Monumento

山形県指定有形文化財 (建造物)

2016-07-24

タグ: 神社 有形文化財 天満宮 戸沢家 山形県 新庄市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Shiken Prefecture Designated Tangible Cultural Property (Building) Temma Shrine Main Hall · Hall Hall Designated August 25, Showa Showa 6 This Temari Shrine has been revered as a shrine of the Shinjo lord Tokzawa family from the Kakunodate era of the former Akita Semboku It was. In 16th year of Prime War (162), the founder Masumori Masumori moved to the fold that entered Shinjo from Changzhou (now Ibaraki prefecture) Matsuoka, and in the 5th year of Kanji (1628), Shinjo Castle Southwest It is a thing which went to the present place of. The main hall is one-time company flower-making, the hall of worship is a three-story entrance building, both of which are heavy construction with the roofing materials, one of the shrine buildings that well represents the characteristics of the architectural style in the early Edo period. Second generation lord owner Masaki Reconstructed the shrine in Hirofumi eighth year (1668) in the public era, and further prayed for the breath injury of Mikito Chika in eight years (1680), the roof It has been written on the building notes that I did a roof change etc. The current Shinjo Festival, where luxurious mountain cars steadily walk through the city, is said to be the beginning of the festival of Tenmangu shrine, the father of the Tozawa family. December 1993 Shinjo City Board of Education --- Shrine Tenmangu Shrine

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Shiken Prefecture指定有形文化财产(建筑物)Temma Shrine Main Hall·Hall Hall 8月25日指定昭和昭和6这个Temari神社在前Akita Semboku的角馆时代被尊为新宿领主Tokzawa家族的神社是的。在Prime战争的第16年(162),创始人Masumori Masumori从常州(现茨城县)松冈进入新庄,并在Kanji(1628)的第5年,西城新城是到现在的地方的东西。主厅是一次性的公司造花,礼拜堂是一幢三层的入口建筑,两层都是重型建筑,屋顶材料,其中一座祠堂建筑很好地代表了江户时代早期建筑风格的特点。第二代领主Masaki在公共时代第八年(1668年)在Hirofumi重建了神社,并且在八年(1680年),屋顶进一步祈祷Mikito Chika的呼吸受伤已经写在建筑笔记上我做了屋顶改变等。目前的新庄节,豪华山地车稳步穿过城市,据说是天泽神社的父亲,天满家的父亲。 1993年12月新城市教育委员会---神社天满宫

山形県指定有形文化財 (建造物)
天満神社本殿・拝殿
    昭和六十二年八月二十五日 指定
 この天満神社は、新庄藩主戸沢家 の氏神として、旧
領秋田仙北の角館時代から崇敬されてきました。
 元和八年(一六二二)に、藩祖政盛公が常州(現茨
城県)松岡から新庄に入部した折りに共に移し、寛永
五年(一六二八)に、新庄城本丸西南の現在地に遷座
したものです。
 本殿は、一間社流造り、拝殿は三間の入母屋造り
で、いずれも茅葺きの素材で重厚な造りであり、江戸
時代前期の、建築様式の特徴をよく表している神社建
築の一つです。
 二代藩主正誠公時代の、寛文八年(一六六八)に社
殿を再建し、さらに延宝八年(一六八〇)には、愛児
政武の息災延命を祈願して、茅屋根の葺き替えなどを
行ったことが、棟札に記されています。
 豪華な山車が、市内を賑々しく練り歩く現在の新庄
祭りは、戸沢家の氏神である、天満宮の祭礼が始まり
とされています。

平成十三年十二月 設置
新庄市教育委員会

---
神社 天満宮

テキスト化

2019-01-23 16:59 (0)
tokada
monumento
2019-01-23 16:55 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

tokada (2019/01/25)
タグ: 神社 菅原道真 国重要無形民俗文化財 天満宮 山形県 新庄市
tokada (2019/01/20)
タグ: 神社 戸澤衡盛 戸澤政盛 戸澤正實 auto-translate 39 戸沢家 山形県 新庄市
tokada (2019/01/23)
タグ: 墓所 戸沢家 auto-translate 39 山形県 新庄市
tokada (2019/01/25)
タグ: 国指定史跡 墓所 戸沢家 山形県 新庄市