Monumento

外堀

wawa

2019-01-20

タグ: 船蔵 松平頼重 寛永 水戸光圀 天正 高松城 瀬戸内海 生駒親正 版籍奉還 築城 高松市教育委員会 外堀 東讃 東浜港 片原町 兵庫町 高松駅 香川県 高松市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Outer hole Takamatsu Castle is a castle built by Ikoma gento (Ikoma Chika Masa) in the 16th year of Tenson (1888), facing the Seto Inland Sea in the north, the other three directions are Uchibori, Nakahori, Outbar We had a triple moat around. After Mr. Ikoma&39;s 4th generation, 12 thousand stones were given to Matsudairori Megumi (brother Mito Mitsuaki) in Kanaga - nine years (164 2) and enter Takamatsu Castle, then Meiji 2 years ( It was boasting as Mr. Matsudaira &39;s castle during the period of one twenty - two - eighteen years until the consecration of the edition of 128,000. At the beginning of the Meiji Era was landfilled, urbanization progressed, only about 80,000 square meters remains as a castle race now. The range of the outer moat can be seen from the fact that TOHAMA Castle was a vast area (about 660,000 square meters), with the present TOHHAMA port as the northeastern part, Kataruhara Town and Hyogo Town as the south, Takamatsu station as the northwestern part. The current location is located at the north west end of the outer moat. On the northwest side there was a ship of the clan. Takamatsu City School Board of Education: Public Interest Foundation Matsudaira Public Utility Association

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 外洞高松城堡是由Ikoma gento(Ikoma Chika Masa)在Tenson(1888年)的第16年建造的城堡,面向北部的濑户内海,其他三个方向是Uchibori,Nakahori,Outbar我们周围有三条护城河。在Ikoma先生的第4代之后,在Kanaga给了Matsudairori Megumi(兄弟Mito Mitsuaki)12千块石头 - 九年(164 2)并进入高松城堡,然后进入明治2年(在二十二至二十八年期间,它一直吹嘘着Matsudaira先生的城堡,直到128,000版本的奉献。在明治时代开始填埋,城市化进程,现在只剩下约80,000平方米的城堡竞赛。外围护城河的范围可以从TOHAMA城堡是一个广阔的区域(约66万平方米),现在的TOHHAMA港口作为东北部分,Kataruhara镇和兵库镇作为南部,高松站作为西北部分。目前的位置位于外护城河的西北端。在西北侧有一艘战队的船。高松市教育委员会:公共利益基金会Matsudaira公用事业协会

外堀

 高松城天正 一六年(一五八八)に生駒親正 (いこまちかまさ)によって築城
された城郭で、北は瀬戸内海 に面し、その他の三方向は、内
堀、中堀、外堀の三重の堀を巡らせていました。生駒氏四代
の後、寛永 ー九年(一六四二)に松平頼重 (水戸光圀 の兄)
東讃 一二万石が与えられ、高松城に入ると、以後、明治二
年(一八六九)の版籍奉還 まで一一代二三八年の間、松平氏
の居城として威容を誇っていました。
 明治初期に外堀が埋め立てられ、市街化が進み、現在約八
万平方メートルのみが城跡として残っています。外堀の範囲
は、現在の東浜港 が北東部、片原町兵庫町 が南側、高松駅
が北西部にあたり、高松城が広大な面積(約六六万平方メー
トル)であったことがうかがえます。
現在地は外堀の北西端に位置します。この北西側には藩の
船蔵 が所在していました。
高松市教育委員会
贈:公益財団法人松平公益会

テキスト化

wawa
2019-01-20 20:25 (0)
wawa
monumento
2019-01-20 19:57 (0)
monumento

コメント・周辺画像

wawa wawa 8ヶ月

外堀 高松駅付近

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2017/05/14)
タグ: 高松市街地 散策案内 高松の五大観光地 香川県 高松市
wawa (2017/05/14)
タグ: 高松城 香川県 高松市
wawa (2018/05/16)
タグ: 石垣 凝灰岩 櫓門 鉄門 豊島石 遺物 出土 落雷 auto-translate 三の丸 玉藻公園 高松城跡 二の丸 香川県 高松市
wawa (2018/05/16)
タグ: 水門 与謝野晶子 龍宮 高松城 瀬戸内海 玉藻公園 日本三大水城 高松城跡 海城 海上 宮殿 築港 稚魚 クロダイ スズキ 香川県 高松市