Monumento

ご案内

kawa_sanpo

2019/01/19

タグ: 景行天皇 日本武尊 建部大社 小唯 平治物語 滋賀県 大津市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Guide Building Taisha Building Taisha Chronological Schedule Second Emperor of the Emperor and the name is Ko Yui (Osu) Scenic Area 27 (300 years) Prince Ogata Prince Kyushu Raiding the Battle A scene from which this is named Taketoshi Japan Year (312 years) In the Suruga country of eastern warfare escape the difficulties with the sword of Kusanagi (celestial cloud sword) Sculpture 42 years (314 years) at the Japanese Taketoshino victory Scenic landscape line 46 years (316 years) It is the beginning of our company that the senior citizen multiple slow sales sought to establish a shrine in Chisaki County Chise Grass and enshrined Nippon Takefu (The above is due to the Shochi in Tsuboza Taisha) 4 years in Hakuho (675) As a guardian of Omi Tenpyo Katsue 7th year (755 years) dedicated to the Setano Ohno Mountain Oshi Kunimitsu declare Omi Kuniyonomiya dedicated to the authority in 1150 Yoritomo Yoritomo was defeated by the turbulence of the Heiji era and flowed to Izu Next We pray for the rebirth of Genji (from the Heiwa Monogatari) Sogon 2 years (1183 years) Yoshinari Kiso Army plays a field in the forest of the company with the Prism Sheng Sheng Army Year first year (1190) God appreciated the Kamikaze God of Rakuro as Right General General Yoshihisa Okubo 312 (1221) Burnt by the Hojo Shobun army (Terunavi of Kagaku) Famous 2nd year (1223) Three shares of cedar grows overnight in the future Nakamura who made three cypresses as a feminine 2nd year of evil (1223) The reconstruction of the shrine by Hōjo Rei Building 3rd year (1336 years) The battle of Jinba Ashikaga Joshiya Army Centered around the centennial Hundred thousand horses celebrated Shuhe 5 Year (1350) All the shrines burned down due to the Ashikaga Justice Army and the Sasaki army rebuilding 6 th year (1399) General Shogun Yoshiyoshi Shrine reconstructed Yoshinaga 14 years (1407) Yoshimitsu Ashikaga Visit to pray before the beginning Yoshinori first year (1467) By the fire of the Yamanee army firefighters (Renin no Naka) Bunkyo Nakagu (1861) The current main shrine built by all the shrines Meitō first year (1860) Emperor Meiji KUBUNOMIKA Asahiro royal visit by 1890 (1899) Promotion of Japanese government secretary Taisho 4th year (1915) Chichibu Takamatsu shrine 1918 (1918) Showa emperor worship 1981 (1981) the current emperor worship

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 导游大厦泰莎大厦泰沙年代时间表皇帝二皇帝,名称是高井(大须)风景区27(300年)王子绪方王子九州袭击战斗这个名为Taketoshi Japan的场景年(312年)在东部战争的骏河国家逃脱困境用草剑(天剑云)雕塑42年(314年)在日本竹武胜利景区景观线46年(316年)我们公司的开始,老年人多次缓慢的销售寻求在Chisaki县Chise草建立一个神社,并供奉Nippon Takefu(以上是由于Tsoboza Taisha的Shochi)在Hakuho 4年(675)作为Omi的监护人Tenpyo Katsue第7年(755年)致力于Setano Ohno Mountain Oshi Kunimitsu宣布Omi Kuniyonomiya致力于1150年的权威Yoritomo Yoritomo被黑吉时代的动荡击败并流入伊豆接下来我们祈求源氏的重生(来自平和物语)Sogon 2年(1183年)Yoshinari Kiso军队在Prism盛生军年第一年(1190年)在公司的森林中扮演一片田地上帝赞赏Rakuro的神风神作为右大将Yoshihisa Okubo 312(1221)被Hojo Shobun军队(科学的Terunavi)烧毁着名的第2年(1223年)三个雪松在未来的中村生长,将三棵柏树作为女性第二年的邪恶(1223)由HōjoRei大厦重建第三年(1336年)金巴足利乔希亚军的战斗以百年马为中心庆祝束河5年(1350年)由于足利司法军和佐佐木军队重建第6年(1399年)幕府将军将军重建吉永14年(1407)Yoshimitsu Ashikaga所有神社被烧毁参观祈祷开始Yoshinori第一年(1467年)由Yamanee军队消防员(Renin no Naka)的火灾Bunkyo Nakagu(1861年)所有神社Meitō第一年(1860年)皇帝明治建造的现在的主神殿KUBUNOMIKA Asahiro皇家访问1890年(1899年)日本政府大臣大正4年(1915年)秩父高松神社的推进1918年(1918年),昭和天皇的崇拜1981(1981)当前皇帝祭祀

