Monumento

琵琶湖疏水  第一竪坑

kawa_sanpo

2019/01/18

タグ: 琵琶湖疏水 蹴上インクライン 京都市上下水道局 国の史跡 第一竪坑 三井寺下 藤尾 田邉朔郎 第1疏水のトンネル 各出入口 第1竪坑 第2竪坑 第11号橋 山ノ谷橋 南禅寺水路閣 滋賀県 大津市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Lake Biwa Canal The First Pit Shaft The First Vertical Shaft (Shaft) The Lake Biwa Canal Water was created in the Meiji Restoration and the city was moved to Tokyo, aiming for the revival of Kyoto, which had lost its liveliness. Meiji 18 (1885), construction of the first canal began. The first tunnel of the first canal was digged from Otsu&39;s Mitsuji Temple and Fujio from both sides. At the same time, we dig down the first shaft at about 740 m from the Fujio side (one third of the total length of the first tunnel), dig it from the bottom towards the entrances of Mitsuji Temple and Fujio down to the west of Otsu, The tunnel penetrated. In this way the first tunnel completed in 1890 was the longest tunnel in Japan at the time (total length 2,436 m). Vertical shaft was a tunnel that was drilled vertically from the surface of the earth and was created for promotion, ventilation and daylighting of construction. The depth of the shaft is about 50 m. In addition, the top of the wellhead from the ground up to 5.5 m has a circular shape with a diameter of 5.5 m, and the portion below it is an elliptical shape of 3.2 m × 2.7 m. In 1939, Shuro Tanabe * who was responsible for Lake Biwa canal construction work looked back on the construction of the canal, "Although the most difficult situation was the shaft, at the same time it gave us security on the construction That is the vertical pit. " In June 1996, the entrance to the 1st canal of the tunnel (1st, 2nd, 3rd), the 1st shaft, the 2nd shaft, the 11th bridge (Japan first interdisciplinary mixed soil Bridge), Yamanotabashi Bridge, Kakehashi Incline, Nanzenji Waterway Pavilion are designated as national historic sites. Kyoto City Water and Water Supply Bureau Waterworks Bureau, City of Kyoto * Shiburo Tanabe: 1861 (Fumihisa Nakaku) year 1944 (1977) entered the Engineering College of Engineering (currently the University of Tokyo Faculty of Engineering) in 1877, In the same year 16, I graduated. There is a famous episode that a graduation thesis relates to Lake Biwa canal and has drawn with the left hand and written a paper while injuring his right hand. As soon as I graduated, I was adopted by Kyoto Prefecture for the construction of Lake Biwa Lake Construction, and in the same 20 years I became responsible for all the Lake Biwa canal construction work. [References] Kyoto Shimbun new edition edited "100 years of Lake Biwa canal" Kyoto municipal waterworks bureau, Heisei 2 (1990) Kyoto municipal office electrical affairs section "Lake Biwa canal and water use project" Kyoto municipal electrical office, Showa 15 ) Year Shurou Tanabe "Lake Biwa Canal Construction Guide" Meiji 24 (1891) November

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 琵琶湖运河第一个竖井第一个竖井(竖井)琵琶湖运河水是在明治维新中创建的,城市搬到了东京,旨在恢复失去活力的京都。明治18 (1885年),第一条运河的建设开始了。第一条运河的第一条隧道是从Otsu的Mitsuji Temple和Fujio两侧挖出的。与此同时,我们从不二雄方向约740米(第一条隧道总长度的三分之一)挖出第一根井,从底部向Mitsuji Temple和Fujio的入口挖掘到大津以西,隧道穿透了。通过这种方式,1890年完工的第一条隧道是当时日本最长的隧道(总长度为2,436米)。垂直竖井是一条从地球表面垂直钻出的隧道,用于建筑的促进,通风和采光。轴的深度约为50米。此外,井口从地面到5.5米的顶部具有直径为5.5米的圆形形状,其下方的部分为3.2米×2.7米的椭圆形。 1939年,负责琵琶湖运河建设工作的Shuro Tanabe *回顾了运河的建设,“虽然最困难的情况是竖井,但同时它给了我们建筑安全那是垂直坑。“ 1996年6月,隧道(第1,第2,第3),第1轴,第2轴,第11桥(日本第一个跨学科混合土)的第1道入口桥梁),山中桥桥,Kakehashi斜坡,南禅寺水道馆被指定为国家历史遗址。京都市自来水局京都市自来水局* Shiburo Tanabe:1861年(Fumihisa Nakaku)1944年(1977年)于1877年进入工程学院(现为东京大学工学部),在同一年16,我毕业了。有一个着名的插曲,一个毕业论文与琵琶湖运河有关,并用左手绘制并在他的右手受伤时写了一篇论文。毕业后,我被京都府收养,用于建造琵琶湖建设,在同样的20年里,我负责所有琵琶湖运河建设工作。 [参考文献]京都新闻编辑了“琵琶湖运河100年”京都市自来水局,平成2(1990年)京都市政府电话科“琵琶湖运河和用水工程”京都市政电力办事处,昭和15 )年度Shurou Tanabe“琵琶湖运河建设指南”明治24年(1891年)11月

