Monumento

草津歷史街道

kawa_sanpo

2019/01/18

タグ: 源頼朝 足利義詮 近江八景 草津市教育委員会 最澄 草津歷史街道 矢橋道 矢橋帰帆 矢橋港 鞭崎八幡宮 石津寺 若宮権現 猿田彦神社 正光寺 滋賀県 草津市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Kusatsu Takashi Kaido Highway Yabashi-dori Yabashi-dori was a sideway to Tokaido on the way to the passing of the famous Yabashi at Ohmi Hakkei Yabashi return. As the route to Otsu as much as 50 towns on the lake (about 5.5 km) from the port of Yabashi, as compared to the route via the Futada Bridge, as "It is surrounded by Sanrisato and it is in a boat of Yabashi" as it is said, Yabashi Road also became intense as a short jacket to Otsu due to the heavy use of travelers who rushed forward. The road was separated from the Tokaido by Yakura Ryuga Rikiya corner of the Tokaido line, passed Otsuka, Kawanoshita, and reached Yabashi. The Kusatsu specialty Shakugamonchiya relocated after the Meiji era and the scenery of the returning street Yabashi Tsuyoshi has changed completely, but the signature of the Kanzaki 10 years (1798 years) existed in the former land of Yuga Mochiya, while Hiroshi Yabashi In addition to the existence of Nightlight of the 3rd year (1846) existed, in Yabashi, the legendary Yoritomo Hashizaki Hachimangu Shrine, the Ishizuji Temple with the temple reconstruction of the monk Takumi Shogunate, and Wakamiya Konoshita (Saruhido Shrine), Otsuka has an old shrine such as Shodoji. Kusatsu City Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Kusatsu Takashi Kaido Highway Yabashi-dori Yabashi-dori是通往着名的Yabashi在Ohmi Hakkei Yabashi回程途中的东海道。作为从大桥的港口(约5.5公里)到大津的50个城镇的路线,与通过Futada桥的路线相比,“它被Sanrisato包围,并且在Yabashi的船上”,据说,由于大量使用冲向前方的旅客,Yabashi Road也成为Otsu的短夹克。东海道线的Yakura Ryuga Rikiya角落与东海道分开,经过Otsuka,Kawanoshita,到达Yabashi。草津特产Shakugamonchiya在明治时代之后迁移,返回的街道Yabashi Tsuyoshi的风景完全改变了,但是在Yuga Mochiya的前土地上存在神崎10年(1798年)的签名,而Hiroshi Yabashi除了存在第3年(1846年)的小夜灯之外,在Yabashi,传说中的Yoritomo Hashizaki Hachimangu神社,与寺庙重建的寺院重建的石冢寺和Wakamiya Konoshita (Saruhido Shrine),大冢有一个古老的神社,如Shodoji。草津市教育委员会

草津歷史街道
矢橋道
 矢橋道は、近江八景 矢橋帰帆 で著名な矢橋の渡しへの道で、東海道の脇道であった。
 勢田橋経由の陸路にくらべ、矢橋港から湖上50町ほど(約5.5km)の大津への航路は、「勢多へ回れば三里の回りこざれ矢橋の舟にのろ」とうたわれたように、先を急ぐ旅人が重用する
ところとなり、これにつれて矢橋道も大津への短捷路として往来が激しくなった。
 道は、東海道筋の矢倉姥ヶ餅屋角で東海道と分かれ、大塚、川ノ下を経て、矢橋に至った。
 なお、草津名物姥ヶ餅屋は明治以降移転し、名勝矢橋帰帆の絶景も一変したが、姥ヶ餅屋旧地には寛政10年(1798年)建立の道標が現存、一方矢橋港 跡にも弘化3年(1846年)建立の常
夜灯が現存するほか、矢橋には源頼朝 の伝説ゆかりの鞭崎八幡宮 、僧最澄 創建で足利義詮 再建の寺伝を有す石津寺 、川ノ下には若宮権現猿田彦神社 )、大塚には正光寺 などの古社寺がある。
草津市教育委員会

テキスト化

tenma
2019-02-03 16:42 (0)
tenma
monumento
2019-01-18 10:57 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2019/01/18)
タグ: 草津宿 東海道名所図会 大津宿 矢橋道 鞭崎八幡宮 船代官 連歌師宗長 滋賀県 草津市
kawa_sanpo (2017/02/18)
タグ: 歌川広重 伊勢参宮名所図会 立場 東海道名所図会 矢倉立場 草津宿南 矢倉村 矢橋の渡し 醒睡笑 草津市指定文化財 滋賀県 草津市
wawa (2017/08/21)
タグ: 東海道 江戸時代 中山道 延宝 草津宿 東海道名所図会 文化 京都 草津市教育委員会 追分 行者 伊勢大神宮 草津追分 石道標 壬生村のあしだの 万宝院 山城愛宕山 愛宕神 近江名所図会 滋賀県 草津市
wawa (2017/08/21)
タグ: 東京日日新聞 東京帝国大学 立木神社 日本の新聞学研究の開拓者 小野秀雄 萬朝報 日本新聞学会 日本新聞発達史 新聞原論 かわら版物語 顕彰碑建立委員会 滋賀県 草津市