Monumento

ocr-generated 9 辻堂地域のまちの歩み

kawa_sanpo

2015/01/11

タグ: ocr-generated 神奈川県 藤沢市

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 9 辻堂地域のまちの歩み
1. 大庭御厨
辻堂地域一帯は高座丘陵の南に拡がる砂丘地帯である。
古代において、この砂丘地帯は農業等に不向きの不毛の地
であり、人が関与していた記録はない。
辻堂地域が歴史に登場するのは11世紀以降で、その最初
は東国武士の1人鎌倉権五郎景政(大庭景正)が現在の藤沢
市南部と茅ヶ崎市一帯に開発した大庭御厨(伊勢神宮に寄
進された荘園)である。
大庭御厨の13郷の1つに「神郷」があり、神台の地名はここ
に由来する。
り 辻一発
行風速
線 大正勝経都
近世初
東の伊勢神宮 (1192年以前)
にほふじさわまより)
で説得を
【内
)
特長|しばらく)の
人公 t倉種主義書
(大意報ま)
本田氏終を本
神文すよ」
大業物語層は
じききまより)。

テキスト化

monumento
2018-03-28 15:50 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/01/11)
タグ: ocr-generated 神奈川県 藤沢市
kawa_sanpo (2015/01/11)
タグ: ocr-generated 神奈川県 藤沢市
kawa_sanpo (2015/01/11)
タグ: 神奈川県 藤沢市
kawa_sanpo (2015/01/11)
タグ: 神奈川県 藤沢市