Monumento

荒井神社

2019-01-06

タグ: 神社 平安時代 鎌倉時代 事代主神 大己貴神 舒明天皇 兵庫県 高砂市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Inou shrine I, the festival Daigo Takami (Eiken) Era Goddess (Ebutsan) I, Mr. Miyoshiichi of the Emperor Shu Ming of the Creation, Kai Nao, about 1,360 years ago from now, It was the beginning of our shrine that the Izumo clan who dedicated God got the spirit of the great God of ourselves, advanced to the sea of Seto, opened the beach of Arai, and god festival to permanently stay here is there. Takashi Takashi is familiar to the world as "Gaikoku-san", but as a god of marriage, agriculture, civil engineering architecture has been revered since ancient times, faith is also thick for its many virtues, even now the shrine is It is famous as a shrine of the Ground Festival. The Arai area was called "Okinosho" from the place that was dedicating the age fish (Ayu) to the court in the Heian era, and is often written as "Shrine of the Harima Misaki Shrine Arai Shrine" in the old record of the shrine . After the Kamakura period, under the reverence of a ceremonial ceremony, the shrine was rebuilt by politicians Akamatsu Okami Ohmori Omori of Harima Anniversary of the civilization, Matsudaira Yamato Morinaka Shogunate of Henryu 9 years ago provided Kanda to this shrine. According to the record draft of Arai village presented to the section of Himeji Castle in September, Seike Himeji Castle in September, there are parts that mention the shrine of the shrine, the precincts, etc. According to it , It is known that there was a palace, a treasure house, a guardian worshiper, a worship temple, an ancient temple hall, a stone Buddhist memorial hall, a hall corridor temple. However, after the Meiji period, especially when building and building the shrine from 1967 to 1988, most of them were removed and the existing ones are Gotenba, Shinzo (Inari shrine), Jizo Hall (bird in front of the shrine It is the Sanno of Konzaki). The castle was relocated to the east side of the inner boundary, and now it is a Miyaya shrine, which is a shrine dedicated to Arai Town fighting spirit. The festival is close to January 15th Sunday · Holidays Thousand Ebisu Festival (Yoshiki · Fukudo) April Tsukui Naiku Festival (Karaoke competition) June 8th · Tokuteki Summer Festival (Yuei Shrine · Ring Takasago City Takasago Tourist Association --- Shinto shrine (Takasago city sightseeing association) - Takasago city sightseeing spot - Takasago city sightseeing spot - Temple sightseeing spot

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Inou shrine I,节日Daigo Takami(Eiken)Era Goddess(Ebutsan)I,创世皇帝Shu Ming的Miyoshiichi先生,Kai Nao,大约1360年前从现在开始,在我们的神社的开始,献身上帝的出云氏族获得了我们自己伟大的上帝的精神,进入了濑户海,打开了Arai的海滩,并且神节永久地留在这里一。 Takashi Takashi被世人称为“Gaikoku-san”,但作为婚姻之神,农业,土木工程建筑自古以来就受到尊敬,信仰也因其诸多美德而厚重,即使现在神社也是如此。它以地面节的神社而闻名。 Arai地区被称为“Okinosho”从平安时代将鱼龄(Ayu)献给宫廷的地方,经常被写成神社的旧记录中的“Harima Misaki Shrine Arai Shrine神社” 。在镰仓时代之后,在仪式仪式的崇敬之下,神社由Harima周年纪念文化的政治家Akamatsu Okami Ohmori Omori重建,9年前的Henryu的Matsudaira Yamato Morinaka Shogunate为这个神社提供了神田。根据9月份出现在姬路城的Ara village section section section Se Se Castle Castle Ara Ara Ara Ara Ara Ara Ara Ara Ara Ara Ara Ara record record record record record record record record record record According According According According According According According According According据了解,有一座宫殿,一座宝库,一座守护崇拜者,一座崇拜寺庙,一座古老的寺庙大厅,一座石头佛教纪念馆,一座大厅走廊寺庙。然而,在明治时期之后,特别是在1967年至1988年建造和建造神社时,其中大部分被拆除,现有的是御殿场,Shinzo(稻荷神社),Jizo Hall(神社前的鸟)它是Konzaki的Sanno)。城堡被重新安置在内部边界的东侧,现在它是一个宫殿神社,这是一个献给Arai Town战斗精神的神殿。节日接近1月15日星期日·节假日千惠比节(Yoshiki·Fukudo)4月Tsukui Naiku节(卡拉OK比赛)6月8日·Tokuteki夏季节日(Yuei Shrine·Ring)高砂市高砂观光协会---神社(高砂市观光协会) - 高砂市观光景点 - 高砂市观光景点 - 寺观光景点

