Monumento

国指定重要文化財

2019-01-06

タグ: 神社 国指定重要文化財 県指定無形民俗文化財 鳥取県 大山町

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Okamiyama Shrine Okumiya (Designated date, December 19, 1988) Main Hall, Buddhist temple, Shrine Bishou Shrine Shimoyama Shrine Main Hall, Buddhist temple · Hall of Fame Our company is an ancient, medieval It was the center of Oyama faith as Omiya Taisaku Giho of Oyamaji which flourished as a test prayer, but it was Okamiyama Shrine Okumiya by the separation of the Buddha and Buddha of Meiji. The place here is the innermost of the area where the various houses and hospitals of Oyamadera lined up, the current shrine built in the second year of culture (1805) was built by Kyoto and two local carpenter buildings, the same width It is a characteristic that a long wing corridor sticks to the main hall, the hall, and the hall of the castle. Although the interior of the main shrine is a timber, the direction of the main hall front and the ceiling inside our house are decorated with lacquer, golden night, flower bird painting. Shimosha located on the left, Shimoyama Shrine is a complex of the same period as Okumiya Shrine, as well as Okumiya Shrine, it is a complex shrine integrated with the main shrine and Buddhist temple, thinking that it is holding the form older than the current Okumiya shrine Has been done. Aside from painting flower pictures on the ceiling of the buddhist temple, it is a raw tree and it shows the difference from the head office shrine. Okumiya is also a good environment in the precincts, the shrine is a magnificent multi-purpose shrine, the shrine building representative of the late Edo era, which has excellent designs and techniques, and the value of the shrine is also high together. Prefecture Designated Intangible Folk Cultural Property One of Oyama&39;s Shinto Shrines (Designated Date Month Day, November 25, 2011) A priest held in Oyama on July 14th and 15th every year. "Mohi" is an old word of water, literally a priest to take water. After the evening festival on Okamayama Shrine Okumiya on the 14th, after going to the Oyama summit festival at 1:30 at midnight on 15th, collect spirits and medicinal herbs after executing the god festival in the stone room near the summit. In the Edo period, it was done as Yayama Zenjiku accompanied by Shuhei and Masaru buried by Daisenji, but it was transformed into a form mainly based on Okamiyama Shrine Okumiya now receiving the Buddha Buddhism. It is a valuable intangible folk cultural asset in that Oyama&39;s original faith is left from collecting spirits and medicinal herbs at the top of Oyama summer, while events are being continued while undergoing a major change of Buddhist Buddhism. Heisei era24 year12 month Tottori prefecture Board of Education --- shrine

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Okamiyama Shrine Okumiya(指定日期,1988年12月19日)大礼堂,佛教寺院,神社Bishou Shrine Shimoyama Shrine大礼堂,佛教寺庙·名人堂我们公司是一个古老的,中世纪的Oyama信仰的中心是Oyamaji的Omiya Taisaku Giho作为测试祈祷而繁荣,但是由于明治的佛和佛的分离是Okamiyama Shrine Okumiya。这里的地方是Oyamadera的各个房屋和医院排列的最里面的区域,现在建于文化的第二年(1805年)的神社是由京都和两个当地的木匠建筑建造的,宽度相同长翼走廊通向主厅,大厅和城堡大厅,这是一个特点。虽然主殿的内部是木材,但是主殿前面的方向和房子内的天花板都装饰着漆器,金色的夜晚,花鸟画。 Shimosha Shrine位于左侧,Shimoyama Shrine是与Okumiya Shrine同时期的复合体,以及Okumiya Shrine,它是一个与主神殿和佛教寺庙相结合的复杂神殿,认为它的形状比现在的Okumiya神社更古老。已经完成了。除了在佛教寺庙的天花板上画花卉图片,它是一棵原始的树,它显示了与总公司神社的区别。 Okumiya也是一个良好的环境,靖国神社是一个宏伟的多功能神社,代表江户时代晚期的神社建筑,具有优秀的设计和技术,并且神社的价值也很高。指定无形民俗文化财产小山神社的一个(指定日期月日,2011年11月25日)每年7月14日和15日在大山举行的牧师。 “Mohi”是一个古老的水词,字面意思是一个采取水的牧师。 14日午夜1点30分,在Okamayama Shrine Okumiya晚会结束后,在山顶附近的石屋举行神节后,收集烈酒和药草。在江户时代,作为Yayama Zenjiku在Daisenji埋葬的Shuhei和Masaru的陪伴下完成,但是它被改造成主要基于Okamiyama Shrine Okumiya现在接受佛教佛教的形式。它是一种宝贵的无形民俗文化资产,因为小山的原始信仰是在大山夏季的顶部收集灵魂和药草,而在佛教佛教经历重大变化的同时,事件仍在继续。平成时代24年12月鸟取县教育委员会---神社

国指定重要文化財
おおがみやまじんじゃおくみや
大神山神社奥宮  (指定年月日 昭和63年12月19日)
 本殿・幣殿・拝殿
 末社下山神社本殿・幣殿・拝殿

 当社は、古代、中世に修験霊場として栄えた大山寺の大智明権現社として大山信仰の中心であったが、明治の神仏分離により大神山神社
奥宮となった。当地はかつて大山寺の諸堂・諸院が立ち並んでいた地域の最奥にあたり、文化2年(1805)に建てられた現在の社殿は、京都と
地元の2人の大工棟梁により建てられ、同じ幅の本殿、幣殿、拝殿に長大な翼廊がとりつくのが特徴である。本殿内部は素木であるが、
本殿正面の向拝や、弊殿内部の天井は、漆や金泊、花鳥絵で飾られている。左手に位置する末社、下山神社は、奥宮社殿と同時期の建築で、
奥宮社殿と同様、本殿と幣・拝殿が一体化した複合社殿で、現在の奥宮社殿より古い形式を留めていると考えられている。 幣殿の天井に
草花の絵を描くほかは素木のままとし、本社社殿と差異をみせている。 奥宮は境内の環境もよく、社殿は規模雄大な複合社殿で、意匠・
技法もすぐれた江戸時代後期を代表する神社建築であり、末社もあわせて価値が高い。

県指定無形民俗文化財
大山のもひとり神事 (指定年月日 平成23年11月25日)
 毎年7月14日、15日に大山で行われる神事。「もひ」とは水の古語で、文字通り水を取るため
の神事である。14日に大神山神社奥宮で夕祭が行われた後、15日深夜1時半の派遣祭を経て
大山山頂へ向かい、頂上付近の石室で神祭執行後、霊水と薬草を採取する。
 江戸時代は、大山寺により写経と経筒埋納を伴う弥山禅定として行われていたが、廃仏毀釈
を受けて現在の大神山神社奥宮を主体とする形に変わった。
 大山山頂で霊水と薬草を採取することから大山の原初信仰を残している点、廃仏毀釈という
大きな変化を受けながらも行事が続けられている点で、貴重な無形民俗文化財といえる。

平成24年12月 鳥取県教育委員会

---
神社

テキスト化

2019-01-12 23:13 (0)
tokada
monumento
2019-01-12 23:03 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

tokada (2019/01/12)
タグ: 神社 重要文化財 鳥取県 大山町