Monumento

応仁の乱 勃発の地

2014-06-28

タグ: auto-translate 室町幕府 応仁の乱 足利義政 畠山政長 京都府 京都市

案内板

Starting Place of the Onin War (the largest civil war in Kyoto)
On the morning of January 18th, 1467, combat began here in the compound of
the Kamigoryo shrine that marked the start of the Onin War. This long and
fierce civil war literally reduced the entire imperial capital of Kyoto to ashes.
The 2,000-strong force of Masanaga Hatakeyama was attacked by some
3,000 troops of Yoshinari Hatakeyama on that morning. The two generals
had been furiously competing for the order of succession of the powerful
Hatakeyama family. Fierce fighting continued throughout the day, but with
fewer soldiers on his side, Masanaga retreated in the evening. This battle
marked the start of the Onin War.
The War grew into a full scale conflict in May 1467 in central Kyoto,
involving the succession race of Ashikaga shogunate, and a number of
powerful territorial loads, who were divided into two camps of the East and
the West.
During the course of the Onin War, the capital city of Kyoto as well as the
prestige of the Ashikaga Shogunate was devastated. It was not until 1477 that
peace was restored in Kyoto when the two conflicting sides finally came to
terms in the mood to hesitate the war and ended the 11-year-long Onin War.
Kyoto City

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 在新年的第18天早晨,精神森林的战斗(在灵神殿的区域)引发了“仁的冉”。在前一天的早晨,Hatakeyama先生亲自烧毁了房子,领导了执政党和Narusitsui先生的自恋者Mitsukuni和大约2千名士兵并将它放在这里。早上一天为Hatakeyama和Hatakeyama家族奋战的Hatakeyama Yoshimuku在第二天早晨就与三千名士兵进行了一次激烈的战斗,一场激烈的战斗在18日持续了一整天。被Asakura Takanaguri杀害的Yasunori Yamana先生,当时的Yamaichi Yuenji(Muneong Fortune)被认为是繁荣的。然而,请求Mr. Katsumoto Hosokawa在这一点上仍然没有转移到首席政治家,由于全天的战斗,魔导师长撤退而不能忍受。这是“Nenin no Ran”的第一场战役。那一年的3月,周年纪念从“Fumimasu”改为“Senjin”,Hosokawa Yamana先生的营地收集了各自的朋友并解决了战时政权,从5月开始关注东京,Shogun·由Ashikaga Yoshimasa委托的继承冲突也进入了东西方军队的全面战斗。这场战斗耗尽了京都的首都,使室町幕府不那么权威,但在战争恐惧的趋势下,细川和山野之间建立了统一,文明的第七年(177),十一年随着时间的推移,干扰最终会收敛。 Myeonso墓位于Ninzenji寺。京都市

応仁の乱 勃発の地
 文正二年(一四六七)正月十八日朝、この付近すな
わち御霊の森(上御霊神社境内)での合戦から「応仁
の乱」は始まった。前日の十七日深夜、畠山政長
自ら屋敷を焼いて、一族郎党や奈良筒井氏の成身院
光宣らと兵約二千を率いてここに布陣した。
 翌十八日早朝、畠山政長と畠山家の家督を激しく
争っていた畠山義就が兵三千余で攻撃をしかけ、十
八日は終日激しい戦いが続いた。義就方には朝倉孝
景、ついで山名持豊(宗全)の命を受けた山名政豊
が加勢した。しかし政長方には頼みの細川勝元がこ
の時点ではまだ動かず、まる一日の合戦の結果、政
長方は持ちこたえられず退去した。これが「応仁の
乱」の最初の合戦である。
 その年の三月、年号は「文正」から「応仁」と改
まり、細川氏・山名氏の両陣営はそれぞれに味方を
集めて戦時体制をかため、五月から上京を中心に、
将軍・足利義政 の後継者争いも絡み合う、東西両軍
の全面的な戦に入った。この戦は京の都を疲弊させ、
室町幕府 の権威を失墜させたが、厭戦の風潮の中、
細川・山名両氏の間に和睦が成立し、文明七年(一四
七七)、十一年間に渡る大乱はようやく収束をみた。
なお、宗全の墓は南禅寺の真乗院にある。

京都市

テキスト化

2019-01-12 22:16 (0)
tokada
2019-01-12 22:15 (0)
tokada
2019-01-12 21:59 (1229)
tokada
monumento
2019-01-12 21:56 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2018/10/06)
タグ: 御霊神社 上御霊神社 京都府 京都市
wawa (2018/10/06)
タグ: 閑臥庵 京都府 京都市
wawa (2018/10/05)
タグ: 首塚 長州人 京都府 京都市
wawa (2017/12/31)
タグ: 後水尾天皇 本阿弥光悦 銭舜挙 長谷川等伯 京都府 京都市