ご案内
建部大社
建部大社 年表
景行天皇 の第二皇子で名は小唯 (おうす)と申し上げる
景行27年(300年) 小碓皇子九州熊襲を平定 これより日本武尊 と名乗る
景行40年(312年)東征の途次駿河国にて草薙の剣(天叢雲剣)で難を逃れる
景行42年(314年) 日本武尊野褒野にて薨去
景行46年(316年)御妃布多遅比売命が神埼郡千草嶽に社殿を創建し日本武尊を祀られたのが当社のはじまりである
(上記は建部大社小史による)
白鳳4年(675年) 近江の守護神として瀬田大野山に遷し祀る
天平勝宝7年(755年)大己貴命を権殿に祀る 近江国一之宮を宣る
永歷元年(1160年)源頼朝平治の乱に敗れ伊豆に流される途次当社に参籠源氏再興を祈願する(平治物語 より)
寿永2年(1183年)木曽義仲軍が平知盛軍と当社の森にて野戦を行う
建久元年(1190年)源頼朝右大将として上洛の折神恩に感謝し幾多の神宝を奉納
承久3年(1221年) 北条時房軍により焼き払われる(承久の乱)
貞応2年(1223年)現在の地に奉遷され一夜にして社頭に3株の杉が生える爾来三本杉を神紋とした
貞応2年(1223年)北条頼経により社殿再建
建武3年(1336年) 建武の戦い 足利直義軍当社を中心に十万騎が駐屯
正平5年(1350年) 足利直義軍と佐々木軍との戦により社殿ことごとく焼失
応永6年(1399年)将軍足利義持社殿を再建
応永14 年(1407年) 足利義満前途を祈願に参拝
応仁元年(1467年) 山名軍の兵火により社殿炎上(応仁の乱)
文久元年(1861年) 社殿全てご造営なる 現在の本殿
明治元年(1860年) 明治天皇奉幣使差遣
明治13年(1880年) 久迩宮朝彦親王ご参拝
明治32年(1899年)官幣大社昇格
大正4年(1915年)秩父 高松宮ご参拝
大正7年(1918年)昭和天皇参拝
昭和56年(1981年) 現天皇陛下参拝

テキスト化

tenma
2019-02-02 18:15 (0)
tenma
monumento
2019-01-19 10:16 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2017/02/18)
タグ: 重要文化財 石燈籠 日本武尊 建部大社 木造女神像 滋賀県 大津市
tokada (2019/03/04)
タグ: 日本武尊 建部大社 紙幣 滋賀県 大津市
kawa_sanpo (2019/01/19)
タグ: 景行天皇 大己貴命 日本武尊 天武天皇 建部大社 近江一の宮 神崎郡建部郷千草嶽 孝德天皇 滋賀県 大津市
kawa_sanpo (2017/02/18)
タグ: 本能寺の変 大友皇子 明智光秀 後鳥羽上皇 源範頼 大津市 壬申の乱 大海人皇子 承久の乱 古都指定都市 瀬田の唐橋 藤原仲麻呂の乱 孝謙上皇 俵藤太伝説 義経軍 木曾義仲 山岡景隆 安土城進撃 滋賀県 大津市