Monumento

火山体験遊歩道を歩こう ~溶岩流のすさまじさと噴火災害を体感する遊歩道~

2016-07-23

タグ: 火山 伊豆諸島 東京都 三宅村

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Let&39;s walk on the mountain experiential promenade - the frenzy of the lava flow and the promenade to experience the eruption disaster - Miyakejima is a volcanic island with a diameter of 25 km and a height of 1,200 m when including the seabed portion. In the past 100 years, four eruptions occurred in 1940, 1962, 1983, 2000. The Volcano Experience Promenade is a promenade made on the lava flow which included the Aka village only by the eruption which occurred in 1983 (Showa 58). Volcano Experience Let&39;s feel the power of the eruption of Miyakejima volcano and the amazement of the lava flow while walking along the promenade, and feel the relationship between the people of Miyakejima and the eruption. Volcanic topic 1983 (1983) eruption Eruption of 1983 1983 (around 1953) around 15:15 on October 3, a sudden eruption began at the mountain of the mountain in the southwest mountain of Mount Oyama, then the whole length 4.5 km There was a crack eruption which took place. Magma and underground water, lake water, seawater contacted with magma in the Shin Mio pond and the new nose in southern part of the island caused severe magmatic steam explosion. As a result, the Shin Mio pond which was a mysterious lake which was said to "change the color of seven colors a day" was blown away, and the scoria hill formed by accumulation of ejecta was made (one of which is Shin-noseishin) . A burning lava of several tens of meters was emitted from the crater row, and a large amount of volcanic ash and scoria (pumice) blown up descended to the Tsubota area in the east, on the west breeze, and caused great damage to forests and fields It was. On the other hand, the overflowing lava flowed in three directions as a lava flow, the lava flow that descended to the south crossed the Awa area and reached the coast, and the largest lava flow that flowed down west was 2 hours Later, I crossed a circle road and flowed into this Ako area. At the time, about 520 households in the Ako area, 1,300 people lived, but the lava flow brought about enormous damage that fills more than 340 houses, about 19 hectares of Aka village. The school building in front of you is covered with lava flow to the rooftop, its thickness has reached over 10 m. The residents evacuated to the other side of the island with one thing and escaped this difficulty without a single casualties, but they lost a lot of things overnight. The eruption ended on the morning of October 4 the following day. Niigata pond is blown away New Shinzan Xinyama is born (near the new nose) On October 4, 1983 Shooting crack Eruption occurred Fire pillar rises (from Ako Fishermen&39;s Cooperative) October 3, 1983 Mr. Okiyama Senaki At the center of shooting sightseeing and fishing Ako village shot in May 1952 (before eruption) Ako village that was crowded with lava flow Shooting in November 1988 (after eruption) Let&39;s observe the rules ○ Lava is easy to injury because of its sharp mouth is. Let&39;s not go outside from the boardwalk. ○ Let&39;s not take out lava. Miyake village --- Volcano Izu Islands

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 让我们走在山上的体验长廊 - 熔岩流的狂热和体验火山爆发的长廊 - 三宅岛是一个火山岛,直径25公里,海床部分包括海拔1,200米。在过去的100年中,在1940年,1962年,1983年,2000年发生了四次火山爆发。火山体验长廊(Volcano Experience Promenade)是一个由熔岩流构成的长廊,其中包括仅在1983年爆发的阿卡村(昭和58)。火山体验让我们感受Miyakejima火山喷发的力量以及沿着长廊散步时的熔岩流的惊奇,感受三宅岛人与火山喷发之间的关系。火山话题1983年(1983年)喷发1983年萌芽1983年(大约1953年)10月3日15:15左右,在大山山西南山的山上突然爆发,然后全长4.5公里发生了裂缝爆发。岩浆和地下水,湖水,海水与新Mio池塘中的岩浆接触,岛屿南部的新鼻子引起严重的岩浆蒸汽爆炸。结果,作为被称为“每天改变七种颜色的颜色”的神秘的湖泊的新Mio池被吹走了,并且由于喷射物的积累形成的渣滓山(其中一个是Shin-noseishin) 。从火山口排放出数十米的燃烧熔岩,大量的火山灰和浮渣(浮石)在西风下降到东部的Tsubota地区,对森林和田地造成了极大的破坏。是的。另一方面,溢出的熔岩作为熔岩流向三个方向流动,下降到南部的熔岩流越过阿波地区并到达海岸,向西流动的最大熔岩流为2小时后来,我穿过一条环形公路,流入这个Ako地区。当时,在Ako地区约有520户居民,有1300人居住,但熔岩流造成了巨大的破坏,填埋了超过340间房屋,约有19公顷的Aka村。在你面前的学校建筑被熔岩流覆盖到屋顶,其厚度已超过10米。居民疏散到岛的另一边,没有一个人伤亡,但他们在一夜之间失去了很多东西。火山爆发于次日10月4日上午结束。新泻池被吹走新新山新山出生(新鼻子附近)1983年10月4日射击裂缝爆发火柱升起(来自赤穗渔民合作社)1983年10月3日长山森崎先生在射击观光和钓鱼的中心Ako村于1952年5月(爆发前)射击了拥挤的熔岩流的Ako村1988年11月射击(喷发后)让我们遵守规则○熔岩容易受到伤害是的。我们不要从木板路出去。 ○我们不要拿出熔岩。三宅村---伊豆群岛火山

