Monumento

新潟湊の繁栄

vision

2019-02-02

タグ: 1859 アヘン戦争 天領 信濃川 ロシア船来航 新潟湊 新潟港 阿賀野川 千石船 長岡藩 開港五港 ジギット号 新潟県 新潟市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Prosperity of Niigata City History Information Niigata is a city that lived with Minato. At the beginning of the Edo era, there was Niigata Town at the mouth of the Shinano river, and the village town at the mouth of the Agano River, which both prospered as Minatocho. In the Genroku era, 3,500 ships annually enter and exit, and Niigata-Minato crowded with Sengoku ships loaded with rice and salt. Many merchants, sailors, literatians, scholars visited Minato. At the end of the Edo period, the shogunate issued a Kamijo instruction to make Niigata the base of the shogunate from the Nagaoka clan in order to make Niigata the base of sea shield and distribution. The shogunate also worked to protect the ocean from foreign ships due to the influence of the opium war in China. However, the shogunate knew that it is necessary to open the country rather than the isolation country, and together with Hakodate, Yokohama, Kobe and Nagasaki, Niigata was made one of the ports of port opening. The picture on the left is a woodcut print depicting the situation when the Russian ship Jigit issue appeared off Niigata for the first time in Ansei 6 (1859) to investigate Minato. Foreign vessels and clans of security are drawn. Niigata Minato Makoto (Prefectural Library Collection) ----- Niigata Prefecture Niigata Port Shinano River Agano Round Sengoku Ship Nagaoka Clan Strait Opium War Opening Port 5 Port Russian Ship Visit Jigit No. 1859

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 新泻市历史信息的繁荣新泻是与港区共生的城市。在江户时代初期,信浓川河口的新泻镇和阿加诺河口的村镇都是Minatocho。在元禄时代,每年有3,500艘船舶进出,而新泻港则挤满了装满大米和盐的仙石船。许多商人,水手,文人,学者访问了港区。在江户时代结束时,幕府发布了一项Kamijo指令,使新泻成为长冈氏族幕府的基地,以使新泻成为海盾和分布的基地。由于中国的鸦片战争的影响,幕府还致力于保护海洋免受外国船只的侵害。然而,幕府知道有必要开放国家而不是孤立的国家,与函馆,横滨,神户和长崎一起,新泻成为港口开放的港口之一。左边的图片是木版画,描绘了俄罗斯船Jigit问题首次出现在新泻6(1859年)调查港区的情况。提取外国船只和安全部族。 Niigata Minato Makoto(县立图书馆藏书)-----新泻县新泻港信浓川Agano Round Sengoku船Nagaoka Clan Strait鸦片战争开放港口5口俄罗斯船访问Jigit No. 1859

新潟湊の繁栄
新潟市街角歴史案内

 新潟は湊とともに、生きてきたまちです。
 江戸時代の初め、信濃川河口には新潟町、阿賀野川河口には沼垂町があり、いずれも湊町として栄えていました。
 新潟湊は、元禄時代、年間3500隻の船が出入りし、米や塩などの荷を積んだ千石船で賑わいました。
 湊には多くの商人や船乗り、文人、学者が訪れました。
 江戸末期になると、幕府は、新潟を海防と流通の拠点とするため、長岡藩から幕府の天領とする上知命令を出しました。
 幕府は、中国でのアヘン戦争の影響もあり、外国船から海を守ることに努めました。
 しかし、幕府は、鎖国よりも開国が必要なことを知り、函館、横浜、神戸、長崎とともに、新潟を開港五港の一つとしました。
 左の絵は、ロシア船ジギット号が、湊を調査するために、安政6年(1859年)はじめて新潟沖にあらわれた時の様子を描いた木版画です。
 異国船と警護の諸藩が描かれています。

新潟湊之真景(県立図書館蔵)

-----
新潟湊
新潟港
信濃川
阿賀野川
千石船
長岡藩
天領
アヘン戦争
開港五港
ロシア船来航
ジギット号
1859

テキスト化

vision
2019-02-05 11:06 (40)
vision
monumento
2019-02-05 10:58 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

vision (2019/02/05)
タグ: ガス灯 ガス燈 auto-translate 新潟県 新潟市
vision (2018/06/09)
タグ: auto-translate 発祥の地 新潟県 新潟市
vision (2019/01/20)
タグ: auto-translate 重要文化財 国土交通省 橋 萬代橋 新潟県 新潟市
kunitenten (2019/09/01)
タグ: ocr-generated 新潟県 新潟市