荒井神社
一、御祭神 大己貴神 (だいこくさん)
      事代主神 (えべっさん)
一、創祀  第三十四代舒明天皇 の御代
一、由緒
今から約千三百六十年前に、大己貴神を奉斎する出雲氏族が
自己の偉大なる神の霊をいただきもちて、瀬戸の海づたいに進出
して荒井の浜を開拓し、ここに永住するため神祭りをしたのが
当神社のはじまりである。大己貴神は「だいこくさん」と世人に親
しまれているが、縁結びの神、農業、土木建築の神として古くから
崇敬され、その数多いご神徳に対して信仰も厚く、現在でも当神
社は地鎮祭の神社として有名である。 荒井地区は、平安時代
年魚(鮎)を朝廷に献進していたところから「御厨庄」と呼ばれ、神
社古記録にもしばしば「播磨国御厨庄荒井神祠」と記されている。
鎌倉時代 以降、式士の崇敬をうけ、文明年間播磨の大守赤松右京
大夫政則により社殿は再建せられ、延宝九年姫路藩主松平大和守
直短は当神社に神田を献じた。寛延二年(一七四九)九月、姫路城主
酒井雅楽入城の節に差し出したる荒井村の記録控によると、当
神社の社殿、境内等について記されている箇所かあるが、それに
よれば、御殿、宝蔵、鎮守、拝殿、古御祓堂、石仏地蔵堂、廊下
釣鐘堂などがあったことが知られる。しかし、明治以後、とくに昭和
十六年~十八年にかけての社殿新築、ご造営の際に、ほどんどが取
り除かれ、現存するものは御殿、鎮守(稲荷神社)、地蔵堂(神社前に
ある鳥先地蔵)の三殿である。御殿は内境内東側に移転され、現在
は美雄弥神社として、荒井町出身戦殁英霊を祀る社殿になっている。

一、祭事曆
一月十五日に近い日曜・祝日  千両えびす祭(吉兆・福引)
四月廿九日          だいこく祭(カラオケ大会)
六月廿八日・廿九日      夏祭(湯立神事・輪ぬけ祭)
十月九・十日に近い土・日曜日 秋祭(渡御祭・にわか太鼓)
十二月廿五日         厄祓祭(厄年・年祝者参拝)
高砂市
高砂市観光協会

---
神社

テキスト化

2019-01-15 09:24 (9)
tokada
monumento
2019-01-15 09:12 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

tokada (2019/01/15)
タグ: 豊臣秀吉 神社 文化財 万葉集 霧島山 大己貴神 少彦名神 塩釜神社 孝徳天皇 兵庫県 高砂市
tokada (2019/01/15)
タグ: 豊臣秀吉 天然記念物 素盞鳴尊 神社 神功皇后 大己貴命 池田輝政 本多忠政 板倉勝重 奇稲田姫命 円融天皇 兵庫県 高砂市
tokada (2019/01/15)
タグ: 豊臣秀吉 天然記念物 神社 菅原道真 徳川光圀 小林一茶 池田輝政 板倉勝重 醍醐天皇 天満宮 天穂日命 菅原公達 兵庫県 高砂市
tokada (2019/01/15)
タグ: 鉄道 蒸気機関車 C11 兵庫県 加古川市