Monumento

尾鷲神社 大楠

2019-01-06

タグ: 天然記念物 楠 auto-translate 樹木 三重県 尾鷲市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Eagle Shrine Ogasu Kusunoki is an evergreen tree growing naturally in the warm temperate, which is usually a big tree, but the two in the Owase Shrine premises are particularly large, those closer to Kitagawa are as close as they are to the main shrine, close to the main shrine The things of nine meters have been reached. It is estimated to be over 1,000 years old, but due to the big tree, it was designated as the Mie prefectural natural treasure on November 12, 1934 (1937). The main shrine of Owashi Shrine was originally in the west side of this Kusunoki tree, but shifted to the present location because it leaked out by the great earthquake tsunami of Hoei 4 years (1770). Since the original "Kusunoki" was used for Tamushi as well as "Ogatamanoki and Sakaki", the old palace of Owashi Shrine also planted this Kusunoki tree in front of us or what was growing as a sacred tree from the beginning I guess. The Kishu clan carried out a field survey of Okuma in the thirteenth year of Kanetsu (166), but according to the revised book, it is already known that it was six meters in the circumference. Showa 12 (1937) November 12 No Mie Prefecture Cultural Property Natural Monument Designation Owase City Board of Education --- Trees

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 鹰神社Ogasu Kusunoki是一种常绿树,在温暖的温带中自然生长,通常是一棵大树,但是在尾鹫神殿内的两个特别大,靠近北川的那些与它们的主神殿一样近,靠近主神殿已达到九米的东西。估计已有1000多年的历史,但由于这棵大树,它于1934年11月12日(1937年)被指定为三重县的天然宝藏。 Owashi Shrine的主要神殿最初位于这棵Kusunoki树的西侧,但是因为它被Hoei的大地震海啸4年(1770年)泄漏而转移到了现在的位置。由于最初的“Kusunoki”被用于Tamushi以及“Ogatamanoki和Sakaki”,Owashi Shrine的旧宫殿也在我们面前种植了这棵Kusunoki树,或者从一开始就种植了一棵神圣的树我想。 Kishu氏族在Kanetsu第十三年(166)对Okuma进行了实地调查,但根据修订后的书,已经知道它的周长为6米。昭和12年(1937年)11月12日没有三重县文化财产自然纪念碑指定Owase市教育委员会---树木

尾鷲神社 大楠
  の木は暖帯に自生する常緑樹の喬木で、通常
大樹になるものであるが、尾鷲神社境内の二本は
特別に大きく、北川寄りのものは、目どおり周囲
十メートル、本殿寄りのものは、九メートルに達し
ている。樹齢約一千年以上と推定されるが、大樹
のゆえをもって、昭和十二年(一九三七)十一月
十二日、三重県天然記念物 に指定された。
 尾鷲神社の本殿は、もともとこの楠の木の西側
にあったが、宝永四年(一七〇七)大地震津波に
より流出したため現在地に移った。
 往古「クスノキ」は「オガタマノキ・サカキ」
と同じく玉串に使用されたものであるから、尾鷲
神社の古宮も社前にこの楠の木を植えたものか、
あるいは最初から神木として生えていたものであ
ろう。
 紀州藩は寛永十三年(一六三六)奥熊野在々の
現地調査を行なったが、その改め帳によると当時
すでに周囲六メートルであったことがわかる。

 昭和十二年(一九三七)十一月十二日
 三重県文化財天然記念物指定
    尾鷲市教育委員会
---
樹木

テキスト化

2019-01-23 09:32 (5)
tokada
2019-01-15 19:00 (0)
tokada
monumento
2019-01-15 18:56 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

tokada (2019/01/15)
タグ: 神社 牛頭天王 武速須佐之男命 三重県 尾鷲市
wawa (2017/04/23)
タグ: 熊野古道 馬越峠 三重県 紀北町
wawa (2017/04/20)
タグ: ocr-generated 三重県 紀北町
wawa (2017/04/20)
タグ: ocr-generated 三重県 紀北町