Monumento

桑名市指定文化財 多度観音堂

2013-03-31

タグ: 鎌倉時代 寺 一木造 寄木造 南北朝時代 阿弥陀如来立像 平安時代前期 千手観音菩薩立像 十一面観音菩薩立像 善教寺 藤原實重 作善日記 多度神宮寺 三重県 桑名市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Name City Designated Cultural Property Kannondo Shinjyukan Buddhist Ryuzo Senju Kanon Bodhisattva Statue Jujubei Kannon Bodhisattva Orthodox Ten Kannon Bodhisattva Statue Kannon-do Strongly flooded until the Meiji era, Although the position of the original Mido is not certain, it became the present place since the reconstruction of the main hall of Meiji 34 years. Since then, since the main hall became old, it has been rebuilt in 1958 with the donation of believers from various places and has reached the present. Senju Kanon Bodhisattva Statue Statement One wooden building with a height of 188 cm. I am expressing a thin cloth gorgeously with sufficient sense of volume on the waist. From such expressions and techniques, the age of production is considered to be the first half of the Heian period. Buddhist monks and client are unknown, but they are considered to be Buddha statues that are often involved in Jingu-ji Temple. In addition, Yokkaichi City Zenkokuji Amitabha Nyorai Statue Inside the womb document, Fujiwara Eri Shigeki (Fujimi Nakashige) brush "Sogon Nikki" (Kamakura Era) written numerous Sendokudo Senchido Bodhisattva statue, The possibility of meeting this image should be taken into consideration. Eleven faces Kannon Bodhisattva Statue Statue The balls are fitted with parasystole of 11-16 cm height. The clothing (emo) is turned back complicated, and it itself looks like a pattern. From this processing method it is thought that it is the production before and after the North and South morning era. It is unknown how this image is transmitted, but it seems to be related to Jinguji Temple many times. Although the two Buddha statues are intensely bruised and contain hands for repair, it is said that it is a Buddha image that has been carefully protected from being taken care of in accordance with trends. By studying these Buddha statues the history of Jingu temples will be gradually revealed more and more. Kuwana City Board of Education --- Temple

桑名市指定文化財 多度観音堂
せんじゅかんのんぼさつりゅうぞう
千手観音菩薩立像
じゅういちめんかんのんぼさつりゅうぞう
十一面観音菩薩立像

観音堂
 明治にいたるまでたびたびの洪水にあい、もとの御堂の
位置は確かではありませんが、明治三十四年の本堂再建以
来現在の場所になりました。その後、本堂が古くなったた
め、各地の信仰者の寄附をもって昭和三十八年に改築され
現在にいたっています。

千手観音菩薩立像
 像高一一八・八cmの一木造 。腰部に十分な量感を持ち薄い布をき
らびやかに表現しています。このような表現や技法から製作年代は
平安時代前期 と考えられます。仏師や依頼主は不明ですが、多度神
宮寺にかかわりのある仏像と考えられます。また、四日市市善教寺
阿弥陀如来立像 胎内文書の内、藤原實重 (ふじわらさねしげ)筆「
作善日記 (さぜんにっき)」(鎌倉時代 )記載の多度千手堂千手観
音菩薩像が、この像にあたる可能性は考慮すべきものでしょう。

十一面観音菩薩立像
 像高一一一・六cmの寄木造 で玉眼を嵌入しています。衣文(えも
ん)は複雑にひるがえり、それ自体が模様のようになっています。
この処理方法から南北朝時代 前後の製作と考えられます。この像の
伝来も不明ですが、多度神宮寺 に関係があると考えられます。

 二体の仏像は傷みが激しく、修理の手が入っていますが
流行にあわせた化粧直しがおこなわれていることなどから
大切に守られきた仏像であることが伺われます。
これらの仏像を研究することによって多度神宮寺の歴史
もしだいに明らかにされていくでしょう。

桑名市教育委員会

---

テキスト化

2019-01-09 22:26 (0)
tokada
monumento
2019-01-09 22:13 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

tokada (2019/01/09)
タグ: 神社 天津彦根命 天目一箇命 三重県 桑名市
tokada (2019/01/09)
タグ: 神社 天照大神 延喜式内社 雄略天皇 名神大社 天津彦根命 auto-translate 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/08/06)
タグ: 明治天皇 愛西市教育委員会 佐屋宿 愛知県 愛西市
kawa_sanpo (2016/08/06)
タグ: 旅籠 愛西市教育委員会 小田切春江 尾張名所図会 カラタチ 愛知県 愛西市