかされ
動かぬ身体を引きずってこの能褒野に辿りつき、
遥かに大和を望んで短い生涯を終えたと
伝えられています。
  大和は国のまほろば たたなづく青垣
   山こもれる大和しうるわし
 本殿北の白鳥塚は、県下最大の円墳(※)で、古くから
日本武尊の御陵とされ本居宣長平田篤胤 らによって
延喜の諸陵式の能褒野墓と考えられました。
この白鳥塚のそばに、尊が死の間際まで持っておられた
笠と杖を御神体としてお祭りしたのが、加佐登神社の
始まりです。明治以前は御笠殿社と称され、諸病平癒の
霊験あらたかで、人の篤い信仰を受けてきました。
大祭は、日本武尊の命日と伝わる、四月八日。
古代、この地は景行天皇が行在所を置かれたことから
高宮の里とも呼ばれ、附近には綺宮跡や、奉冠塚・奉装
塚など多くの古い塚が残っており、神苑は県下有数の
つつじの名所として知られています。

※(平成十七年の調査により、帆立貝式の前方後円墳であることがわかりました。)

(祭日)
大祭 四月八日・初八日大祭 一月八日・月次祭 毎月八日
例祭 十月八日・春祭  二月二十一日・秋祭 十一月三十日

---
神社

テキスト化

2019-01-07 11:32 (0)
tokada
monumento
2019-01-07 11:24 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/10/30)
タグ: 東海道 歌川広重 庄野宿 三重県 鈴鹿市
wawa (2017/04/22)
タグ: ocr-generated 三重県 鈴鹿市
kawa_sanpo (2016/10/30)
wawa (2017/04/22)
タグ: auto-translate 高札場 庄野宿 庄屋 三重県 鈴鹿市