Monumento

三明寺本堂と本堂内宮殿

2016-06-02

タグ: 文化財 室町時代 国指定重要文化財 寺 弁財天 愛知県 豊川市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Aomida Main Hall and main hall inside palace main hall Aichi prefecture designated cultural asset It is the main hall of the tile roof of the tangle between the five rows and the beams of five people rebuilt in the designated Masanori second year (1712) on Heisei 2 2804. The ceiling in the house is drawn in a rich color painting on the ceiling, and both the sculpture and the sculpture represent the characteristics of the Genroku and Shintoku years a lot. In rebuilding the main hall, the old document that Nakata (Ogasawara) Shirou Yakuda Yoshitaka Oyako, who was a powerful person of Toyokawa village, proceeded with construction with the cooperation of 48 thousand people from neighboring villages remain. Although the carpenter who got the construction is Akobuko village Okada Yoshaburo Akane, but the excellent workmanship and wisdom of the local carpenter seems to be, it can be said that it is a Buddhist temple with the regional characteristics of the eastern Mikawa in modern times. Palace Country Designated Important Cultural Property March 31, 1954 The designated palace is in the main hall, it is a fishery that rests the Benzaiten of Honshu. In the construction of Astronomical 23 years (1554), the company for the first time crafting, surrounding the edge with Shoji side shoji, the roof is persimmon. It is a wooden building with more than 1 m in height and between girder and 4 m in height and is well preserved up to the main parts such as pillars and roofs and details such as rafters and rafters while having the aim of small company shrine, I convey well the style of the late Muromachi period. Toyokawa City Board of Education --- Temple

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 奥米达大厅和爱知县宫殿主殿内的主大厅指定文化遗产在平成2 2804,在指定的正德第二年(1712年)重建的5行和5个人的梁的瓦屋顶的主殿。房子的天花板是用天花板上丰富的彩色绘画绘制的,雕塑和雕塑都代表了Genroku和Shintoku年代的特征。在重建大厅,作为丰川村的一个强大的人的中田(小笠原)Shirou Yakuda Yoshitaka Oyako,与来自邻近村庄的48000人的合作继续建设的旧文件它仍然存在。虽然建造的木匠是Akobuko村冈田Yoshaburo Akane,但是当地木匠的出色工艺和智慧似乎是,可以说它是具有东方三河近代地域特色的佛教寺院。宫廷国家指定重要文化财产1954年3月31日指定的宫殿位于正殿内,是一个渔业,位于本州的Benzaiten。在建造天文23年(1554年),该公司首次制作,周边用障子侧面障子,屋顶是柿子。这是一座高1米以上,高度为4米的木制建筑,保存完好,主要部分如柱子和屋顶,以及椽子和椽子等细节,同时以小公司为目的,我很好地传达了室町时代晚期的风格。丰川市教育委员会---寺

三明寺本堂と本堂内宮殿
本堂
愛知県指定文化財 平成4年2月28日 指定
 正徳二年(1712)に再建された桁行五間・梁行五間の
本瓦葺きの本堂です。堂内の天井は格天井で極彩色画が描
かれ、彫刻ともに大らかで元禄・正徳年間頃の特徴をよく
表しています。
 この本堂再建に際しては、豊川村の有力者であった中田
(小笠原)四郎右衛門義忠親子が近隣の四十八か村から数千
人に及ぶ人足の協力を得て工事を進めたという古文書も残
っています。
 建築にあたった大工は、牛久保村の岡田善三郎成房です
が、地元大工の優れた技量と知恵がうかがえ、近世の東三
河の地方的な特色を備えた仏堂といえます。

宮殿
国指定重要文化財 昭和28年3月31日 指定
 宮殿は本堂内にあって、本尊の弁財天 を安置する厨子です。
天文二十三年(1554)の建造で、一間社流造、高欄脇障子付
の縁を巡らし、屋根は柿葺きです。桁行・梁間ともに1m余、
高さ4m余の木造建物で、小社殿の趣を持ちながら、柱・屋
根などの主要部材や組物・垂木などの細部に至るまで良好
に保存されており、室町時代 末期の様式をよく伝えています。

豊川市教育委員会

---

テキスト化

2019-01-21 22:57 (0)
tokada
monumento
2019-01-21 22:48 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

tokada (2019/01/21)
タグ: 国指定重要文化財 寺 三重塔 南北朝時代 愛知県 豊川市
wawa (2017/05/06)
タグ: 豊川稲荷 三明寺 薬師如来堂 豊川進雄神社 徳城寺 愛知県 豊川市
wawa (2017/05/06)
タグ: ocr-generated 愛知県 豊川市
wawa (2017/05/06)
タグ: ocr-generated 愛知県 豊川市