火山体験遊歩道を歩こう ~溶岩流のすさまじさと噴火災害を体感する遊歩道~
 三宅島は海底部分まで含めると直径25km、高さ1,200m程の火山島です。ここ約100年間では、1940年、
1962年、1983年、2000年の4回の噴火が起こりました。
 火山体験遊歩道は1983年(昭和58年)に発生した噴火により阿古集落をのみ込んだ溶岩流の上に作られた
遊歩道です。
 火山体験遊歩道を歩きながら、火山島三宅島の噴火の威力と溶岩流のすさまじさを体感し、また三宅島
の人々と噴火の係わりを感じてみましょう。

火山トピック 1983年(昭和58年)の噴火
        Eruption of 1983
 1983年(昭和58年) 10月3日15時15分頃、雄山の南西山腹の二男山で突然噴火
が始まり、その後、全長4.5kmに及ぶ割れ目噴火となりました。島南部の新澪池
や新鼻付近では、マグマと地下水や湖水、海水が接触して、激しいマグマ水蒸気
爆発を引き起こしました。その結果「1日に七色変化する」と言われていた神秘
的な湖であった新澪池は吹き飛ばされ、噴出物が積み重なってできたスコリア丘
(そのひとつが新鼻新山)ができました。火口列からは数十mに及ぶ灼熱の溶岩
が噴出し、吹き上げられた大量の火山灰やスコリア(軽石)が、西風に乗って東
方の坪田地区に降下し、森林や畑に大きな被害をもたらしました。
 一方、あふれ出た溶岩は溶岩流となって3方向に流れ出し、南に下った溶岩流
は粟辺地区を横切って海岸まで達するとともに、西方向に流下したもっとも規模
の大きい溶岩流は、2時間後には一周道路を横切って、この阿古地区に流れ込み
ました。当時阿古地区には約520世帯、1300人の人々が生活していましたが、溶
岩流は阿古集落のおよそ19ha、340棟以上の家々を埋め尽くすという甚大な被害
をもたらしました。目の前の校舎は屋上付近まで溶岩流に覆われており、その
厚さは10m以上に達しています。住民は、身一つで島の反対側に避難し、一人
の死傷者も出さず間一髪でこの難を逃れましたが、一夜にして多くのものを失う
ことになったのです。噴火は翌10月4日明け方に終息しました。

新潟池が吹き飛び新鼻新山が生まれる
  (新鼻付近)
 1983年10月4日撮影

割れ目噴火発生 火柱が上がる
  (阿古漁協から)
1983年10月3日 沖山仙明氏撮影

観光や漁業の中心地であった阿古集落
 昭和52年5月撮影(噴火前)

溶岩流にのみこまれた阿古集落
 昭和58年11月撮影(噴火後)

ルールを守りましょう
○溶岩は割れ口がするどいのでけがをしやすく危険です。
 遊歩道から外に出ないようにしましょう。
○溶岩は持ち帰らないようにしましょう。

三宅村

---
火山 伊豆諸島

テキスト化

2019-01-26 14:49 (0)
tokada
monumento
2019-01-26 14:39 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

tokada (2019/01/26)
タグ: 火山 伊豆諸島 auto-translate 39 東京都 三宅村
tokada (2019/01/26)
タグ: 火山 伊豆諸島 東京都 三宅村
tokada (2019/01/26)
タグ: 火山 伊豆諸島 東京都 三宅村
tokada (2019/01/26)
タグ: 火山 伊豆諸島 東京都 三宅村