琵琶湖疏水  第一竪坑
Lake Biwa Canal The First Pit Shaft
第一竪坑 (シャフト)
 琵琶湖疏水は,明治維新で東京に都が移り,活気を失っていた京都の復興を目指してつくられたもので、明治18(1885)年に,第1疏水の工事がはじまりました。第1疏水の第1トンネルは、大津の三井寺下藤尾 の両側から掘りすすめられました。同時に、藤尾側から約740m(第1トンネル全長の3分の1の地点)のところに第1竪坑を掘り下げ、その底から大津の三井寺下・藤尾の東西両側の出入り口に向けて掘り進め、東西のトンネルが貫通しました。このようにして明治23(1890)年に完成した第1トンネルは,当時日本で一番長いトンネル(全長2,436m)となりました。
 竪坑とは,地表から垂直に掘り下げた坑道で、工事の促進・換気・採光のためにつくられました。竪坑の深さは約50mあります。また,地上から5.5mまでの坑口上部は、直径5.5mの円形、 それ以下の部分は3.2m×2.7mの楕円形になっています。
 琵琶湖疏水工事の責任者であった田邉朔郎 *は,昭和14(1939)年、疏水工事を振り返って「一番苦しんだのは竪坑ですけれども、それと同時に工事上で安心を与えてくれたのがあの竪坑です」と語っています。

なお、 平成8(1996)年6月には,第1疏水のトンネル (第1、第2、第3)の各出入口第1竪坑第2竪坑第11号橋 (本邦最初鐵筋混凝土橋)、山ノ谷橋蹴上インクライン南禅寺水路閣 の12箇所が国の史跡 に指定されました。
京都市上下水道局 
Waterworks Bureau, City of Kyoto

※田邊朔郎:1861(文久元)年~1944(昭和19)年
明治10(1877)年工部大学校(現在の東京大学工学部)に入学し、同16年、卒業しました。
卒業論文が琵琶湖疏水にかかわるもので、右手を怪我しながらも、左手で製図し、論文を書いたという有名なエピソードがあります。卒業してすぐに琵琶湖疏水工事のために京都府に採用され、同20年琵琶湖疏水工事全ての責任者となりました。
【参考文献】京都新聞社編『琵琶湖疏水の100年』京都市水道局、平成2(1990)年京都市電気局庶務課『琵琶湖疏水及水カ使用事業』京都市電気局、昭和15(1940)年田辺朔郎著『 琵琶湖疏水工事図鑑』 明治24(1891)年11月

テキスト化

tenma
2019-02-01 18:26 (0)
tenma
monumento
2019-01-18 15:51 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2019/01/18)
タグ: 観音 勢至 地蔵菩薩 阿弥陀如来坐像 彫刻 大津市教育委員会 大津市指定文化財 藤尾磨崖仏 大津市藤尾奥町 山田堂 藤尾観音堂 滋賀県 大津市
kawa_sanpo (2017/02/19)
タグ: 芭蕉 東海道と 伏見街道 大津算盤 滋賀県 大津市
kawa_sanpo (2017/02/19)
タグ: 車石 車道 東海道大津 京都間 歩車道分離 放光山閑栖寺 滋賀県 大津市
kawa_sanpo (2019/01/19)
タグ: 縄文時代 弥生時代 奈良時代 須恵器 縄文土器 打製石斧 芝町遺跡と諸羽神社 若宮八幡宮の御旅所 芝町遺跡 芝ノ町 四ノ宮 音羽 小山 有孔磨製石斧 磐境 山科魅力展開プロジェクト 山科区役所区民部まちづくり推進課 滋賀県 大津市